カードローンの仮審査で融資額をあげるにはどうしたらいいのか

困りました!事故を起こしてしまって、20万円を今すぐに用意しなければなりません。カードローンで用意しようと思っているのですが、カードローンの仮審査に申し込みしたら、結果がすぐ出たのは良いのですが、希望の金額にちょっと足りませんでした。これでは、20万円用意できません!

カードローンの仮審査で融資額をあげるにはどうしたらいいのでしょうか。急いでるので、焦ってます・・・。

融資額を仮審査だけですぐに上げるのは不可能です

残念ながら、カードローンの仮審査の段階で、融資額を上げるのは難しいでしょう。仮審査では、あなたは正確な数字を入力したんですよね。他社からの借入れ額や、収入状況など、細かな仮審査だったでしょうか。そのあなたの情報が正確であれば、仮審査の結果もある程度正確でしょうから、これ以上、融資額が上がることはないように思えます。

こんなことを言うとさらにがっかりしてしまうかもしれませんが、むしろ、仮審査で出た融資可能金額よりも本審査の方が減らされる場合の方が多いのです。正式に慎重に本審査したら、融資可能な金額はもっと少なかったということが多いからです。

ですので、仮審査の段階で融資額を上げるには、ウソをつくしかありません。入力するフォームにウソをついて収入を高く書いたりすれば、融資額は上がるでしょう。しかし、ウソなので・・・。本審査ではもちろん減らされてしまいますし、というより、審査に通るかどうかもわかりません。
(⇒カードローンの本審査と仮審査の違いを知りたい方はこちらへ

というわけで、融資額を実際に上げるには、あなたがカードローン会社に信頼を与えるしかありません。そのためには、いったんカードローンを利用したら、きっちり返済しつつ、定期的に利用することが重要です。(こちらも参考になりますよ→カードローンの増額審査はどれくらいかかるもの?)そうすれば、カードローン会社はあなたが良いお客様だと判断するので、融資額も上がるのです。半年くらいは利用しないといけないので、どうしても時間がかかるんですね。

カードローンの仮審査と本審査の違いとは

一昔前までは、カードローンや消費者金融でお金を借りると、高い利子を取られたり、職場にまで取り立てに来る様な恐いイメージがあったものです。ですが法規制が強化された事で、強引な取り立てを行う様な貸金業者は激減し、更に誰もが知る様な大手銀行も積極的にカードローンのサービスを開始する等、利用し易くなっています。その結果現在では、一般的なサラリーマンやOLといった人達も当たり前の様に、カードローンのサービスを利用しています。

そんなカードローンの魅力がどこにあるかと言うと、やはり手軽で気軽に利用可能であるという点です。というのも、申込みを行う際に、わざわざ店舗を訪れる必要もなく、インターネットからでも申込めるというサービスが多くなっています。しかも借入れも、近所のコンビニやatmで行えるので、使い勝手もかなり良いし、返済の方も一括や分割等、自分の懐事情に合わせて選ぶ事も出来たりします。更にコンビニで、24時間いつでも返済可能だったりするので、かなり便利です。

その様に手軽で利便性の高いカードローンですが、利用するには審査に通る必要があります。しかもカードローンには、仮審査と本審査という具合に、2つの段階で審査が行われる事が多いです。では、カードローンの仮審査がどういったモノかと言うと、最も基本的な要素を元にして、申込み者にお金を貸しても良いかどうか判断するというものです。具体的には、申込み者の年齢や勤務年数、年収から融資可能かどうかを、コンピュータによってふるいにかけて行うという、審査方法です。そのため数分で終了する場合が多いです。

一方、カードローンの仮審査を通過した後に行われるのが本審査であり、コンピューターではなく人間が直接審査を行うというのが通常です。そのため、申込み時に記入された勤め先や年収、といった情報に虚偽がないか細かく調べて行きます。更に個人情報信用機関に、ローンの利用履歴や延滞トラブルがないかも確認します。なので仮審査に比べて時間が掛かるのが基本であり、虚偽の内容で仮審査を通過してもこの本審査でバレてしまいます。

【参考ページ】
なぜカードローンの審査に通れないのか教えて!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.