カードローンでは年収超えた借入れは不可能

キャッシングベスト3

カードローンで年収を超えたらもう借りられない?

新卒の社会人です。いままで銀行でも消費者金融でも、カードローンを利用した経験はありません。大学時代は必要なお金はすべてバイトをして賄ってきたので借金したことはありません。

ただし、バイクを購入した時にバイク販売店のバイクローンを組んだことはあります。もちろん、そのローンは今は完済済みです。社会人となって付き合いの幅も広がったことで急にお金が必要になるケースもあると考えています。

しかし、今の新卒の給料では心許ないので、そのような時にはカードローンに頼ろうと思っているのです。ところで質問なんですが、カードローンでは年収を超えた融資でもしてくれるのでしょうか?

今後のために役立つと思いますので教えて欲しいのです。

基本カードローンでは年収を超えた融資は不可

まず基本的なことから先に言えば、平成22年6月の貸金業法の改正と総量規制の導入で消費者金融では年収の3分の1までしか融資できなくなったことで消費者金融から年収を超えた借りれは絶対に不可能と言えます。

収入の3分の1までとは、たとえば年収が300万円だったら100万円が利用限度額となります。そして、どの消費者金融でも100万円ずつ融資を受けられるのではなく、たとえばA消費者金融で50万円借りたら、他の消費者金融では残り50万円しか借りれないということです。そして、100万円借り切ってしまったら、どの消費者金融でも融資を受けられないということなのです。

一方、銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上でも融資してくれます。しかしながら年収の3分の1以上と言っても、年収と同じ額や年収を超えた額でも融資してくれる訳ではないのです。

むしろ不可能と言えます。年収の3分の1以上でも融資可能であっても、銀行のカードローンにおいてもほぼ年収の3分の1程度の融資になっているのが実情と言えるのです。

ただし、年収が非常に高かったり、あるいは年齢・勤め先・職業・勤続年数・役職等の個人属性が特別に高かったり、また資産家であった場合には、年収の40%~50%くらいまでは融資してくれる銀行のカードローンはあるようです。

それゆえ、年収の3分の1以上でも融資可能であっても、限度は年収の半分くらいまでと言ってよく、年収と同額や年収を超えた融資をしてくれる銀行のカードローンは無いと言ってよいでしょうね。

他方で考えられる事としては、1社からではなく、「複数社からの借金が積もり積もって年収を超えた借入となってしまう」と考えるのが自然であり、そのような状態は多重債務者と言ってよく、危機的な事態であると言えます。

それゆえ、カードローンで年収を超えた借入れをしていると言うことは、破綻している事と同義なので、どの金融機関のカードローンでも年収を超えた融資は行わないのです。

以上の事から、カードローンで年収を超えた融資を受けるのは不可能と結論付けられます。ただし、ひとつ例外があります。それは「おまとめローン」です。「おまとめローン」は、総量規制の対象外となり、借り入れ額は大きくなります。

それゆえ、たとえば年収300万円でも「おまとめローン」を利用して300万円を借り入れることができたといった体験談も実際にあります。
(⇒年収240万円でカードローンの借り入れができたケース

年収を超えた借り方をカードローンはできる

人生でお金が必要な場面は多くあります。その中でも多いのが、教育費や生活費といった生活に関しての借入です。そういった絶対に必要なお金を用意するときには、しっかりとした返済計画を立てて借りるようにしましょう。現在の収入と支出を再度見直して、それでも借入が必要なときに利用するのです。借入をしたあとに、どれくらいの返済がまっているかも把握しておくことで、生活を圧迫することなく借入をすることができます。

しかし、実際に借入をしてみるとわかりますが、返済計画がうまくいかないほうが多いです。カードローンを利用するときには、法律によって借りることができる最大限度額が決まっています。これは、1社からの借入ではなくて借り入れを行っている企業を全てあわせた金額です。総量規制といって、年収の3分の1を超えた借入は原則としてできないようになっているのです。原則ということは、例外も存在するのです。

全ての貸付に対して総量規制を適用すると、いざというときに融通が利かなくなってしまうからです。例外の場合の一例は、借主にとって一方的に有利になる場合です。具体例をあげると、3社から合計で300万円借入をしているとします。その3社の借入を1社にまとめるための借り換えカードローンを利用するとしましょう。このときに、年収が900万円の場合には300万円までしか借りることができません。しかし、借り換えで金利が低くなり借主に一方的に有利になる場合は、年収の3分の1を超えた貸付を受けることができるのです。このように、総量規制の例外のケースもあるので年収の3分の1を超えたからといって絶対的に借りることができなくなるわけではありません。しかし、年収の3分の1の借入を超える前に生活の見直しや専門家のアドバイスを聞くのがベストです。誰かに指摘をしてもらうのも効果的です。自分では解決できない場合には、他人を頼って解決すると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.