銀行カードローンを一度に複数申込みするとどうなる?

30代の自営業者の男性です。今度個人的な理由でカードローンの申し込みを考えています。銀行のカードローンが希望です。なぜなら、消費者金融のカードローンに比べて金利が低いからです。

だから絶対に銀行のカードローンしかないと思っています。そこで必ず銀行カードローンから融資を受けられるように一度に複数申込みを考えているのですが、どうでしょうか?

複数申し込みは百害あって一利なし!

そうなのですか…銀行カードローンの一度に複数申込みを考えているのですか…お気持ちは十分理解できますよ。「申し込みの手間を少しでも省きたい」とか「もし断られた場合でも滑り止めをしていれば安全」といった理由なのでしょうね。

「複数申し込めば、1社くらいは審査に通るだろう…」「申し込み件数を増やせば、それだけ審査に通る確率も上がるだろう…」と考えてしまうのはもちろん分かります。でも…そんな考え方はまったくの素人考えであると言ってよいのです。

なぜなら、銀行カードローンの一度に複数申込みは“百害あって一利なし”だからなのです。その理由について述べましょうね。まず銀行カードローンへの申し込みはすべて信用情報機関に記録されてしまいます。(こちらも参考にどうぞ→カードローンに申込むと記録が残っちゃうって本当?

そして、この事が示唆するものは、複数申込みした各銀行が一度にいくつもの銀行のカードローンに申し込んでいる事実を知ることができるということなのです。なぜなら、銀行のカードローンの審査では必ず信用情報機関に与信をかけて借手の信用度や信頼度を調べるからなのです。

そして、一度に複数申込みの事実を知った銀行カードローンの審査担当者がどのように感じるかと言えば、「この人はこんなにたくさんのカードローンに申し込むほどお金に困っているのか…?」「こんなにたくさんのカードローンからお金を借りて返済はどうするのか…?」といったような、一度に複数申込んだあなたの意図とは関わりなく、あなたに対して非常にマイナスなイメージを抱くことになってしまうのです。

つまり、あなたの信用度に対して深い疑義の念を抱かざるを得なくなるということなんです。そのようなマイナス印象を与えてしまってカードローンの審査に果たして通してくれると思いますか?

そうですね…答えは明白ですよね。そうなると銀行のカードローン審査に通るのは非常に厳しくなってしまうのです。それゆえ、銀行カードローンの一度に複数申込みは、百害あって一利なし、つまり審査に通るどころか余計に審査に通り難くなってしまうだけなのです!

では、「銀行カードローンに一度に何社くらいなら申し込んでも大丈夫なのか?」と問われれば、答えに窮してしまうのです。なぜなら、何社までなら問題は無いとは言い切れないし、そう言い切れる根拠も無いからなのです。

しかし、ひとつ確かな事を言えば、手間暇を惜しまずに、1社申し込んで落ちたら次に別の1社の銀行カードローンに申し込んでみるといったことでしょうね。でも次から次へと続けて申し込むこともNGですよ!

【参考ページはこちら】
消費者金融のカードローンを何枚も作るのは違法なのか

銀行カードローンへの一度に複数申込みする場合の注意

カードローンも、銀行カードローンの場合は低金利、融資限度額が大きい、総量規制対象外など消費者金融のカードローンと比べてもよりメリットが多くなっています。それゆえに、カードローンは銀行のものを利用したいと考える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。カードローンを利用するにはまずは申し込み手続きを行うこととなります。銀行のカードローンの場合は担保や保証人は必要としませんので、身分を証明できる運転免許証やパスポート、健康保険証などを用意しておきます。申し込みは来店、インターネット、電話などで行うことができ、申し込み後は短時間で仮審査の結果がわかりますので、その後本手続きを行うこととなります。

そして、仮審査がクリアできれば、本審査もそのまま通ることが多いですが、時には本審査で落ちてしまう場合もあります。
この場合、考えられることでは在籍確認が取れなかった、仮審査と本審査の内容に食い違いがあるなどがあげられます。(こちらもご参考にどうぞ→在籍確認なしのカードローンってあるの?
そしてそのほかの理由としては一度に複数申込みをしていることもあげられます。審査にクリアしたいためにできるだけ多くの業者から審査を受けたいという気持ちのある方もいらっしゃるかもしれませんが、短期間に多くの業者で審査を受けていると、それだけお金に困っているという印象を与えかねません。

それに複数社に申し込んでいると多重債務に陥る可能性があると判断される場合もあります。それゆえに一度に複数申込みを行う場合であっても、何社にも申し込むのではなく、2社程度にとどめておきたいものです。そして一度、審査に落ちてしまった場合は、すぐに最申込をせずに、しばらく期間を置いて申し込んでみるようにしましょう。申込情報についても各社で共有できるシステムがありますので、短期間に複数の業者に申し込んでいるという記録は一定期間残ってしまいます。それゆえに審査にクリアするためにも、一度に多くの業者への申込は行いよう気をつけたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.