カードローンで金融機関との間の連絡とは

キャッシングベスト3

カードローンを利用中の金融機関との連絡には何が有りますか

大学を卒業して地元に帰って就職したのですが、東京にいたことが災いして1年間東京勤務になっていまい、親戚の家に居候しています。学生の時と違って自分の給料で生活していますが、東京では誘惑も多くどうしても給料内ではやって行けず、カードローンを利用しようと考えています。しかし居候ということもあって親戚には心配をかけては申し訳ないので知られたくありません。

そこで申込をする前に金融機関との間にどのような連絡があるのか調べています。申込時にある在籍確認は職場に行われるので親戚にはわかりませんから問題はないと思うのですが、そのほかにも何か連絡があるようなことはありますか。またこちらから金融機関のほうに連絡を取るようなことがあるのでしょうか。すべて洗い出して万全を期したいのでどういったやり取りがあるのか教えてください。

平常時は利用明細書が異常時には督促状や電話が来ます

カードローンにおいては利用者と金融機関との間の連絡というのは意外に少ないのですが、あなたの場合には知られてしまってはまずいらしいので一つ一つ潰していかなければなりませんね。まず通常利用している場合の連絡というのは金融機関側から送られてくる利用明細書があります。自分がどの程度利用しているのかを確認する意味でも重要なのですが、これは手続きによっては送って来ないようにできるカードローンがあります。

したがってあなたの場合にはこの利用明細の送付を停止できるようなカードローンを選べばこの連絡は回避できます。ただし利用明細がなければ利用状況の確認ができませんので、定期的にWeb上などから借り入れ状況と返済状況を確認して使いすぎに注意しておく必要があります。平常時はこれだけ注意しておけばまずカードローンを利用していることは分かりません。あとはカードを見られたりしなければ大丈夫ではないでしょうか。

問題は異常発生時です。異常と言ってもいろいろとありますが、よくあるのは返済日の入金忘れです。返済が行われなければすぐに督促状が送られてきます。督促状というと親戚の方もびっくりしてしまうでしょうから、絶対に見られたくないものですね。さらに返済が遅れれば次は回収担当から電話がかかることになります。この状態は返済が行われるまで続きます。場合によっては回収担当が訪問してくることも有ります。ですから返済の遅れは絶対に起こしてはいけません。

次にあなたのほうから金融機関に連絡する場合としては、やはり返済が遅れそうな場合に事前に連絡しておく場合があります。返済ができない場合、金融機関側から連絡をもらうよりも自分から連絡を入れたほうが金融機関の印象は良くなります。またカードをなくしたときやATMやパソコンからの利用中にトラブルがあった場合にも連絡が必要です。ただしこれらは特に知られてしまう要因にはなりそうにないですね。
(⇒カードローンを延滞しないような借り入れ条件とは

カードローンの申込みで会社連絡を回避するには

毎日の暮らしの中で、思わぬ出費が生まれてしまう事って珍しくないものです。例えば会社帰りに同僚に飲みに誘われたり、予定外のバーゲンセールで衝動買いしてしまったり、思い付きで週末旅行に出掛けてしまったり、といった様なケースです。しかもそういった思わぬ出費が重なってしまうと、気付いたら生活費が不足するという事態に陥るものです。

そういった危機的な状況を解決する手段としてはまず、家族や友人に借金するという方法があります。ですがその方法だと借金を頼み辛かったり、必要以上に心配を掛けるじゃないかと、とにかく気不味いです。それにそもそも、借金を頼み込める様な相手がいないという人も少なくないです。なのでそういった人は、是非ともカードローンのサービスを活用すべきです。

カードローンの魅力は何と言っても、手軽で気軽だと言う事です。というのも最近では、店舗に足を運ぶ必要もなく、インターネットを駆使して家に居ながらにして申込みを行う事が出来ます。しかも審査もスピーディーであり、申込んだその日に、即融資して貰えるケースは珍しくないのです。そのため、生活費が不足している等、どうしてもお金が必要な時にも、便利に利用する事が出来ます。しかも借入れだけでなく、返済も一括や分割等、その人の懐具合に合わせて、選ぶ事も可能だったりします。

そんなカードローンですが、申込みを行うと、勤務している会社に在籍確認のための電話連絡が来るというのが通常です。なので会社の同僚に、カードローンからの借入れを知られるんじゃないかと不安に思う人もいます。ですがそういった電話連絡では、担当者は個人名を名乗るのが基本なので、借入れが知られてしまうという心配はほとんどないです。ですが、中には普段、個人宛ての電話が掛かって来ないので、色々怪しまれるのではと心配になる人もいます。なのでそういった人は、事前に社員証や給料明細を提出する等して、電話連絡を回避する方法を試してみるべきです。カードローン会社の中には、そういった方法で電話連絡を免除してくれる所もあるのです。ただし可能かどうかは会社によるので、事前にしっかりと確認を取っておく必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.