カードローン利用中に利用者に電話する場合

キャッシングベスト3

カードローンの利用中に金融機関が利用者に電話する事ありますか

30歳を過ぎて収入もそれなりに増えてきたのでそろそろ20代で我慢していた趣味の世界を広げたいと思い、カードローンの契約をしようと考えています。しかし家族に話すとそんな趣味にお金を掛けず結婚の準備でもしろと言われるのが落ちで言い出せません。そこで契約は家族には秘密にすることにしました。契約時には在籍確認の電話が有ることは知っていますが、これは勤務先なので家族に知られることはありません。利用明細も送らないようにしておけば大丈夫です。

問題はその他の連絡が自宅などに来て家族に発覚してしまう切っ掛けになるかどうかです。そういう連絡で電話などが有れば完全には隠しておくことは難しいでしょう。そうなったら家族からは非難必至です。まあまとまったお金が必要なのは最初だけですから、その借り入れが返済できればあとは解約しても良いので短期間何とかばれないようにしたいわけです。そこで質問なのですが、それまでの間金融機関から電話が自宅に掛かってくるような可能性は有るのでしょうか。

返済が滞ったりしなければ電話などの連絡はありません

基本的に金融機関は利用者の嫌がることは極力しません。利用明細を送らないようにできるのもそのような要望が利用者の中に有ったからです。金融機関はそういったことはよく理解していて、カードローンのような場合、申込時の在籍確認の後は基本的に契約書やカードを送ってくるようなことはありますが、その他は接触を持ちません。したがってあなたもそういった点のみ気を付けていれば家族に知られることなくカードローンの契約を行うことは可能です。

しかしこの話は普通に利用しているときのみに言えることです。もし返済日に返済されなければすぐに電話はありませんが、まず督促状が送られてきます。これを受け取ってもすぐに支払いを行えば信用情報に記載されるようなことにはなりませんが、家に督促状が届いてはあなたにとっては大きな問題です。したがってあなたの場合決して返済日を忘れてはいけないことになります。自動引き落としなら大丈夫と考えるのは浅はかです。銀行の口座には残高不足と言うものが有るのを忘れてはいけません。

もし返済日を忘れていたのではなくて本当にお金がなくて返済が出来ない場合にはもっと不味いことになります。お金がなければすぐに返済することもできません。このため督促状が来ても返済できず困った金融機関は処理を回収担当に回します。そうなるとまず最初に回収担当の方から電話が掛ることになるのです。ここで家に電話が来たら家族に知られることになって、あなたは窮地に立つと言うことになります。したがってどうしても隠しておきたければ返済には十分注意が必要なのです。

しかしどういう家族関係かは知りませんが、家族に隠し事をするのはあまりお勧めできることではありません。返済に問題が無ければ良いかもしれませんが、もし問題が発生した場合に助けてくれるのは家族以外にはないのです。したがって何を言われても家族には本当のことを言っておくようにして下さい。どうしても趣味に浸りたいと言えば家族も絶対駄目とは言わないでしょうし、あなたの暴走を止めるストッパーにもなり使いすぎの抑制にもつながるでしょう。

カードローンでは金融会社が電話する必要がある

カードローンを利用するためには、審査に通る必要があります。そしてこの審査では、金融会社が勤務先に対して電話する必要があります。この電話では、勤務先に所属しているかどうかを確認するために行われます。これを在籍確認といい、審査をスピーディに行うためには必要となってくる手順なのです。

カードローンの審査では、インターネットを使用し、ホームページから申し込みを行うことがポピュラーです。ホームページから審査を行うことで、インターネットが繋がるならばどこでも審査を行うことが出来るので、とても便利なのです。しかしとても便利なのですが、ここに欠点があります。それは年収などの安定した収入を確認する手段が乏しい、ということなのです。

通常融資の申し込みを行う時には、窓口に行きそしてそこで年収などの収入を証明する書類を持っていく必要があります。そして安定した収入があることを証明し、そして融資の開始となるわけなのです。しかしインターネットで行う場合には、この書類を見せることが出来なくなってしまいます。

そこで行われるのが、この在籍確認なのです。在籍確認では、勤めている会社に電話するだけで、この安定した収入があるかどうかの判断を行うことが出来るのです。在籍確認で勤務先に所属していると証明するだけで、返済能力があると判断することが出来るのです。しかし、やはり窓口に直接収入を証明する書類を持っていくことに比べると、やや信憑性に欠けるために、それほど高い融資を行うことはできません。しかしそれでもカードローンの審査をインターネットで行うことが出来るというのは、とても心強いものなのです。

このようにカードローンの審査においては、金融会社が勤め先に電話することで在籍確認をすることは必須なのです。しかし最近では在籍確認を行わないという金融会社も増えてきています。在籍確認がどうしても嫌だという方は、一度金融会社に尋ねてみることをおすすめします。
(⇒職場への在籍確認の電話はいつかかってくるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.