カードローン仮審査と本審査は両方にパスしないと意味ないよね?

21歳の学生です。アルバイト代だけでは生活が厳しくて、いつもお金に困ってます・・・。なので、最近、カードローンが気になってます。でも、学生なので、カードローンを作れるか不安です。

試しに、審査に通るかどうかやってみたいんですけど、カードローン仮審査ってやつにパスしても、本審査に進まなくてもいいんですよね?もし親バレしたら、とか考えるとこわいです。あくまで、試しに審査してみたいだけなんです。カードローン仮審査と本審査は、両方にパスしないと、意味ないですよね。仮審査やっただけで親バレとかしませんよね。

カードローンの仮審査を受けてもふつうは親バレしません

親バレしないかどうか。また、仮審査を受けることで、強制的に本審査に進まなければならないかどうか。これが主な疑問なんですね。

この疑問を解決するために、カードローン仮審査と本審査の違いをかんたんに説明しますね。多くの大手カードローン会社の場合、仮審査は、ごく少ない情報を登録するだけで審査結果が出るようになっています。これは、あなたのように、「試しに結果が知りたいな」と思う人を想定して作られているのです。

仮審査での結果が出て、安心したら、本審査に進むことができます。本審査では、あなたが仮審査で入力した情報に間違いがないかどうかを見ます。また、書類を提出しなければならない場合もあります。本審査は仮審査よりずっと細かいのです。本審査で通ったら、無事にカードローンを作ることができるのです。

ですから、仮審査と本審査は、強制ではありません。仮審査で通ったとしても、また、落ちたとしても、本審査を強制的にしなければならないものでもありません。その点は安心してくださいね。

また、仮審査に通ったり落ちたりしても、親を始めとした他人にバレたりはしません。もちろん、あなたがパソコンやケータイを他人に見られたりしたら別ですが、ただ仮審査しただけでは、カードローン会社からバレることはありません。

しかし、あなたの個人情報は、カードローン会社に伝わっています。宣伝のメールや電話がきたりするのは否めませんね。親バレを気にするのであれば、そういう点は考慮しなければならないと思います。(こちらも参考になります→レイクのカードローンを使うと親にバレちゃう?

カードローン仮審査と本審査とはなにか

カードローン仮審査と本審査とはなにかというと、仮審査は審査に挑む前段階で、この仮審査が通らないと本審査に進む事が出来ません、仮審査は数秒で結果が出るようになっており、本審査は早い所でも30分程かかり、本審査を通過すればカードローンを利用出来るようになり、キャッシングやローン活用が可能になっています。

まずカードローンを利用したい時は、申込みを行う所から始まります。申込みの時には年齢や住所、氏名、電話番号、勤務先、勤続年数といった個人情報を入力し、その情報を土台にして利用希望者をチェックします、この時に人間の手で確認せずにコンピューターによって解析してチェックする事になりますから、自動的に数秒程度で仮審査は終わります。

仮審査で落ちる場合は年齢が成人以上で無い場合や、勤務先が無い無職の方という例が多く、仮審査に通過すれば本審査に進んでいき、入力した情報で嘘が無いかどうか等を人間の手で行われていきます、勤務先への在籍確認の電話連絡があったり、希望者に融資可能かどうかのチェックを行って行く事になります。その審査を通過する事で、契約に基づいてキャッシングやローンを利用出来るようになります。

成人以上で就職して1年程経ち、借金経験もないような方の場合は仮審査に落ちる事は無いですし、審査にも通りやすいです、審査では返済能力の確認になりますから、年齢、年収、在籍年数、借金額、返済履歴等の情報によって確認されますから、全て客観的に判断出来る要素で確認される事になっています。

いずれにしても借金を行った限りは、ルールに従って確実に返済していく必要がありますから、借金を行う前段階で、返済計画を立てるようにすると良いでしょう。完済までに必要な日数や利息負担額を計算して、それらを具体的に把握し、返済計画を立てて行く事によって返済で苦しむ事なく利用する事が可能ですから、生活に無理が出ない範疇でカード利用すると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.