仮審査でウソついたら本審査でどうなる?

キャッシングベスト3

仮審査でウソついたら本審査でバレてカードローン作れませんか?

インターネット上で、カードローン仮審査を受けてみました。生年月日とか、他社からの借入とかの金額を入力するかんたんなものだったので、なんとなく、試しに受けてみたんですけど、「あなたは借入可能です」と言われて、なんだかうれしくなっちゃいました。

でも、本審査に申し込みするかどうか迷ってます。仮審査では、適当な数字を書いちゃったからです。他社からの借入も、忘れてたので、適当に少なめに書いてみました。ちゃんと調べたらもっと多いかもしれません。

これって、ウソついたということになっちゃいますよね。仮審査でウソついたら本審査でバレてカードローン作れませんか。申し込みするの迷います。

仮審査での情報は本審査で精査されるのでウソはバレる

インターネット上の仮審査は、あくまで簡易的なものなのです。生年月日や他社からの借入など、ごくかんたんなものを聞かれる場合は、ある意味で本審査に導くためのカードローン会社の宣伝と考えてもいいかもしれません。ですから、正式な審査とは程遠いと言っても過言ではありません。
(⇒カードローンの仮審査を受けることに対する危険性は?

しかし、あなたが、正確な情報を仮審査で入力していたら、その結果は、本審査の結果と近づきます。そういう点では、仮審査の信頼度は割と高いのですが、もし、間違えた情報を仮審査で入力した場合、本審査での結果が変わることもあります。

本審査では、仮審査でのあなたの情報に間違いがないか?本当にこの人は働いているのか?などを調べます。仮審査で、他社に借入はゼロだと言っていても、信用情報機関を参照すれば、あなたの本当の借入金額がわかってしまいます。もし大幅にウソをついていたのであれば、本審査では結果が違うでしょう。また、仮審査で融資可能という金額から、大幅に減らされることもありえます。

カードローンの仮審査と本審査はどんなものなのか

カードローンを利用してお金を借りる時には、必ず審査を受ける必要があります。その審査では、お金を貸しても借りた分だけしっかりと返済できるかどうかを判断されることになります。カードローンの審査は、仮審査と本審査という2つの段階に分かれており、まずは仮審査を受けることになります。そして、仮審査に通ったら本審査を受けることになるのですが、本審査に受かったらローンカードが発行され、お金を借りることができるようになるのです。

まず仮審査では、基本的な要素を調べてお金を貸しても良いかを判断することになっており、審査自体は大雑把なので比較的通りやすいです。具体的には年齢や勤続年数、収入などから判断することになるのですが、コンピューターによって機械化された審査であることが特徴です。また、スピーディーな審査が特徴であり、特にインターネットから申し込んだ場合は数分から数十分で結果が分かります。

一方、本審査では人間の手によって審査が行われるため、機械的に行われる仮審査よりも時間がかかる場合がほとんどです。また、確かな情報で細かい部分までチェックすることになりますし、金融機関によって審査基準は異なっているため、審査の厳しさについてはさまざまです。また、最後に融資可能かどうかを判断することになるのですが、融資ができる場合は金利や利用限度額などの条件を決定します。

また本審査では、申請内容に偽りがないかを調査することになり、本人確認書類などを提出する必要があります。また、本人確認書類の内容によっては、いったん返却されて再度提出することになります。この審査では、本人確認と在籍確認の2つをパスする必要があり、本人確認だけで完了するわけではありません。在籍確認というのは、申込者の自宅や職場に電話をかけることであり、しっかりと働いているかどうかを確認することになります。カードローンの審査の特徴について知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.