カードローンの審査に通らない理由には何が考えられますか

私は今年30歳になるサラリーマンです。現在幸い借り入れをしなくても十分生活していけているのですが、先日結婚した同期入社の同僚は結婚してから何かとお金がかかって借り入れが必要になり、カードローンの申し込みをしたそうです。彼の場合には審査にも問題がなかったようなのですが、もう一人同じ時期に学生時代の友人がカードローンの申し込みをしたところ審査で落とされてしまいました。

この友人の場合、卒業してからの詳しいことを知らないのですが、やはり同じようにサラリーマンをしています。私には両者の違いがよくわからないのですが。わたしもそろそろ結婚を考えていて場合によってはカードローンの申し込みが必要になるかもしれません。そこでカードローンの審査に通らない理由をお聞きしたいと思いいます。よろしくお願いします。

お友達の場合信用情報に問題があったと考えられます

審査に通らない理由には様々なものがあります。たとえば法的に融資することができない場合ということもあります。また審査はそれぞれの金融機関の持つ審査基準によって行われますので、申込者の状態とこの審査基準によって通る人もいれば通らない人もいます。このためA社は通ってもB社が通らない人もいれば、逆にA社は通らかかったのにB社は通るという人もいるわけです。

まず審査に落ちる理由のうち法的なものとしては、貸金業法の総量規制があります。これは銀行には適用されませんが消費者金融では専業主婦や少額融資の例外を除いて年収の3分の1までしか融資できないというもので、すでにこの制限に達していたり、残りわずかというような人は、金融機関の他の審査基準を満たしていたとしても、審査は通らないということになります。したがってすでに借入をしている人はこの基準にかからないかどうかの確認が必要です。

次に信用情報に問題がある場合も審査には通りません。ご友人が審査に落とされた原因で最も可能性が高いののはこの点ではないかと考えられます。この信用情報は銀行や消費者金融、クレジットカードなどの業界で別々に管理されていますが、滞納情報などの悪い情報というのは共有されています。したがって何らかの支払いを滞納したような場合にはカードローンの審査にも影響が出ることになります。たとえば最近になって多いのが携帯電話料金の滞納です。

その他金融機関によって嫌がることが違いますが、多くの金融機関が気にする可能性が高いのが、総量規制にかかっていなくても、多数の金融機関から借り入れが有る場合です。たとえば消費者金融の場合で言えば他の消費者金融を2社までは許容することはあっても3社から借りていて4社目の申し込みということになると、他の審査を行うまでもなく、審査に落としてしまうというところも珍しくありません。これは月々の返済額が嵩むことから、返済を心配するためです。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に通らない理由が思い当たらない場合

カードローンが通らない理由での本当の所

カードローンが通らない理由での本当の所は、やはり他所の借り入れなどがあって金額なども多額の借り入れ金額となっていることが原因としては一番では無いでしょうか。どうしてもカードローンを持つという事は、その限度枠までの借り入れが出来る事となり、それだけ毎月の返済が発生する事になります。そうなるとやはり給料でまかなえる範囲を超えてしまう恐れもあり、通らない理由としては、返済が滞りがちになりやすい事です。

しっかりと返済計画を立てっている方にとっては、カードローンなどの利用は、対して問題でもありませんが、生活困窮な状況での借り入れとなれば、消費者金融業者としても破産宣告の恐れなどもありとても慎重となるところです。やはり通らない理由としては、こう言った生活困窮者が生活に困って消費者金融業者に助けを求めている状況などが多い様です。単純にお金と言っても、毎月の給料の中で生活を行っていくので、その生活費がいくらかかってその分でいくらが余るのかで返済金額も明確となるでしょう。ボーナスなどを充てる様にしている方ならばやはりしっかりとボーナスが出る事で、その分をカードローンなどの返済にまわせます。

返済計画などは、やはり借り入れを行う前にしっかりと立てなければ、やはり行き当たりばったりで借り入れを行ってしまうと大変苦労を背負う事となります。審査が通らない理由などは、消費者金融業者の判断となり他社などの借り入れ金額は、しっかりと把握されています。もしこちらが申請書などで嘘の記載をしたとしても直ぐに事実がばれてしまうので意味がありませんし、消費者金融業者に嘘をついた事で印象も悪くなってしまいます。その辺りで、ご自信が判断を行ってカードローンを新たに申請出来るかどうかは、まず他社などの借り入れをしっかりと考えてからとなります。もし生活が厳しいのであれば、弁護士などに依頼をして調停などで消費者金融業者と返済金額を下げる交渉をしてもらう事も良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.