カードローンの審査基準はまちまちなんです

キャッシングベスト3

カードローンの審査基準について教えて下さい

派遣社員として働いている37歳の女性です。クレジットカードでショッピングはたまにしますが、お金を借りたことは実は今までありません。と言うのは、あえてお金を借りなければならないような緊急事態が無かったことが理由と思います。

が、自分のスキルアップのためにIT専門学校に入学することが決まったので、その学費等に少しお金が必要になったんです。そこで今度初めてカードローンで少しばかりお金を借りてみようかなと思っているのです。

しかし、なにせ初めてなので右も左もよく分かりません。カードローンの申し込み方法は分かりますが、審査については少し不安なんです。そこで前もってカードローンの審査基準について知っておけば、少しでも不安が減ると思うのです。

そのことから是非ともカードローンの審査基準について教えて欲しいのです。よろしくお願いします。

カードローンの審査基準はまちまちなんです

わかりました!カードローンの審査基準について教えましょう。カードローンの審査基準は、実は金融機関によってまちまちな面があると言ってよいのです。それゆえ、「これがカードローンの審査基準」といったような普遍的な基準は無いと言ってよいのです。

その一方で、銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも、カードローン全般において共通した審査基準というものはあると考えられます。それは借手の信用能力と返済能力に関する審査基準です。
(⇒銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査を比較

信用能力とは「この人にお金を貸しても大丈夫か?」といったことです。一方、返済能力とは「この人にお金を貸してもきちんと返してくれるのか?」です。そして、信用能力を審査する共通した審査基準として挙げられるのは、継続した一定の安定収入があるかどうかなのです。

継続した一定の安定収入のあることが「この人にお金を貸しても大丈夫なのか?」との疑問に対する答えとなります。つまり、安定した収入があれば「この人にお金を貸してもまず平気だろう…」となり、信用能力の審査基準をまずクリアできたことになると言えるのです。

加えて、年収・勤続年数・勤め先・職業等の個人属性に関する評価も各々の金融機関の審査基準に照らし合わせて信用能力を計ります。たとえば、銀行のカードローンの審査基準では、公務員や正社員との個人属性が一番信用能力が高いと見做され、逆にパートやアルバイトといった属性は信用能力が低いと見做される場合はあります。

他方、消費者金融のカードローン審査では、このような個人属性に関する明確な色分けは無い、あるいは弱いと言ってよいでしょうね。返済能力については、信用情報機関に与信をかけて借手の収支状況を審査基準に照らし合わせて調べると言えます。

たとえば、とある審査基準では他社からの多額の借り入れがあったり、複数社からの借り入れがあったりすると審査に通してくれない場合があります。逆にそのような借金があっても審査に通してくれる審査基準が甘めなカードローンもあるのです。

つまり、審査基準は同じであっても、審査基準のハードルが各金融機関によってまちまちであると言うことなのです。以上の事が、カードローンにおける共通した審査基準と言ってよいでしょう。そして、この共通した審査基準のハードルが高いか低いかで、審査が厳しめか緩めなのかが分かれると考えてよいでしょう。

カードローンの審査基準では何が重要なのか

カードローンはとても便利なサービスなのですが、利用する前には必ず審査を受ける必要があります。この審査は融資したお金をしっかりと返済してもらえるかどうかを調べるためのものであり、具体的には申し込んだ人の仕事や勤続年数、居住年数、年齢などといった属性を調べることになります。銀行系のカードローン会社の場合、年収を重視するところが多いのですが、消費者金融系の会社では、年収よりも安定した収入があるかどうかを重視しています。また、仕事の種類も審査の対象となっており、その仕事に就いてからどのくらい経っているのかということも審査のポイントです。居住年数とはその家に住んでいる年数のことなのですが、引越しが多いと不利になる場合があります。

カードローンの審査の中でも特に、在籍確認が重要と言われています。この在籍確認というのは、申し込んだ時に書いた会社に実際に勤めているかどうかを調べるものであり、会社に電話がかかってくることになります。この時はカードローン会社の名前が出されることはなく、担当者が個人名を使って電話をしてくるため、会社の人に申し込んだことを知られる心配はありません。

カードローンの審査基準については、利用する金融機関によってそれぞれ異なってくるのですが、金融機関は貸したお金がきちんと返ってくるかどうかを気にしています。勤続年数はお金が返ってくるかどうかを見定める要素の一つであり、同じ会社に長く勤務している人は社会的信用がありますし、貸したお金がしっかり返ってくるだろうと予想できるのです。逆に勤続年数が短い場合、その人の信用度は低くなってしまうため、新入社員などは借り入れが難しいと言えます。しかし、たとえ勤続年数が長くても他の金融機関からの借入金が多いという場合、安定した収入があっても信用度は低くなってしまいますし、勤続年数だけで審査に通るかどうかが決まるわけではないので注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.