ローン仮審査本審査の違いをわかりやすく

キャッシングベスト3

仮審査本審査の違いって?カードローンの基本が知りたい!

22歳の社会人1年目です。カードローンなど、ローンの知識がまったくないので恥ずかしいのですが、教えてほしいことがあります。それは、カードローンの仮審査本審査の違いです。カードローンには審査があるということはわかったのですが、2種類の審査があるということがよくわかりません。カードローンは本当に初心者なので、本当に基本的なことからわかりやすく教えて頂けるとうれしいです。

仮審査本審査の違いは「誰が審査するか」です

カードローンの審査では何を見られるのでしょうか?それは、あなたが、しっかり返済することができるかどうか、ということです。もしあなたが借りるだけ借りて返済してくれなければ、カードローン会社は商売になりませんよね。ですから、あなたが返済してくれる人かどうかは、慎重に判断するのです。

審査の中身は、主に、あなたの収入状況や、他の会社に借入があるかどうかです。他にも、家族構成や勤続年数などいろいろなことを審査されるのですが、まずは、「収入」と「他社への借入」をメインに考えておけばよいでしょう。収入があまりにも少ない人や、職種が不安定な人は、カードローン審査に落ちてしまうこともじゅうぶんにありえます。また、いくら収入がしっかりあっても、他社への借入がたくさんあれば、審査に落ちてしまうこともあります。

それを審査するのがカードローン審査なのですが、仮審査と本審査に分かれているのはどういうわけなのでしょうか。それは、端的に言うと、誰が審査するかという違いです。仮審査では、コンピュータが審査します。それに対して、本審査では、基本的には人の手によって審査します。

昔は、人の手による審査がメインでした。なので、審査時間はかなりかかっていました。1週間や2週間はふつうにかかっていました。でも、現在では、カードローンの仮審査があるおかげで、あっという間に審査結果が出るようになったのです。機械による審査なので、ある程度スピーディーにできるのですね。

仮審査が終われば、仮審査に通った人だけを、人の手で審査すればいいので、手間が省けます。人件費も削減できて、その分良いサービスにお金をかけられるというわけです。私たちお客のために、カードローン会社は色々と工夫しているのですね。

ここがポイント!仮審査本審査違いカードローンはこう申し込む

カードローンを申し込むにあたって避けられなのが仮審査や本審査とよばれるものです。これはカードローン会社が「この人に貸して返済してもらえるか」ということを調べるために行います。カードローン会社からしても返済してもらえなければ利益となりませんから、相手に返済能力があるかどうかを調べるのは当然のことです。

さて、これまでにカードローンを申請したけれど審査に通らなかったという方も当然ながらいらっしゃることでしょう。しかし、ある程度の収入があり、なおかつこれまでにローン歴が無い場合などに仮審査は通ったのに本審査に落ちてしまったという経験がある人もいるかと思います。自分の何がいけなかったのか?カードローンをもつ能力がないとみなされたの?と思ってしまうかもしれませんが、決してそればかりではありません。ではどこがいけなかったのでしょうか?まずは仮審査本審査違いカードローンの申し込み方を知っておきましょう。

そもそも仮審査と本審査の違いは?といえば、仮審査は機械がおこなう場合が多いということです。よくネット申し込みなどで、勤続年数や年収などを入力すれば借入限度額を算出してくれる場合がありますが、あれに近いと考えておきましょう。つまり条件面から「返済能力があるか、どの程度まで返済できるか」というのを判断するのが仮審査です。では本審査は?というと、直接人間が調査をします。他社からの借り入れがどのくらいあるか、過去に返済の滞りがあるかといったことを事細かに調べるのが本審査です。ここで落ちてしまうという場合、仮審査の時に申し出た自己申告が事実と異なると判断された場合がおおいのです。

特に他社からの借入額や勤続年数などに関しては「たぶんこれくらい」という曖昧な記憶で記入してしまうかもしれません。しかしながら本審査で調査した場合事実がどうなのかがはっきり分かってしまうため、「申告内容と事実が異なる」という理由で落ちてしまうのです。仮審査だから…と甘く見ないでしっかりと記入するようにすれば、本審査も通過できる確率がぐんとアップします。
(⇒カードローン審査に通れない理由を知るためには

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.