カードローン審査に通らない人って無職の人だけじゃないの?

カードローン審査に通らない人ってどんな人なんですか?カードローンに申し込みしようかと思っているんですけど、なんだか心配です。私は契約社員なんですけど、インターネットなどで色々と調べていたら、契約社員だとカードローンの審査に落ちるっていうウワサがあるんです。

でも、カードローン審査に通らない人って、無職の人じゃないんですか?収入がないというのは当然審査に通らないと思うんですけど、契約社員で、毎月ちゃんと収入があるのに、審査に落ちるっておかしいと思うんですけど。

契約社員だと比較してカードローン審査に通らない場合もある

確かに、無職の人はカードローン審査に通りません。収入がないということは、カードローンを借りても、返済できないということですよね。ですから、カードローン会社は、無職の人や、極端に収入の低い人には貸しません。(こちらも参考になります→カードローンの審査では年収はどれくらい影響する?

あなたは契約社員ということですが、まず知っておきたいことは、契約社員だからといってカードローン審査に通らないとは限らないということです。無職の人はカードローンは利用できませんが、契約社員でもカードローンを利用している人は多くいます。

しかし、契約社員だと、審査に通りにくいというのはあります。それは、比較問題で、通りにくいということなのです。

カードローンは、信用が第一です。「この人に貸したら絶対に返ってくる」という安心感がなければ、カードローン会社は損してしまうことにもなりかねませんから、お客様選びは最も真剣に行うことのひとつです。その中で、お客様の信用度というものがどうしてもでてきます。

たとえば、一般的な会社員よりも公務員の方が信用は高いです。公務員だと、勤め先がおおやけですから、潰れる心配がないということですね。でも、どんな大企業の会社員であっても、潰れる可能性はありますから、急に無職になってしまうリスクがあるのです。

そのように比較すると、会社員の中でも、正社員よりも契約社員の方がどうしても信用度が低くなってしまいます。そして、契約社員よりもアルバイトの方が信用は低いです。収入もそうですが、いつでも辞められるので、収入が途絶えるかもしれないという不安があるのです。

そういう点で、契約社員の方が、正社員に比べると、カードローン審査に通らないかもしれない、ということなんです。

カードローン審査に通らない時に確認する事とは

カードローン審査に通らないと言う事で悩んでいる方も居ますが、こういった場合に確認したい事として、金融業者が何をもって審査で合否を分けているのかをチェックしてみると良いでしょうし、チェックポイントが解れば対策する事も可能になります。まずカードローン審査では、銀行や消費者金融によっても審査基準が違うものの、原則としては20歳以上で定期的な収入がある事が必要になります。

例外として成人で無くても利用出来る18歳以上からの学生ローンもありますが、原則としては20歳以上で定期的な収入を持っている事が必要です。無職無収入では借り入れは出来ませんから、無収入の方は収入の流れを持つ事が必要になりますし、専業主婦の場合は無職無収入でも配偶者の収入証明を提示して、配偶者が審査基準を満たしていれば利用可能です。

カードローン審査で見られる事は返済能力があるかどうかです、ここで20歳以上で定期的な収入を持っているにもかかわらず、審査に通らないという場合は、すでに他社からの借り入れが多かったり、過去の返済履歴が悪かったという事が考えられますし、他にも年収に対して大きすぎる融資を希望する事も審査に落ちる可能性を広げます。

消費者金融では年収の3分の1以上の借り入れは出来ないように総量規制が適用されます、銀行では総量規制が適用されませんから大きな借り入れも可能ですが、やはり年収に応じた融資契約になっていきます、返済能力は年齢や収入、職種、借金額、返済歴等によって確認される事になりますから、返済してくれそうな雰囲気、喋り方、態度といった主観が入り込む余地がありません。

カードローン審査に通らないと悩んでいる方は、こういった項目を確認してみると良いですし、他社借り入れ数が多い場合は借金を整理したり、返済履歴が悪い方は支払関係でルールを守るようにしたり、収入が無い方は収入の流れを持ったりと、審査に通りやすくなるようにすると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.