仕事をしている嘘は審査ですぐバレます!

キャッシングベスト3

仕事をしていると嘘をついてもカードローンの審査に通りますか?

現在無職の36歳の男性です。先日、仕事先の上司でちょっともめまして仕事を辞めてしまったんです。仕事を辞めたことで今月の家賃を払えなくなりました。もちろん、すぐにでも次の働き先を探すつもりです。

が、差し当たって目前にある家賃の金をどうにかしないといけません。そこで今回に限って、仕事をしていると嘘をついてカードローンに申し込もうと思っているんです…

嘘をついてカードローンに申し込んでも1回くらいなら平気ですか?やっぱりまずいですかねえ~?また、仕事をしていると嘘をついても審査でばれませんよね?

カードローン審査で嘘は禁物!

当たり前のことですが、嘘をついて良い筈はありません。また、カードローンの審査に望むに当たって、嘘は絶対にダメです!なぜなら、嘘をついても必ずばれるからです。さらに言えば、嘘をつくような人には絶対にお金を貸してくれませんよ!

審査で嘘がばれてしまうと、その金融会社では要注意人物とマークされて、たぶん二度とその金融会社のカードローンでは審査に通してくれないと思われます。加えて、嘘をついた金融会社だけでなく、他の金融会社のカードローンに申し込んでもマークされて審査に通り難くなってしまうことだって考えられるのです。

カードローンの申し込みや審査において、嘘や偽りをする人は実際にいます。たとえば、一番多い嘘と考えられるのは、「年収の嘘」でしょうね。カードローンの申込書の記載で年収を多少水増しして書いてしまう人はいます。
(⇒カードローンを申込む時にウソの年収を書いたらヤバい?

加えて、現在の借り入れ額について過少申告してしまう嘘も多いようですね。また、勤続年数等の個人属性に関する嘘もあります。以上のような嘘は、必ず審査の過程でばれると考えて下さい。

そして、あなたが考えている「仕事をしていると嘘をつく」ことは、簡単に審査でばれてしまうと思いますよ。なぜなら、審査では在籍確認が必ずあり、どのカードローンの審査でも在籍確認の電話が職場や自宅にかかってきます。

それゆえ、嘘の職場や勤め先を書いても、在籍確認をすればすぐにばれてしまうのです。また、原則として50万円以下の借り入れなら収入証明書や給与明細書の提出は不要となりますが、もし収入証明書や給与明細書の提出を要求されたらどうしますか?…嘘をついて切り抜けられますか?…

カードローン審査では収入証明書や給与明細書の提出を要求されてケースは多いのです。つまり、カードローンの審査について必要以上に怖がる必要はないのですが、甘く見てしまうことはもっと禁ずべき行為と言えるのです。

そして、「仕事をしている」との嘘が審査でばれてしまったら、もう二度とカードローンを利用できなくなるかもしれないのですよ!その覚悟があるのであれば、ご自身の思うようにカードローンに申し込んでも構いませんよ…。

カードローン審査で仕事をしていると嘘をついてはNG

お金がどうしても必要になる時というのが、人生の中では何度もあります。カードローンは使用目的が限定されず、審査も即日行われることが多いので利用しやすいものですが、信用してお金の融資枠を設けてくれるので、仕事をしていると嘘をつくなどは厳禁で、信用を損なう事は重大な規約違反にも繋がります。

カードローンをつくる場合、融資枠を広げたいという理由で、提出書類に書く年収や勤務歴を偽った場合、嘘が発覚して利用できなくなる可能性が高くなります。カードローンをつくる際、身分を証明することができるものの控えを提出する事が求められます。身分証明書とパーソナルデータに記載されていることが違うとすぐに嘘が発覚しますし、融資額を高くしたい場合は、収入証明証の提示も求められる事が多く、それによって年収などの記載も確認されてしまうので、借りる側に関わる重要な事項であればあるほど、ローン会社は信用できる人なのかを確認する必要があるので、嘘が発覚しやすくなるのです。

また、デメリットとして大きいものが、嘘をつく人とローン会社に判断されてしまうことです。嘘をついてお金を借りようとするのだから、カードローンを作るために何か反社会的な事実があると判断されてしまい、本当なら審査が通り融資が下りそうだったのに嘘をついていたということが発覚すると、融資自体が取りやめになってしまい、お金が借りられなくなってしまいますし、情報機関に通知されてしまう恐れがあるのです。ですから、カードローン審査の場合、嘘は大きく影響してしまうので、借り入れる人には誠実さを求められるのです。

仕事をしていると嘘をつくなどして限度額を増やすのではなく、自分の現在の状況がどれくらいの融資を受けられるのかを素直に照らし合わせて融資してくれるローン会社を探すほうが安全なのです。間違って嘘の申告をして審査が通ったとしても、いずれ借金を負い大変な状況に陥ってしまうことが考えられるので、無理な借入れは避けましょう。

【参考ページ】
カードローンでもっと借りたい時には増額審査を受けてみて

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.