カードローンの増額案内とはどういうものでいつ来るのですか

1年前にカードローンの利用を始めましたが利用限度額が大変小さくて困っています。友人と話してみたところ、別の消費者金融ですが、半年ほどで利用限度額の増額の案内が届いたと言っています。利用限度額を聞いたところ既に私の倍以上のお金を借りられるようになっていました。金融機関が違うせいなのかどうかは知りませんが残念な事に私には未だに来ていません。収入にそんなに差が有る訳でもないので私にはそんなに信用が無いのかと落ち込んでいます。

ただし私はその増額案内と言うものがどういうものか良く知りません。私が知らないだけで実はもうとっくに来ていたと言う事なのかもしれません。そこでお聞きしたいのですがこのカードローンの増額案内と言うのはどのようなもので、普通は申込みから数えてどの程度の期間が経過すれば来るものなのでしょうか。また私に来ないのは何か特別な原因のようなものが有るのでしょうか。そろそろ現在の限度額では足りなくなりそうなので何とかしたいので、よろしく願いします。

金融機関によって違いますがATMに出たり郵送されたりします

増額は以前は金融機関の方から案内が来るものだったのですが、最近では利用者の方から申し込みを行うような方法を取る金融機関も有りますので、あなたの場合必ずしも案内が無かったから増額できないと言う事では無いかもしれません。したがって申込みさえすればすんなり増額してもらえる可能性も有る訳です。まずは一度利用しているカードローンを調べて増額の申込みの仕掛けについて確認してみてはいかがでしょうか。

ここでは案内が有ると言うことで話を進めます。まず最も目につくのがATMを利用する際にATMの画面上に案内が出るものです。この場合この案内に従って操作すればそのまま増額審査の申込みが可能になるので、申込みも最も簡単に行えると考えられます。表示に気付かないと言うことは考えにくいので、あなたの場合にはこのような表示は出ていないと言うことになります。確認したければ今度ATMを利用する際に見てみましょう。

次に挙げられるのは金融機関からの郵送による案内です。いつもの利用明細と誤認したり、単にダイレクトメールとして扱ってしまって、読んでいないと言う可能性も無くは無いので、一度郵便物を確認してみてください。もし増額の案内が来ていたのであれば、その案内に記載されている手順で増額の審査を申込むことができます。こういった郵便物をよく確認もしないで廃棄してしまう人も多いのですが、必ずどういったものか確認する癖を付けるようにしましょう。

もう一つ最近では金融機関のホームページにリンクされている利用者のページ内に案内が表示されるようになっている場合も有ります。もちろんインターネットを利用していなければだめですが、利用しているのであればすぐにログインして確認してみましょう。この場合もそのリンクを辿ればすぐに申込みが出来るようになっています。これらの案内は適正な利用を続けていればだいたい半年から9カ月程度で表示されたり送られてきたりすることになります。

【参考ページはこちら】
カードローンの利用者が急増している理由とは

カードローンを利用していると増額案内が届く

お金がどうしても必要なときには、多くの人がカードローンを利用するでしょう。そのときの利用目的は、ひとそれぞれ異なりますが企業の選び方や返済の計画は絶対にどのような人も立てておくと良いでしょう。返済計画を立てることで、必要な資金や借入期間を決定することができます。具体的な数字を持って、目的を持っている人は無駄な借入をすることが少ないです。

それでも、生活費や教育費のために借入を行っている人は完済までなかなかたどり着かないこともあります。同じ企業をずっとつかっているうちに増額案内が届くことがあります。届くといいました、郵送で届くことは少なく、たいていは企業から電話があって増額をしてみないかと言われます。増額案内をされる人には、いくつかの特徴があります。それは、企業との借入と返済の実績が豊富にある人です。1社の企業から、借入と返済を何度も行っていると信頼できる人物だと認めてもらえるのです。その結果として、現在の利用限度額よりも多い金額を設定することができます。しかし、いきなり10万円の借入限度額から100万円になることはありません。ステップを踏んでいくもので、10万円の借入限度額であれば、増額されたとしても10万円のアップです。それから、借入の実績をつくっていけば更に増額を受けることも可能でしょう。

増額の審査項目はいくつかありますが、基本的に借入の金額が3分の1未満か、借入からの経過年数、延滞したことがないかを調べているようです。総量規制によって年収の3分の1までしか借入ができないようになっているので、これは覚えておきましょう。経過年数も借主の信頼度を判断する重要な材料です。1年以上が好ましいとされています。一度でも延滞をしてしまうと、信頼関係が崩れるので注意をしましょう。増額をするメリットは、新たに借入件数を増やさなくても良いことです。月々の返済金額に変動がなく、他の企業に借入をするときに有利になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.