カードローン審査でショッピング枠関係する

キャッシングベスト3

カードローンの審査ではショッピング枠は関係ないのでしょうか?

都内の大手製鉄会社でOLをしている29歳の女性です。今度、大学時代の友人の結婚式に参列することになりまして、その結婚式のお祝い金をカードローンで借りようと思っています。

が、…ひとつ気になる事があるんですよ…それはクレジットカードのショッピング枠を現在利用しており、毎月リボ払いをしているんです。そこでカードローンの審査ではクレジットカードのショッピング枠は関係ないのでしょうか?

ショッピング枠利用は審査に影響すると考えろ

カードローンの審査で対象となるのは他社からのカードローンの借り入れ、つまり「現金」の借金のみと考えている人が多いと思います。が、実はクレジットカードのキャッシング枠の利用に加えて、ショッピング枠利用によるリボ払いや分割払いは借金と見做されてカードローンの審査に少なからず影響する場合があるのです。

つまり、買い物の借金は「現金」の借り入れとは異なる概念と考えてしまいがちですが、実はクレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象となってしまうことで、カードローンの審査に影響してしまうのです。

たとえば、年収が300万円だと総量規制では約100万円がカードローンの利用限度額となります。そして、仮にクレジットカードのショッピング枠ですでに50万円分利用していたとしたら、消費者金融のカードローンでは残り50万円が利用限度額になると言うことなのです。

また、利用限度額の100万円をすでにショッピング枠で利用していたら、カードローンの融資枠はゼロとなり審査に通りません。その一方で、消費者金融で年収の3分の1までお金を借りていても、クレジットカードのショッピング枠内での買い物なら規制されません。

つまり、ショッピング枠それ自体は総量規制の対象外となる一方で、カードローン利用との兼ね合いでは総量規制の対象になるようなのです。やや理解しづらい面があると思います。

以上の事から、カードローンの審査に通る確率を上げたいのであれば、ショッピング枠の利用は避けるか、あるいはクレジットカード自体を解約した後にカードローンの審査に申し込むと良いと思われます。

他方で、ショッピング枠の利用と総量規制とのややこしい関係性を避けたカードローンを選びたいのであれば、銀行のカードローンでしょうね。銀行であれば総量規制の対象外なので収入の3分の1を気にする必要はありません。

それゆえ、ショッピング枠の利用はカードローンの審査に影響しないと考えることができます。が、クレジットカードの利用歴は信用情報機関に記録されますので、銀行のカードローンの審査では信用情報機関に与信をかけますので、この事実は知られることになります。

その際にショッピング枠の利用は多いと、やはりそれは借金を見做されることから返済能力に疑問がついてしまうことで審査に影響すると十分に考えられるのです。それゆえ、総量規制の対象外である銀行のカードローン審査においても「ショッピング枠は関係ない」とは言えないと思います。

そのことから銀行のカードローンにおいても、審査を考えればショッピング枠の利用は控えた方が賢明と言ってよいのではないでしょうか。

カードローンの審査にショッピング枠は関係ないことは知られていませんね

カードローンは他のクレジットカードと違い、現金を借り入れるローンです。審査についても、所得や他の借入状況を踏まえて行われます。その際、他の借り入れであまり考慮しなくて良いのがショッピング枠は関係ないということです。カーロドーンに限らず、ローンで現金を借りる際には所得の一定額までにしなくてはいけない法律があります。そのため、各社では他の借り入れ、特に、現金の借入状況を厳しくチェックします。ショッピング枠は商品を買うための融資枠ですのでチェックは入らないのが一般的です。ただし、ショッピング枠といえども借りすぎはやはり審査に影響はします。

カードローンの審査はショッピング枠とキャッシングの枠と別々に行われていることは余り知られていないようです。日々の生活費をクレジットカードのショッピング枠を使って一回払いで行っている場合に、月末の借入自体は多くなっているので他の借り入れとして額面が多いと考え、カードローンは審査が通らないと勘違いしている方も少なくないようです。カードローンはあくまでも現金の借入をチェックします。他の会社や他のローン商品で現金の借入が収入のある一定を超えているような場合は審査が通らないことがほとんどです。

ただし、ショッピング枠を計画的に利用している場合はかえって利用実績が認められてカードローンが通ることも少なくありません。カードの利用実績は消費者金融や銀行が出資している信用調査会社のデータに蓄積されますが、計画的に利用して返済している場合には優良顧客として優遇されることが多いようです。ローンは現金でも車でも貸し出す際には顧客が返済できるかをチェックしますが、それと合わせて、きちんと使ってくれるかもチェックされます。契約だけして利用しない顧客は利益に繋がらないためです。そのため、ローンのチェック時にショッピング枠は考慮されませんが、利用実績は考慮されます。利用実績をを高めて有利に勧めるためにも計画的に使っていくことが重要です。

【参考ページはこちら】
どうしてカードローンの審査に通れないのか教えて!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.