滞納した後はカードローン借入額増はいつからできるのですか

私はカードローンを利用していますが、給料日と返済日がかみ合わず、何度も返済が遅れていわゆる滞納になり督促状を貰っています。もちろん次の給料日には必ず支払っていますので、大きな問題にはならないのですが、金融機関はそうとう怒っているのではないかと思いびくびくしています。それでこれではいけないと思い、最近では十分注意しながら生活していてカードローンの返済分は残しておくようになり暫くはこのような滞納はありません。

人間と言うものは欲が深いもので、滞納が無くなってくると、今度は借入限度額の増額をしたくなってきました。ただし私の場合にはお金を沢山借りたいと言うよりも、増額に伴って見直される金利の方に魅力が有ります。しかし問題はやはり以前何度も行っていた滞納です。滞納が有れば借入限度額の増額は無理と言われていますから、半ばあきらめているのですが、ずっとこの状態と言うのも寂しい限りです。そこでお聞きしたいのですが、滞納した後時間が経過すれば増額の申し込みはできるのでしょうか、できる場合どの程度の期間が必要なのでしょうか。

あなたの場合今すぐでも大丈夫ではないでしょうか

世の中には多少支払いが遅れても何ら気にしない人もいれば、あなたの様にずっと責任を感じているような人もいます。滞納と言っても考え方は金融機関次第であなたのような場合でも問題視するところも有るかもしれませんが、ほとんどの金融機関ではあなたの様に次の返済日前には返済が行われているような場合、特に問題視していないと思われます。つまり滞納と言う認識はあまりないのです。返済日を忘れて少し返済が遅れた程度の認識なのです。

この程度の遅れをいちいち問題視していたら、増額できない人だらけになってしまう事になり金融機関の方はそちらの方が大きな問題になってしまうでしょう。何か月も返済が遅れるような人は非常に問題ですが、あなたはあまり気にしすぎる必要はありません。もし金利を低くしたいために増額を希望しているのであれば、すぐにでも申込みは可能ではないでしょうか。ただし、申込みの前の本当の問題はあなたの言う滞納だけなのかどうかは良く確認しておかなければなりません。

多少の返済遅延は問題視されるようなことはありませんが、申込めばそれだけで増額されるわけではなく、審査が行われるのですから、自分では考えていなかったような問題が潜んでいる可能性も有ります。例えばあなたはローンの返済ばかりに目が行って他の支払いである公共料金や電話料金、クレジットカードの支払いなどはどうなっているのでしょうか、そちらもカードローンと同じように返済が遅れていて、しかも何か月も支払っていなかったと言うような事があると審査では問題視されるかもしれません。

もう一つ憶えていてほしいのは、あなたがどうだったかは知りませんが、返済が遅延しそうな場合にはそれが分かった時点で金融機関側に連絡を入れるようにします。督促状は届くかもしれませんがその方が金融機関の受ける印象は良くなります。連絡する場合にはいつまでに支払うと言うことを明確に言っておくことが大切です。そうすれば金融機関の方でも支払日が把握できますから安心できるわけです。怖い対応されたらどうしようなどと考えず正直に話しておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの返済にまつわる大きな間違いとは

カードローン借入額増はいつから受け付けられるか

銀行系や消費者金融系などが提供しているカードローン、キャッシングなどのサービスは、通常の目的別ローンとは少し異なるシステムになっています。まず、利用可能な金額の上限を金融機関が独自の判断で決めておき、利用者はその範囲内でいくらでも好きな金額を借り入れできるようになっています。また、解約するまではこの設定がずっと継続していますので、約定通りの返済をきちんと行っている限りは、この限度額の範囲内で自由に追加借り入れや繰り上げ返済ができます。これらの手続きに特に費用や申込などは必要ありませんので、自分の預金をキャッシュカードで出し入れしているような感覚になり、気がつけば利用限度額一杯まで借り入れをしていたというケースも少なくありません。

限度額一杯まで借り入れをしたら、当然それ以上の融資は受けられなくなります。さらに現金が必要になったときには、借り入れをしている金融機関に連絡をして、限度額の増枠を依頼することで、借り入れができる上限が高くなるのでその差額分を追加借り入れすることができます。カードローン借入額増はいつから受け付けてもらえるかというのは金融機関によりますが、少なくとも借り入れをスタートしてから短期間で依頼しても断られることがほとんどです。基本的には、利用者がきちんと返済を継続する信頼に値する人物かどうかと言うことがネックになってきますので、大体半年から一年以上、滞納などをせずにきちんと返していけていれば増枠に応じてくれるというケースが多いです。業者の中には自社のホームページなどで、いつから増枠の申込を受け付けるかと言うことを明確に記載しているところもありますので、一度問い合わせをしてみるのも良いでしょう。ただし、銀行系以外は年収の3分の一以上の融資ができないという制限がありますので、自身の年収や現在の借入額によっては利用期間が長くても増枠に応じてもらえないケースもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.