ややこしい!仮審査本審査はカードローンに必要なの?

25歳の土木作業員です。先月、冠婚葬祭があり、給料日前できつかったので、カードローンを申し込みしようと思ったのですが、ややこしくて困ってしまいました。どうやら、カードローンには仮審査本審査があるということなんですけど、2回審査されるっていうことですよね。ややこしくないですか?一発で審査結果が出てくれないと、急いでいる時に間に合わないと思うんですけど。仮審査本審査はカードローンに必要なんですか?

仮審査本審査はカードローンのスピードを上げるためにある

ややこしく思える、2回のカードローンの審査。確かに、2回も審査があると、すぐに借りたいのに、手間がかかって、借りるのが遅くなってしまいそうですよね。しかし、実際は逆。仮審査本審査があることによって、カードローンのスピードは上がっているのです。どういうことか説明しますね。

まず、あなたがカードローンに申し込みした時には、あなたの個人情報や収入を申告することを初めとして、あなたが働いていることの証明や、身分証明などもしなければなりません。これにはどうしても2段階必要です。まず、あなたがカードローン会社に自分の収入や会社などをこれこれこうです、と伝えますよね。その情報を見て、カードローン会社が、この人はちゃんと働いているから審査に通そう、とか決めるわけです。

しかし、あなたがウソをついているとも限りませんよね。だから、慎重にカードローン会社は調べます。そのために、あなたの会社の連絡先に「在籍確認」という電話をかけたりします。あなたが本当に働いて収入を得ているかどうか調べるのですね。

この2段階を、すべて人の手でやっていたのでは、カードローン審査に時間がかかってしまいます。そこで、コンピュータによる「仮審査」が登場です。仮審査では、あなたがインターネットに入力した情報を機械が判断。パパっと「OK」「NG」と分けられるのです。仮審査に通過した人だけ、人の手で、本審査をすればいいのです。本審査では、あなたの会社に在籍確認の電話をしたり、人ではないとできない作業をして審査するわけです。

ですから、仮審査本審査は、カードローンのスピードを上げるために必要なのです。
(⇒仮審査と本審査についてももっと知りたい方はこちらへ

仮審査本審査カードローンのしくみとは

仮審査本審査カードローンの仕組みを知っておくと、カードローン審査に挑みやすくなりますから、特徴を知った上で申込みを行うようにしましょう、カードローン審査に通ればキャッシング等で借金が可能になりますが、まずは審査に通過する必要がありますし、審査に挑む為には仮審査を通過しなければ次の段階に進めません。まずカードローンを利用したい時には申込みを行う事になり、申込みに関しては最近の業者の殆どはインターネット経由で行えるようになっており、業者によっては申込みから審査、振込、返済まで全て、店舗に直接行かずに出来るようになっており、非常に利便性が高い業者が増えています。

まずは申込み時には住所、氏名、電話番号、勤務先等の個人情報を入力して伝える事が必要になり、業者に提示した情報をもとにしてコンピューターでチェックしていく流れになります、コンピューターによる判断ですから数秒で審査結果が出る事になり、基本的には成人以上で一定収入があり、他社借り入れ額も多くなく、過去の返済歴に傷が無ければ次に進めます。(こちらも参考に→カードローンの仮審査でウソをついたらどうなる?)この審査前の仮審査を通過する事で、次の本審査に挑む事が可能になり、提示した情報に虚偽申請が無いかどうかを人間が判断していく作業に入ります、勤務先に在籍確認電話等がある段階で、虚偽が無く、返済能力があると信用される事によって、カードローン審査に通過し、契約に応じて借り入れが可能になります。

業者によって審査の厳しさや内容は変わるのですが、基本的にはどこでも返済能力を確認する事が必須になっています、成人に満たないとか無職無収入であるとかの場合は審査に通りませんし、借り入れ件数が多すぎたり、返済履歴が悪く、支払等で滞納や延滞が多い場合は信用されにくくなってしまいますから、普段からキチンとルール通りに支払や返済を行う事が重要です。成人以上の方で、借金経験もなく、働いて何年も経っているような方の場合は仮審査で落ちる事は無いですし、本審査でも通りやすいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.