審査が不安ですカードローン増枠の裏技のようなものは有りますか

よく言われるようにカードローンの利用限度額はしっかり利用していれば6か月程度で増額してもらえるらしいので、来月で6か月が経過することもあって増枠して貰おうと思います。今のままでは金額は足りていてもかなり金利が高いので、限度額増枠と一緒に金利が下がるのであれば同じような借り方をしても、返済総額は少なくなると言うことになるのでその方がお得だと考えました。ですから増枠と言うよりも実際には金利の見直しが目的と言うことになります。

しかし心配なのは増枠の申込みで行われる審査です。特に問題が有るとは考えていませんが、それでも自分が審査されるのは良い気分ではありませんし、自分では把握していないような問題が有るかもしれません。できれば審査など無しにしてほしいものです。まあそうもいかないでしょうから、なるべく有利に審査を進めたいのですが、増枠の審査に向けたなにか裏技のようなものは無いのでしょうか。例えば定期預金口座を作れば有利と言うならすぐに口座を作っても良いのですが。

そのような裏技はありませんので普通に審査を受けてください

そんな裏技が有れば、すぐに広まってしまってとっくの昔に裏技でも何でもなくなってしまっているでしょう。金融機関は返済が滞ればそれがそのまま赤字になりますから、審査は極めて厳密で公平に行われる事が要求されます。したがって残念ながらいくら定期預金口座を作ったとしても金融機関は喜ぶかもしれませんが、そのことが増枠の審査に影響すると言うようなことは有りません。他の人と同じように申込んで審査を受けなければならないのです。

ただし審査に通るのはそう難しいことではありません。あなたの言うように6か月できれば9カ月程度問題なく利用していてそれなりの収入の裏付けが有れば特に断わられると言うことは無いはずです。したがって審査を受けるのは良い気持ちはしないかもしれませんがそれほど神経質になるようなことではありません。あなたの言われるように金利的にも有利ですから、増枠してもらえるなら素直に審査を受けて早いうちに増枠してもらってしまいましょう。

ただし金融機関によっては金融機関側から増枠の案内が出る場合も有ります。こういう場合は自分の方から申込むのに比べて審査に通る可能性は高いと言われているので、あなたの利用しているカードローンが金融機関側から連絡の来るものであるのであれば、自分で判断するのではなく、素直に案内が来るまで待った方がより安心できるのではないでしょうか。あまり焦って断わられるよりもずっと良い方法と言えます。

また増枠とは直接関係ありませんが地方銀行などではあなたが言うように定期預金口座を開設した場合カードローンを利用していると金利が優遇されたりするものが有りますので、メガバンクのカードローンも良いですが、近くの地方銀行にも魅力的なカードローンが有りますから、利用しているところを良く調べてみることを勧めます。増枠で金利が見直され、さらに定期預金で優遇されるのであればこんな有利なことはありません、利用しない手はないのです。
(⇒地元の信用金庫でカードローンの契約をすることもオススメ

カードローン増枠の裏技はあるのか

カードローンを利用していて思うことは、もう少し利用できる金額が増えればなぁということです。日々の利用はもちろん、いざというときに利用できるような枠であれば、余裕のある利用が出来るからです。では、そのカードローンの枠を増枠させればよいのですが、基本的にはその方法は2つしかありません。収入の増加と実績の積み重ねです。現在消費者金融では総量規制の導入により、年収の3分の1までしかお金を貸し出してはくれません。(こちらも参考にどうぞ!→年収の3分の1以上の融資が可能なカードローン)例えば年収600万円の人であれば200万円までしか借りることは出来ません。ところが年収が750万円になれば250万円まで貸し出すことも可能になるからです。もう一つは実績の積み重ねですが、貸し手としてはきちんとお金を返済してくれる人にしかお金を貸しません。ですから、長年きちんと返済してきた人からの増枠依頼は受け付けてくれます。

しかしながら、給料の増加や返済実績の積み重ねには時間が掛かります。そこでもう少し簡単に増枠できるようなカードローン増枠の裏技というものがあります。まず、最初に申し込むときに自分がほしい金額よりも少し少なめの金額で申請します。そしてその範囲内で無理なく返済を行います。時には返済日以前に繰り上げ返済を行います。余裕のある借り入れなので、こまめに借り入れと返済を繰り返せばそれだけで簡単に実績の積み重ねになります。そこで増枠依頼を行えば、返済能力があるとして通常よりも早く増枠の対応が可能となります。

もう一つは、無利息期間のある消費者金融を利用することです。既に借り入れているA社とは別のB社からお金を借り入れ、そのお金でA社の借り入れを返済します。無利息期間というのはたいてい30日間ですので、その期間内でA社で借り入れと返済を繰り返し、B社の返済期限が来れば完済します。そしてB社を解約します。こうすればB社の融資枠はゼロになり、A社での実績だけが残ることになります。このように上手く活用すればカードローンの増枠申請は早くなり、利用しやすくなります。

【参考ページはこちら】
銀行系、消費者金融、信販系、カードローンを選ぶならどれ?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.