大金は必要有りませんが銀行カードローン増枠の利点はありますか

銀行のカードローンの利用を始めて半年ほど経ち、最近ATMでお金を借りると、利用限度額を増額しませんかと言う案内が出るようになりました。私が利用している金額は別に増額しなくても現在の利用限度額で十分なため、このような案内は銀行の宣伝のような気がしていつも無視していました。最近になって友人とカードローンの話になり、銀行の宣伝が多すぎると言う話をすると、友人は自分のはそういう宣伝は出てこないと言っていました。

このためこの増額の案内と言うのは皆に出ているのではなく自分に対して出ているのだと言うことが分かったのです。それでも金額的には増額の必要は無いので今もって増額は申込んではいないのですが、増額したことによって銀行での待遇がようなるとか、何かおまけが貰えると言うような話であれば、別に枠が大きくなっても使う金額を変えなければよいので、増額してみようかと思うこともあります。そこでお聞きしたいのはこう言った金額が増えること以外に増枠の利点と言うものはあるのかと言う点です。

増枠では金額の見直しと共に金利の見直しが行われます

増枠と言ってしまうと枠と言うことですから融資される金額の枠と解釈してしまいがちですが、金融機関が融資する場合、融資する金額とセットになっているのが金利です。融資額を決める際には金利も検討されるわけです。カードローンにおいても信用度の低い人向けには小さな融資枠で高い金利を適用して利用してもらう訳ですが、信用度が高くなると、それに伴って融資枠を大きくし、金利を下げることになります。(こちらも参考にどうぞ→自分からカードローンの増額申請したら金利が高くなるってホント?)したがって同じ金額を借りるにしても有利な借り入れが出来ることになるのです。

あなたが言うように銀行での待遇やおまけが貰えると言う言い方はちょっとおかしいですが、金利が下がると言うのは良い待遇で、大きなおまけと考えても良い訳です。したがってこの利点を活用するためにも増枠してくれると言っているのであればすぐに申込んで増枠してもらった方が以後大変有利な利用ができると言うことになりますから、早速申込んでみてはいかがでしょうか。

ただし増枠の案内が有って申込んだとしても、そのまま認められるわけではなく、きっちり審査が行われることになります。この審査では申込時に行われる審査と同様な項目の他に利用開始からの利用状況などが確認されます。特に注意が必要なのは申し込み後に新たに別のカードローンの利用を始めたりすると返済能力の問題が問われることになりますので審査に通るのは難しくなるでしょう。こういった点も予め十分確認しておかなければいけません。

申込みはATMに案内が出ているのであればそのまま指示に従って操作をすれば出来るようになっていますし、インターネット上からも行なうことが出来ます。特に問題も見当たらないのであれば早く申込んで増枠してもらい低い金利で利用できるようにした方が良いでしょう。またさらに適正利用を続ければ、順次利用枠は増枠され金利は下がっていくことになります。あとは収入との兼ね合いと言うことで徐々に上限に近づけるようになるでしょう。

銀行カードローン増枠の仕組みについて

銀行カードローン増枠について考える場合、まずは知っておかなければならない基本的な知識があります。それは一口にカードローンと言っても、細かく見ていくと、実に様々な種類のカードがあるということです。カードローンには銀行による特徴の違いがありますし、同じ銀行の中にさえ、特色のある何種類かのカードローンが存在していると考えて間違いありません。そして、そのカードローンの中には、増額が可能な商品もあれば、はじめから増額が不可能な商品もあるのだということは知っておくべきです。それゆえ、自分の手持ちのカードローンの商品内容をチェックして、もしも増額不可能な商品であった場合には、どう交渉しても増額は不可能なのだと諦めるしかありません。だからカードローンを申し込む際は、将来的なことを見越して、はじめから増額可能な商品を申し込むことも賢い方法です。(こちらも参考にどうぞ→増額のタイミングが早いカードローン

また、たとえ増額が可能な商品だったとしても、銀行に頼めば簡単に増額してもらえるわけではありません。もしも利用者から増額の依頼があったら、銀行はその利用者のことを総合的にチェックします。そしてそのチェックに通った時にのみ、実際に増額が可能になるのです。もちろん、増枠が具体的に幾らの金額になるのかも、そのチェック次第になります。その主なチェック・ポイントは、まずは利用者の返済状況です。きちんと借り入れをしてきちんと返済していることが重要であり、一度でも返済に遅れが出ればアウトだと考えるべきです。また、カードを所有しているだけで使っていない場合も増額は困難です。それから年収に対する借入金の割合もチェックされます。銀行は総量規制の対象外ではありますが、目安はやはり年収の三分の一程度までです。

更に、返済比率も重要なポイントです。これも借入金の割合と同様、金融機関によって差がありますが、一般的な目安としては、収入に対する返済金額の割合は、おおむね30%から40%くらいまでです。ところでカードローンには、増額されると金利が下がったり返済額が増えることがありますので、その辺にも注意が必要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの限度額増額は電話で申込める?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.