カードローン仮審査と本審査の違いをわかりやすく教えて!

20歳の、専門学校の学生です!一人暮らししてるんですけど、毎日お金がなくて困ってます・・・。わけあって、親にも頼れないので、カードローンを申し込みしたらいいかな?と思ってます。学生でも、アルバイトしていれば、カードローン作れるってききました。でも、いざ調べてみると、わからないことだらけで、困ってます。

カードローン仮審査と本審査の違いってあるんですか?20歳の私でもわかるように、超かんたんに教えてください!

カードローン仮審査と本審査の違いのひとつはスピードです

カードローンの仮審査と本審査の違いは、まずは、スピードです。お金が必要な時って、だいたいの場合、とっても急いでいる時なんですよね。そんな時に、申し込みして1週間とか2週間とか待たされたら、急いでいるのに~!間に合わない!となってしまいますよね。

そこで、カードローン会社は、できるかぎりスピーディーに審査を行えるように工夫しました。それが、インターネットによる仮審査です。インターネットが今のようには普及してうない時には、審査は対面で行うしかありませんでした。そうすると、直接自動契約機やカードローン会社に出向く必要があります。ところが、忙しい人は、なかなか会社にまで行けない。

インターネットが生まれて、その困ったことは解決できました。家や仕事先にいながらカードローンに申し込みすることができるようになったのです。さらに、インターネットを通じて、審査を受けることができるようになれば、もっと時間は短縮できますよね。そういうわけで、インターネットによる審査が始まりました。これが「仮審査」です。(こちらもご参考に→カードローンの仮審査を受けることに危険はあるのか

インターネットでは、機械によって審査されます。その審査である程度までお客さんを振り落とすことで、人の手による本審査がしやすくなりました。本審査に時間と人手をかけずに済むということです。

ただ、収入状況によっては、仮審査と本審査では、結果が違うこともありえます。収入が実際よりも低く、仮審査された場合、本審査で細かく調べられて、アウトになってしまう場合もあるので心しておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査と本審査は本当に必要なの?

カードローン仮審査と本審査の違いを知っておこう

カードローンはとても便利な存在ですが、利用するにはまず申し込み手続きを行い、その後審査を受けなくてはいけません。そして、審査をクリアすると融資が行われ、そうでなかった場合は残念ながらその会社での融資を受けることはできません。そして審査には仮審査と本審査の2回の審査が行われることが一般的です。カードローン仮審査と本審査の違いについても知っておきたいですが、まず、仮審査の場合は申し込んだ人の年収や年齢、勤続年数など基本的な要素を調べて大雑把に判断する方法です。

そして、この審査ではコンピュータで行われることとなりますので、スピーディーに行われ、早ければ数分程度で結果が出ます。本審査は仮審査をクリアすると行われる審査で、より細かい情報を今度は人間の手によってチェックすることとなります。それゆえに仮審査よりは長く時間がかかりますし、金融業者により審査の基準は違ってきます。仮審査をクリアすると、本審査も順調にクリアできることは多いですが、中にはクリアできない場合もあります。仮審査のときに勤務先や年収などに虚偽の記載があった場合や、本人確認書類で本人であることが確認できなかった場合、さらに在籍確認のときに確認が取れない場合も審査にクリアできな原因となってしまいます。

さらにカードローンの審査では過去の借り入れについても調べることとなり、個人情報機関に借り入れの利用履歴や延滞がないかなどを調べ、さらに他社に借り入れがないかも調べることとなります。そして、現在多数の借り入れがあったり、返済で問題を起こしている場合は仮審査に通過しても本審査で見送られる場合もあります。審査にクリアするために年収を多めに書くなど、つい行ってしまいがちですが、カードローンの審査にクリアするためには情報をし正確に記入することが大切です。それから、同じ時期に複数社への申し込みをすることも審査には不利になる場合もありますので、一度に複数社に申し込むことも控えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.