カードローンの仮審査ではいつ信用開示されるんですか?

自分がブラック扱いになっているか心配です。はるか昔、10年前くらいだと思いますが、クレジットカードのキャッシングを滞納してしまった覚えがあります。今回、新しくカードローンを申し込みしようと思うのですが、10年前にクレジットカードを作った時とは違って、インターネットで仮審査ができるというカードローン会社が多いですよね。

カードローンの仮審査ではいつ信用開示されるんでしょうか。ブラック扱いになっていれば、信用開示したら仮審査でも落ちてしまうと思うんですけど。仮審査ではもしかして信用開示はしないで、本審査で初めて信用開示されるんでしょうか。

カードローン仮審査では信用情報は開示されないことが多い

カードローンの仮審査は、会社によって違いますが、多くの大手カードローン会社では、「簡易審査」という言い方の方が近いかもしれません。カードローンの仮審査では、かんたんなことしか聞かれないはずです。そういう場合、あなたの信用情報は開かれないはずです。

たとえば、大手カードローン会社の仮審査では、「生年月日」「年収」「独身か既婚か」「他社からの借入金額」を聞かれます。それだけの情報で信用情報を開示することはありません。その代わり、たったこれだけの情報では、本審査との結果に違いが出ることもありえます。(こちらも参考にしてください→仮審査と本審査は両方パスしないとダメ?

このようなカンタンな仮審査は、「試しに、カードローン審査通るかどうかやってみよう」という気軽なものと捉えたほうがよさそうです。本気でカードローンを申し込みしたいのであれば、仮審査は、もう少し細かい審査にした方がいいでしょう。

インターネットによる仮審査では、このような簡易審査ではなく、名前や連絡先まできちんと入力する仮審査もあります。その場合は、仮審査に申し込みした段階で、信用情報を開示する場合もありえます。ですから、本当にブラックであった場合は、仮審査の段階で落ちるでしょう。しかし、仮審査に通れば、本審査に通る確率も大変高くなります。

カードローンの仮審査に通るには~いつ信用開示を請求するか~

カードローンを申し込むときには、必ず仮審査があります。申込者が確実に返済する人かどうか、金融機関が個人信用情報を確認するわけです。日本には3つの信用情報機関があって、過去の金融事故などにつき、データを収集保存しています。金融機関は、このデータを共有して、申込者へのローンの可否を判断します。もちろん、勤続年数や年収のほか、他社でローンを組んでいるかなども、判断材料になります。

勤務先や年収は十分なのに、カードローンの仮審査に落ちてしまう人は、個人信用情報に問題がある可能性があります。
気になるようなら、個人信用情報の開示を請求することができます。信用情報機関はKSC、CIC、JICCの3つがありますが、いずれも請求すれば情報を開示してくれます。これで自分の履歴をチェックし、どこが問題かを見つけることができます。

過去に返済の延滞など金融事故を起こしている人は、ローンを申し込んでも、仮審査で落ちる可能性が高くなります。いわゆるブラックリストに載っているという状態ですが、ブラックリストというリストが存在するわけではありません。個人信用情報に、延滞の記録が残されているということです。ただし、この記録は永遠に残るわけではありません。機関によっても違いますが、延滞や代位弁済・債務整理などの記録は、契約終了から5年で削除されます。ただし自己破産の場合、KSCでは記録が10年間残ります。

何度か延滞してしまったが、改めてカードローンの審査を受けたいとき、いつ信用開示を求めれば良いのでしょうか。それは記録が削除された頃ですから、契約終了からおおむね5年ということになります。ただし完済から5年ではないことに注意してください。完済してもローン契約が終わったわけではないからです。延滞したローンは、必ず完済してから、いったん契約を打ち切ったほうがよいでしょう。信用開示で問題が見つからなければ、カードローンの審査に通る可能性は高くなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.