カードローンの利用枠が不満増額の方法は

キャッシングベスト3

カードローンの利用限度額に不満が有ります増額の方法は?

人事異動で昇進したので今後は家にも訪ねてくる人も多くなると思い、家のリフォームを思い立ちましたが、そうそう自由になるお金が有る訳でもないので今はやりのカードローンを一時的に借りようと思い先日申込みました。

私が申し込んだのは貸出限度額が500万円のもので、私は年収から考えて500万円は無理でも250万円から300万円ぐらいは大丈夫だと考えていました。しかし審査の結果が昨日分かったのですが貰った利用限度額は30万円となっていて予定の10分の1程度しかなく最初は間違いではないかと思うほどでした。

この金額は私の収入から言っても全く話にならないもので、そもそも目的とする家のリフォームにも全く足りません。以前聞いた話によればカードローンの利用限度額は信用が高くなれば増額してもらえると言うことを思い出しましたので、すぐにでも増額を申込もうと思います。どうも最初の審査では単に通すだけの審査で増額の申込後に信用について審査をしているのではないかと考えるしかないようなので、今度は大丈夫でしょう。そこで増額する方法を教えて下さい。

増額するには少なくとも6か月程度は利用してからになります

昇進して自信に満ちているところを申し訳ないのですが、いくら収入が有ったとしても申込んだ金融機関では取引が無かった人にいきなり大きな枠でお金を貸すわけがないのです。しかもお話の様子ではまだ申込んだ直後で利用枠に不満だからすぐに増枠しろと言う事のようですが、そもそも利用もしていないのにすぐに増額の申し込みなど金融機関は呆れてしまうのではないでしょうか。

それでも利用限度額が30万円と言うのは金融機関では最初にしてはあなたの信用をかなり高く評価していると言って良いでしょう。普通なら最初は10万円以下でも全く不思議ではありません。したがってあなたの場合は、この30万円を上手に使って信用を更に大きくしていけばよいでしょう。何年か利用を続けて徐々に利用限度額を上げていけば希望する300万円も借りられるようになります。いくら年収が有ってもそう簡単に信用は得られないと言うことです。(こちらも参考になりますよ→カードローンの限度額と年収の関係

したがってあなたが必要としている家のリフォームのお金ですが、今の段階ではカードローンで調達するには無理が有ります。ただし銀行には住宅ローンとは別にリフォームのための目的別ローンを用意している所が有ります。そういったローンを利用すればカードローンを利用するよりもずっと有利に融資を受けられるはずです。そこでまずはそういうリフォーム用のローンを用意している金融機関を調べて相談に行ってはいかがでしょうか。
(⇒銀行カードローンとフリーローンの比較

話がそれてしまいましたが、どうしてもカードローンを増額して貰わなければ気が済まないのであれば、まずは6か月程度現在の状態で利用した後、増額を申込みましょう。増額の方法は金融機関によって違い、金融機関の方からATMなどで増額を案内する場合も有れば、自分の方から電話やホームページから増額を申込む場合も有ります。詳細については利用している金融機関に確認してください。

カードローンの増額はできるのか

カードローンで借りられるお金を増やしたいという場合、増額するという方法が挙げられます。しかし、それにはいくつかの条件があるため、それらをしっかりとチェックしてから検討すると良いでしょう。まず、一口にカードローンといってもさまざまな商品がありますし、一つの金融機関の中にもいくつかの商品があります。そこでまずは持っている商品の内容を確認することが大切であり、その商品が増額可能であるかどうかを調べることになります。

そして、増額が可能な商品であれば申し込みを行うことができるのですが、しっかりと約定日通りに返済をしていることが必須条件となっており、返済状況に遅れがある場合は難しくなってしまいます。ちなみに、カードローンの取引状況とは、きちんとお金を借りてきちんと返済しているかどうかを指しており、たとえカードを持っていても使っていなければ取引状況として見てもらえないので注意が必要です。借りられるお金を増やすためには、使って返すことが基本であり、利用と返済の実績が信用度をアップさせるポイントなのです。

また、年収に対する借入金の割合も大切であり、だいたい無担保借入金が年収の3分の1以下であることが目安になります。消費者金融や信販系のいわゆる貸金業者からの借入の場合、総量規制によって年収の3分の1以下に厳しく制限されているため、しっかり確認しておくことが重要です。

さらに、収入に対する返済金額の割合についても確認しおく必要があり、だいたい30%から40%に設定されていることが多いです。ちなみに、銀行や信金信組などの金融機関の場合、消費者金融からの借入実績を嫌がる傾向があるため、銀行系の増額を考えている場合、銀行系以外のカードローンやキャッシングは控えめにしておくことと良いでしょう。
カードローンでは、増額によって金利が下がる商品もあるため、よりお得に利用することができるというメリットがあります。(こちらも参考になります→自分から増額申請するとカードローンの金利は高くなるの?

【参考ページ】
カードローンの増額審査を受ける時のコツをご紹介

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.