カードローンの審査に通らないどうしたら?

キャッシングベスト3

カードローンの審査に通らないどうしたら?借りる方法無いですか

現在50歳近くになって会社で些細なことから上司と喧嘩をして飛び出してしまい失業してしまい、わずかなアルバイト収入しかありません。こんな中で様々な支払も行き詰って信用情報のブラックリストに名前が載ってしまったらしく、カードローンの申し込みは審査が通らず全て断られてしまいます。妻も子供もそんな様子を見てあきれ果てて妻に実家に帰ってしまいました。事実上の天涯孤独な状態です。

しかし生活を立て直すにしてもお金が必要でいまはどうにも身動きが取れません。それでも何とかしなければならないので、ブラックでもお金を貸してくれるような消費者金融を探したいのですが、そもそもそういった金融機関はあるのでしょうか。またそのほか現在の私のような境遇から脱出する良い方法はありませんか。できればもう一度生活を安定させて家族を呼び戻し再出発したいので、良い方法を教えてください。

ブラック対応の消費者金融はありますが返済が心配です

50歳近いのに喧嘩して飛び出すというのは無鉄砲としか言いようがないですね。確かにいろいろと支払いができていないのであればブラックになっている可能性は高いですが、あなたの認識は一つ間違っています。信用情報にはブラックリストというようなものはありません。ただあなたの情報の中に多くの金融機関が敬遠する情報が含まれているだけです。したがってそういった過去の情報を気にせず返済能力だけで判断してくれるような金勇機関ならブラックでも貸してくれます。

実際に消費者金融の中にはブラックに対応すると言っているところは増えてきており、インターネットなどで検索すればかなりの数が見つかるはずです。あなたのお住まいがどこなのかわかりませんが、お近くにない場合でもインターネット上から申し込める業者も存在しますので、こういった業者なら日本全国から利用することが可能です。ただし、ブラック対応で確かに過去にこだわらないとはいっても現在の返済能力については審査を行います。

したがってあなたが審査に通るかどうかはわかりません。アルバイト収入によりますが、様々な支払いができないと言っている以上、ローンの返済も必ずできるとは言えないでしょう。このため実際にあなたが消費者金融を利用するのはあまりお勧めできることではありません。もしどうしても利用したいということであれば、完済までの返済計画をしっかり立てて計画の通りに返済していけなければなりませんが、そう簡単に返済できるとは思えません。

このため、あなたの場合にはまず生活を立て直すために生活保護の申請を勧めます。実際これから何とかしようと思い立っているわけですから、いつまでも生活保護に頼るような生活はしないと思いますので、何とか生活を立て直すまで生活保護を受給して、その間に仕事を探して生活を立て直し、家族を呼びに行ってはどうでしょうか。生活保護は一時社会から助けてもらうと言う位置づけで嫌う人もいますが、再就職できたら税金を支払って今度は社会に貢献できるようにすれば良いのです。

カードローンの審査に通らないどうしたら?を考えてみよう

緊急でお金が必要な場合には、多くの人が消費者金融を利用します。知人や両親にお金を借りることもできますが、いつでも貸せる状態の人は少ないです。さらに、金銭トラブルによって溝が深まる可能性もあるので、極力まわりのひとから借りるのは避けましょう。どうしても借りる場合には、すぐに返せる状態のときだけにするようにします。

消費者金融でお金を借りる場合には、絶対に審査に通過しなければいけません。審査をする前に必要な情報を入力します。これは、氏名、住所、職業、年収、他社からの借入といたさまざまなデータです。このときに偽りの情報を入力しないようにしましょう。消費者金融は個人信用情報機関にデータを照会することができます。このデータをみることで、借主のデータを知ることができるので嘘をついてもすぐにばれてしまうからです。

審査の結果が不合格の時もあるでしょう。カードローンの審査に通らないどうしたら?とまずは考えて見ましょう。審査に通らないのには、必ず理由があるはずです。会社員であるにも関わらず、自営業と偽ってしまたり、他社からの借入の件数や金額をごまかした場合です。そのときには、正確な情報を再度提出して審査を受けるようにしましょう。また、年収の3分の1未満の借入である必要もあります。総量規制という法律が作られたので、個人の借入の場合には年収の3分の1までしか借入ができないようになっています。自分の年収をきっちりと把握する必要があるでしょう。他社からの借入件数が多い場合には、おまとめローンを利用することで、借入件数を1つにまとめることができるので判断材料にすると良いでしょう。
(⇒総量規制の対象外となるカードローンはこちら

さらに、新規申し込みをすると個人信用情報にその事実が記載されます。何件も申し込みをすると審査に通りにくくなります。情報が記載される期間は半年なので、新規に申し込みをする場合には半年の期間をあけると審査に通りやすくなると覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン申込み時に年収を間違えて記入しちゃった!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.