銀行カードローンと消費者金融を借りている

キャッシングベスト3

銀行カードローンと消費者金融を借りているときの消費者金融増枠

私は現在銀行と消費者金融のカードローンの両方をそれぞれ1件ずつ利用しています。最初に銀行に申し込んで利用限度額が小さくて困るのですぐに消費者金融のものを申込みました。利用するのは主に銀行の方ですが、それで足りなくなった時には消費者金融の方も利用します。銀行の方の利用開始からそろそろ6か月が経つので早速増額しようと思ったのですが、銀行は消費者金融の利用が分かってしまうと増額には応じてくれないようだと言うことを知りました。

このため予定を変更して消費者金融の方の利用限度額のほうを増額してもらおうと計画しています。あと2か月ほど先になりますが、現在可能なのかどうか調査中です。しかしよくわからないのは何故銀行は消費者金融のカードローンの利用を嫌がるのでしょうか。また懸念事項として消費者金融の方でも銀行のカードローンの利用を嫌がって増額に応じてもらえないのではないかと言う点があります。そこで質問なのですが、このような状況で消費者金融は増額に応じてくれるでしょうか。

利用状況に問題が無ければ消費者金融は増額に応じるでしょう

あくまで審査は金融機関が行うものですから実際にどうなるかはやってみなければわかりませんが、消費者金融は増額できると思われます。では順を追って説明していきます。まず前提として金融機関でお金を借りたら他の金融機関からもお金を借りると言うことを歓迎しません。これは銀行であろうが消費者金融であろうが同じです。何故かと言うと審査した時の想定を変えることになるからです。審査の時は想定していなかった返済が発生すれば当然借り手の返済能力は下がります。

したがってそれまで返済できていたものが、返済能力が下がることによって返済できなくなる事態が生じる可能性が多少なりとも高まることは間違いありません。信用情報には借りている情報が記載されますので同じ業界である銀行同士あるいは消費者金融同士は利用者が何を借りているかは分かると言うことになります。ではなぜ銀行は消費者金融から借利ていると分かって増額を断わるのかと言うと銀行のカードローンの個人保証を大手消費者金融が行っているためです。

したがって銀行は消費者金融からの融資が有ることが分かって断わるわけです。しかしこの逆である銀行からの借入情報は消費者金融側には滞納でもすれば別ですが通常は分かりません。したがって利用者の方から申告しなければ消費者金融の審査には影響することはありません。また審査の厳しさと言う点でも消費者金融の方が銀行よりも多少緩くなっていますので、そういう点でも増額審査が通りやすくなりす。ただしこれは一般論であって厳しい消費者金融も存在していることは忘れないようにしましょう。

とにかくあなたの計画通り消費者金融の方の増額審査は通る可能性が高いと思われます。ただし、あなたの利用方法はあまり良い物とは言えません。本来であれば銀行のカードローンのみを利用して増額してもらった方が金利的に考えて有利だったはずです。どれほどお金が必要だったかは知りませんが、6か月程度は我慢して消費者金融の方の利用は止めるべきでした。一度実際に金利差から生じるお金がどの程度かかるのか、将来的な見通しも含めて計算してみてはいかがですか。

【参考ページはこちら】
将来的にカードローンの増額をしたい!という方はこちらへ

銀行カードローンと消費者金融を借りているときの消費者金融の増枠は年収がネック

カードローンやキャッシングなどの無担保で使い道が自由な融資というのは、簡単に申し込み手続きができてすぐに現金が手に入るため、多くの人が利用しています。ただ、金利が高いことや利用限度額がなかなか増えないこともあり、次第に初期の融資額では足りずに追加借り入れをしたり、他社からも借り入れをするようになるという人は少なくありません。

これらの融資は銀行系や消費者金融系、信販系、流通系など様々な業者が提供しています。それぞれに特徴がありますが、銀行系は審査は若干厳しいですし、営業区域内に居住や勤務をしているなどの条件が設定されていることも多いですが、何といっても金利が低いのが魅力となっています。一方、消費者金融系は比較的融資を受けやすくスピードが早いという利点があるため、これらを並行して利用しているというケースも多いです。ただ、このように複数の金融機関から借り入れをしていても、いずれは全ての借入先で限度額が一杯になります。このような時、あまり借入先が多いと新たに他社で借り入れ申込をしても受け付けられないことが多いため、既存の借入先で増枠を依頼するケースが多くなります。(こちらも参考にどうぞ→他で借り入れをしているとカードローンの増額審査に影響が出る?

銀行カードローンと消費者金融を借りているときの消費者金融の増枠を依頼するときには、自分の年収と照らし合わせてから申込をする必要があります。消費者金融は総量規制といって、年収の3分の一以上の借り入れができない仕組みになっています。この場合、銀行系と消費者金融系の借入額を合算して、それが年収の3分の一より少なければ、差額の範囲内で増枠が認められる可能性が高いです。しかし、既にこの限度を超えた借り入れをしているときには、総量規制の対象外となっている銀行系で増枠の申し込みをしたり、他の方法を考えなければなりません。既に高額の借り入れをしていて、年収の3分の一を超えているという場合には、追加で借り入れるよりも借金を減らす方向で検討するのがおすすめです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.