カードローン増額が早い金融機関はあるのか

キャッシングベスト3

金融機関の中にカードローン増額が早い所はあるのでしょうか

カードローンの利用を検討中なのですが色々と調べてみると最初決められる利用限度額は極めて低いことが分かりました。これは私に言わせればその利用者をしっかり審査しておらず最初は低い金額で使ってもらえばいいだろうくらいに考えており、しっかり審査しない金融機関のサボりにしか見えません。私としては最初から正当な評価をして、私のような比較的大きな収入が有る場合には大きな利用枠を付けても良いと思っています。

そうは言ってもどの金融機関もそういう事はしてくれないみたいなので、増額に期待を持つことにしました。しかしこれも調べてみると大概の金融機関は少なくとも6か月は利用しないと駄目なようです。なぜそんなに待つ必要が有るのかも良く分かりません。私の収入から考えれば最初に設定されるような金額では大した役には立たないの急いでほしいのです。そこで聞きたいのは最も早く増額してくれる金融機関です。どこかに2か月程度で増額に応じる金融機関はありませんか。

6か月どころか最近ではさらに長期化の傾向が出ています

あなたはちょっと傲慢なところが有りますね。金融機関は最初からあなたの収入を含めてしっかり審査をするので安心してください。ただしどんなに詳細に審査をしたとしても、最初に設定される利用限度額であなたが満足することは無いでしょう。また増額の審査を行って通ったとしても、あなたのような性格の人は自分の利用限度額がそのカードローンの貸出限度額に達していなければ決して満足することが出来ないのではないでしょうか。

さてご質問の増額をなるべく早くしたいと言う事なのですが、現在はあなたが言うように早くても6か月程度利用を続けなければならないことになります。金融機関によっては9か月と言っている場合も有り、全体的な傾向としては徐々に延びる方向になっています。要するに6か月でも信用力を判断するには短いと考えていると言うことです。したがってあなたが希望する2か月程度で増額できる金融機関は探すだけ無駄と考えてもらって良いでしょう。
(⇒1年も使っているのにカードローンの増額が出来ない人も

あなたは最初に設定されるような金額では役に立たないと言っていますが、もし役に立たないと言うことでカードローンを利用せずのそのままカードをしまい込んでしまって6か月たったところで増額してもらおうと考えるかもしれませんが、それも良くない考え方です。カードローンは実際に利用しなければ信用には繋がりません。したがってあなたにとっては大変不本意でしょうか金額は小さくてもそれを利用しなければあなたが希望する増額はいつまでたってもできません。

ですからまずは6か月間はお試し期間とでも思って利用してみてはいかがでしょうか、6か月たって増額に成功したとしても、あなたはまだまだ足りないと言うと思いますが、あなたが満足するまでがお試し期間だと思って少しづつ利用額を増やしていくようにしましょう。あなたにとっては不本意でしょうが、現在の金融システムと言うのはそのようにして徐々に信用を気づいていかなければならない仕組みなのです。決して金融機関がサボっているわけではありません。

カードローン増額が早い分だけ有利な借り入れ条件とは

すでに手元にあるカードローンのボリュームをアップし、より利便性を高めたいと思うなら、カードローンの増額がおすすめです。とはいっても、本当に増額なんてできるのか、どのように手続きすればよいのかはあまり知られてはいません。そこで今回は、お手持ちのカードローンの増額が可能かどうか、そしてどのように手続きすればよいのかを簡単にご紹介します。

まず、現在利用中のカードローン商品ですが増額には大きく分けて3つの条件があります。その1つ目は、増額可能な商品であるかどうかです。これは、最初の契約書をもう一度読み返せば必ず記載されている項目なので、一度商品内容を確認する意味でも良く読んでみてください。そして、増額可能、もしくはその意を含んだ記載があれば、まずは第1条件クリアです。

続いて2つ目は、これまでの借り入れに対する返済状況です。毎月コンスタントに返済期日を守って良好な返済を続けている場合、消費者金融会社からは信頼性の高い顧客として更なる借り入れも可能と見なされます。反対に期日を過ぎることが少なからずある場合、なかなか会社からの信用を得ることはできないので、まずはこれまでの借り入れ額の返済を第一に考えましょう。

そして3つ目は、現在の借り入れ額が年収の3分の1に達していないかどうかです。消費者金融では、カードローンを含む金融商品について、契約者の年収に応じた総量規制を守って融資を行っています。その基準が年収の3分の1に相当する金額であり、この金額にまだ余裕がある場合、その額に達するまでの増額が原則可能とされます。

カードローンには、契約者が増額することで金利が下がる商品も数多く存在します。つまり、可能性があるのであれば、カードローン増額が早いぶんだけ、有利な条件で契約を続行することができるのです。カードローン商品とは、専用カードを持っているだけでなく、それを使って借り入れを行い、そして返済期日を守って返済を行うという一連の作業を通じて、会社側からの信用性の上がるものです。手元に眠っているカードがあれば、ぜひ有効利用したいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.