他の借金でカードローンで審査が通らない

キャッシングベスト3

他の金融機関で借入しているとカードローンで審査が通らないの?

私は30歳前の会社員ですが、登山が好きで何とかお金を作っては毎月のように登山に行っています。そんなわけで大学を卒業してから、現在までに既に3社のカードローンを目いっぱい利用することになってしまいました。返済はきついのですが、若いころでなければこんなに自由に好きな登山に行けるわけでもないと考えると、もう抑制が効きません。借りたお金は30歳を過ぎたら真剣に返せばよいと割り切ることにしてます。そこで今度4社目のカードローンを申し込むことにしました。

しかし今までとは違い何社も申し込んでみたのですが、すべて審査に落とされてしまいました。苦しいとはいえ今まで返済できなかったことはありませんし、総量規制もまだもう少し余裕があるはずですから、正直ちょっと信じられないような気持ちです。そこで思ったのですが、最近では他の金融機関から借り入れが有るとカードローンの審査を通さなくなってしまったのでしょうか。そうなってしまうと別の金策をしなければならないのでぜひ教えてください。

他の金融機関からの借り入れが有ると確かに審査は厳しくなります

まず最近というか以前からですが金融機関は他の金融機関の利用を歓迎してはいません。あなたは既に3社から借り入れしているということですが、よく3社目の審査が通ったものだとそちらのほうが不思議に感じられます。あなたの審査が通らないのは確かに多数の金融機関を利用しているからと言って間違いないでしょう。カードローンとしてはもう新たに契約するのは難しいと思ったほうがよいと思います。現在のものもできれば一件に絞るべきです。
(⇒カードローン簡単増枠をする方法が知りたい方はこちらへ

もし最初から一件のカードローンを堅実に利用していれば、一軒だけで利用限度額は現在の3社分くらいにはなっていたと思われますし、そうなれば自然に金利も低くなってもっと有利な利用も可能だったのではないでしょうか。登山の費用を工面するためやみくもに借入先を増やして行ったと言う事ですが、そろそろツケを払う時が来たのです。登山は現在のローンを返済した残りのお金で行うようにしてください。

そんなお金は残らないと言うかもしれませんので1つ良い案があります。なぜお金が残らないかというと返済額が大きいためです。なぜ返済額が大きいのかというと3件分も返済しているためです。そこで現在の3件分を1件にまとめることを考えてみましょう。銀行などにはおまとめローンというものがあります。これが利用できれば月々1件の返済で済みます。そうするとお金にも余裕ができて、毎月とは言いませんが趣味に回せるお金もできるのではないでしょうか。

30歳になってからと言いますが、趣味というものはそもそも自分の収入の範囲内でやりくりしながら行ったほうが長く続けることができるものではないですか。借金すればいつかは今のあなたのように追いつめられてしまうことになります。別の金策をしてもそれが続けられるわけはありません。このあたりで自分のお金の使い方を見直してみる時ではないでしょうか。特に登山ならかなりの年齢まで続けられるはずですから長く楽しめるように考えてみましょう。

カードローンで審査が通らないのは属性が低いから

カードローンやキャッシングを利用したいと思って金融機関に申し込みをすると、審査が待っています。その審査に通らない限り、実際に融資を受けることはできないのです。その審査はもちろん、通ることもあれば通らないこともあります。通らない場合は申し込み者はがっかりすることになりますが、カードローンで審査が通らないのは、結局、それなりの理由があるからです。そしてその理由を一言で言い表すとすれば、それは「属性が低いから」という一語に尽きるのです。

属性というのは、カードローンなどを申し込んだ人の個人情報のことです。ただし、それはその人の経済的な事柄や社会的信用に関わるような情報や特徴のことです。そして属性が高いと判定された人は審査に通りますし、低いと判定された人は残念ながら落ちてしまうのです。つまり、通るにしろ落ちるにしろ、それ相応の理由があるということです。(こちらも参考にしてください→カードローンの審査に落ちるのは無職の人だけじゃないの?

ところでどんな人が属性が高いのかというと、具体例を一つ挙げるなら、「株式一部上場の一流企業に正社員として長年勤務していて、平均以上の年収があって、しかも自宅は自分名義の持家で借金の担保にもなっていないし、更には他社からの借り入れはゼロで過去の借金の返済トラブルなども一切ない」というようなケースです。こんな人なら文句なく金融機関から属性が高い人だと判定されます。

そして属性が低い人とは、「名も無い中小零細企業に勤務していて明らかに平均以下の年収しかなくて、しかも正社員ではなくて派遣社員であり、自宅は賃貸アパートで家賃の滞納も多く、更には既に他社から多くの借り入れがあり、過去には何回か返済トラブルを起こしている」というようなケースなら、間違いなく属性が低い人と判定されてしまうのです。これではカードローンで審査が通らないとしても、客観的に見ても無理もないことです。ただ、属性は自分の地道な努力によって、少しずつ高くしてゆくことは可能です。たとえ時間はかかるとしてもコツコツと努力をし続けることには、属性アップのためにはそれなりの意義はあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.