カードローンの一時審査って電話確認ある?

キャッシングベスト3

カードローンの一時審査って電話確認ある?在席は必要ですか

まだ30歳前の派遣社員です。収入は大きくぶれることはありませんが、安定しているとは言えません。このままでは生活が安定しないのでカードローンの利用を考えています。そこで早速カードローンについて調べているのですが、私はいままでカードローン程度の審査は一回で行っているものと考えていたのですが、よく調べてみると一次審査、二次審査と分けられているところもあることを知りました。

また審査の中では職場に在席の電話確認があることも知りました。もし審査が一回で行われる場合には申し込んだ直後に在席していればよいはずですが、一次と二次に分けられている場合にはどちらで在席している必要があるのかよくわかりません。そこでこのような審査が分かれているような場合には電話確認がいつ行われるのか教えてください。またそれぞれの確認では何が行われるのかついでに教えていただけますでしょうか。

確認電話は一次審査ではなく二次審査で行われるのが普通です

審査のやり方は金融機関によって違います。中には電話確認を審査の冒頭で行いこれが終わらなければほかの審査を行わない場合もあります。ここでは一般的な手順で進められる審査について説明してくことにします。あなたが言うように単に審査と言っている場合と一次審査と二次審査、あるいは事前審査とか仮審査と言っている場合など金融機関で違いますが、ここでは一次審査、二次審査という言い回しを使うことにします。

実は単に審査と言っている金融機関であっても審査の手順的には二段階に分かれているのが普通です。要するに前段が一次審査、後段が二次審査に当たるわけです。そして一次審査の内容としてはきわめて機械的に行われるもので、申込者の信用情報に良くない内容が入っていないかなどががチェックされることになります。ここで問題がなければ次の二次審査に進むわけです。一次二次に分かれて審査をしている所では一次審査の時に在席の必要はありません。

次に二次審査では電話によって在席の確認が行われ、申込者の申込内容に間違いがないかどうかをチェックすることになります。したがって故意に申込情報を偽っていなければほとんどは通るチェックということになり、安心してよいというわけではありませんが一次審査が通れば審査は通ったと考えることもできます。したがって在籍確認のために在籍していたほうが良いと言えるのは二次審査の時ということです。

ただし最近では審査はスピーディに行われますし、一次審査は機械的に行われますから、たとえ一次二次に分かれて審査を行っている場合であっても、同日に行われると考えてよいでしょう。したがって在席するとすれば申し込み当日および翌日ぐらいと考えておけば間違いありません。一次審査で落とされてしまうと電話確認はありませんが、一次審査ですから何か信用情報に問題があったことになるので、まずは何か過去に支払いなどで問題がなかったか思い出してみましょう。

この電話確認というのは本人確認を確実にするために行われるもので、電話ということで周囲に知られるのではないかと警戒してしまう人が多いですが、銀行の場合は銀行名を使いますが消費者金融に至っては個人名で掛かってくるなど金融機関のほうも気を使っていますのでカードローンの電話確認ということは全く分からなくなっています。ですからあまり気にせず、気楽な気持ちで電話を待つようにしましょう。あまり緊張すると受け答えが堅苦しくなってかえって不信を抱かれてしまいます。

カードローンの一時審査って電話確認ある?:ほとんどが必要です

カードローンを利用するときには、基本的に審査を受ける必要があります。即日融資の審査がスピーディなところであれば、審査は一階で終了してすぐに融資の可否の連絡があります。しかし、多くの銀行系カードローンや一部の消費者金融系のキャッシング、カードローンなどにおいては、一時審査(仮審査)を行ったうえで正式に申し込みをしてもらい、本審査を行うという手順になっているところも少なくありません。(こちらも参考になります→カードローンの仮審査と本審査の違いを分かりやすく

カードローンの審査というのは金融機関によって内容が異なってきますが、大体共通しているのは申込書に記載された内容のチェック、信用情報の調査、在籍確認の電話などです。在籍確認の電話というのは、勤務先に本人が勤めているかどうかを確認するために職場にかける電話のことで、個人情報保護の観点から業者名は名乗らず、担当者の個人名や部署名など、カードローンを利用していることがわからないようにしてかかってきますのでそれほど心配することはありません。

カードローンの一時審査って電話確認ある?という質問をする人も少なくありませんが、金融機関によっては一時審査では書類選考のみを行い、本審査で在籍確認をするというケースもあります。しかし、どちらかの審査で電話をかけるところがほとんどですので、これらの確認なしに借り入れをしようと思ったら、逆にかなり高利の業者を選ばなければなりません。キャッシングやカードローンを提供している業者の中には、きちんと貸金業登録をしていないところもたくさんあります。それらは、ブラックでも融資をするとか電話確認をしないなどの言葉で利用者を募ることが多いため、自分に都合のよい借入先で申込もうとした結果、かえって大きなトラブルに発展する可能性があります。できれば知名度が高く、信頼できる業者を選び、電話確認のないところに申込む場合には、事前に口コミサイトなどでその業者について調べておくようにするとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.