カードローンに落選しても再び申し込み可能

キャッシングベスト3

カードローンの申し込みに落選してしまう理由を教えて下さい

40代のサラリーマンの男性です。実は先日申し込んだカードローンの審査に落選したんです・・・。ちょっと憂鬱な気分です。そこで続けてカードローンの申し込みを考えているのですが、なにか良いアドバイスがあればよろしくお願いします!

カードローン落選したら申し込み控えてもよい

カードローンの申し込みの審査で落選することは珍しくないのです。「審査が甘くて通り易い」と言われている、某大手消費者金融の審査であっても約4割の人が落選するのです。それゆえ、仮にカードローンの審査で落選してもそんなに気落ちする必要はないのです。

さて、カードローンの審査で落選した後の申し込みに関するアドバイスをしてみましょうね。まずカードローンの審査に落選したなら、自分なりに落とされた理由を考え反省することが必要と思います。なぜなら、自分なりにでも落選した理由に気づかなければ、申し込みの再チャレンジしてもよい結果を得られないと思われるからです。

審査に落選する理由はいくつか考えられます。たとえば、「他社からの借り入れが多い」「申込書の記載に不備があった」「年収を多少偽って書いてしまった」「一定の安定収入に問題がある」等の原因を挙げられます。

もし、自分がそれらの理由に思い当たる点があるのであれば、その点を改善してから再度申し込みをした方が審査に通る確率は上がると思いますよ。次に指摘したいのは、一度くらいの落選なら再チャレンジしてみても良いということです。

ただし、他の会社のカードローンに申し込むことと、上記の落選した理由に該当しないことが再チャレンジの条件となります。再チャレンジの理由としては、金融会社によって審査基準が異なることで審査が厳しめであったり甘めであったりするからなのです。

たとえば、銀行のカードローン審査で落選したら、再チャレンジ先は審査が甘めと言われている消費者金融のカードローンにするのです。つまり、「次は確実に審査に通るぞ!」といったような戦略性を意識して申し込むことが肝要になるのです。

ただ悪戯に漫然と申し込んで落選を重ねる行為は愚の骨頂です!なぜなら、申し込み履歴と落選の履歴は信用情報機関に記録として残るからです。さらにアドバイスすれば、カードローンに落選した記録の無い信用情報機関に与信をかける金融会社のカードローンに申し込むことです。

と言うのは、金融会社を変えても、落選した記録のある信用情報機関に与信をかける場合はまた審査に落とされる確率が非常に高いからなのです。最後の点としては、一度カードローンの審査で落選したら、ちょっと申し込みを控えることも大切ということです。(こちらも参考にどうぞ→何社ももカードローン会社に申込みをするのはヤバイ?

具体的には、少なくとも3か月、できれば半年くらいは冷却期間を置いてからカードローンの申し込みに再チャレンジした方が良いと思います。なぜなら、続けて申し込んでも落選する確率だけ高くなって、かえって自分の信用情報にキズだけを増やしてしまうからなのです。

カードローンの申し込みに落選したときは

銀行や消費者金融系などのカードローンやキャッシングなどの無担保の融資は、基本的に審査を受けてそれに通ったときに融資を受けることができます。これらの審査は利用者の勤務先や勤続年数、年収、居住年数、家族構成、他社からの借り入れ状況など様々な本人が記載した内容を元に調査すると共に、信用情報の調査をしたり、在籍確認のために職場に電話をかけるなどが主流となっています。一般的には、融資の審査は銀行系が厳しく、信販系会社、消費者金融系の順番で融資を受けやすくなると言われていますが、同業者によっても審査基準や厳しさは異なってきますので、借りやすい所を探してみるとよいでしょう。

カードローンの申し込みに落選したときには、すぐにいろいろな業者に借り入れを申し込むのはあまりおすすめできません。何箇所も急に手続きをすると、その情報は金融機関が共有しているデータベースに掲載されることになり、申し込みブラックとしてどこからも融資が受けられなくなります。こうなると、この記載は半年近く残されてしまいますので、しばらくの間全く借り入れができません。(こちらもご参考にどうぞ→ブラックでも銀行系カードローンで借り入れをする方法)そのため、一度失敗したときにはすぐに次を場当たり的に利用するのではなく、どこの融資が受けやすいかと言うことを調べてから手続きをするようにしましょう。審査に通らないケースとしては、年収が不十分であったり、他社からの借り入れが膨らみすぎていたり、これまでに債務整理や滞納などをしていたことがあるなどが考えられます。年収は銀行系であれば、特に制限なく借り入れができます。他社からの借り入れについては、これが多すぎると融資はどこでも受けられなくなる可能性が高いため、できるだけ手元にある現金の範囲内で生活するようにしましょう。債務整理や滞納があると、ほぼどこからも融資が受けられなくなりますが、この記載は大体5~7年程度で消失しますので、それまでは現金払いでしのぐようにするとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.