カードローンの審査比較は借入の基本です

キャッシングベスト3

銀行と消費者金融のカードローンの審査比較するとどっちがいい?

今春に念願の商社に入社できた新社会人1年生です。勤めている会社は自分にとって憧れの商社だったので入社できた今は感無量です。で、会社の先輩にゴルフを勧められており、自分でも社会人としてゴルフのひとつくらいは嗜んでおいた方がいいかなと考えてもいるので、思い切ってゴルフ道具一式を揃えようと決めたんです。

が…新卒の給料では先立つお金がなくて…そこでカードローンでお金を借りようと考えたのです。で、銀行と消費者金融のカードローンの審査比較について是非ともお聞きしておきたいのです。よろしくお願いします。

銀行厳しめで消費者金融甘めが定説です

そうですか…わかりました。あなたの質問に答えてみましょうね。まず先に言いたいことは、銀行でも消費者金融でも、審査の内容は公表されていないのです。それゆえ、カードローンの審査比較と言っても、ここで触れる内容はあくまでも推測の域を出ていないことを了承して下さいね。

では始めましょうか・・・。審査比較と言っても銀行と消費者金融とでまったく異なる審査をしている訳ではありません。強いて言えば、審査の内容は銀行も消費者金融も同じと言って差し支えないのです。

そして、審査で調べられることは、借手の信用能力と返済能力の2点であると言えるのです。信用能力については、信用情報機関に与信をかけて、「この人にお金を貸しても平気かどうか?」を調べます。

具体的には、過去の借り入れ状況や返済の延滞の有無、さらに自己破産や任意整理等の債務整理をして金融ブラックでないかどうかを重視します。ここでなにも問題が無ければ、信用能力はひとまずパスしたと言ってよいでしょう。

一方、返済能力に関しても、信用情報機関への与信情報で審査します。たとえば、他社からの借入額や複数社からの借り入れがあるのかどうかを確認します。また、信用能力と返済能力の双方で重要視されることは、継続した一定の安定収入の有無となります。

安定収入が無かったり、無職で無収入であるとまず審査に通らないと考えてよいでしょう。加えて、年齢・勤め先・職業・勤続年数等の個人属性のスコアリング評価を加味して審査します。

たとえば、正社員や公務員は個人属性として有利になる一方で、アルバイトやパートは個人属性の点でやや劣ると言った具合です。そして、審査比較に関して言えば、上記のような銀行でも消費者金融のカードローン審査においても共通する審査項目において、どのような審査基準を設けているかとなる訳です。

そして、銀行と消費者金融とを審査比較してみると、銀行では正社員や公務員が有利となりアルバイトやパートはやや不利になる一方で、消費者金融の審査では正社員であるとかアルバイトであるとかいった働き方それ自体を問わない、差をつけない基準になっていると言ってよいのです。

そして、そのような審査比較における差異によって、銀行の審査は厳しめで消費者金融の審査は緩めと見做されることになると考えられるのです。

実証!カードローン審査比較をしてみよう

カードローンを契約する時は、銀行や消費者金融会社で契約する必要があります。一般的に審査については、銀行は数日かかり、消費者金融会社は即日で回答が出ます。その審査基準については、それぞれ違うためにカードローン審査比較をします。まず共通の審査基準となる項目がいくつかあります。1つ目は成人であるかどうかということです。2つ目は他の金融機関で多額の借り入れをしている場合は、審査が通らないということです。これらの2つのことについては、基本的な審査項目となります。

次に共通していない、独自の特徴について説明します。銀行については、アルバイトやパートを除いた定職に就いており、毎月安定した収入がある必要があります。毎月の給料が安定していない場合は、審査が厳しくなります。また、他の金融機関からの借り入れも少額であれ、審査には通らなくなります。申請する前に必ず完済してから、申請する必要があります。また、最近まで借金をしていたとすれば、それもマイナスに取られる場合が多いです。借金を完済してから、5年程度経過している必要があります。銀行はそれらのマイナス要素がなければ、審査に通ることが可能です。また、保証人が必ず必要になります。

反対に消費者金融会社の場合は、比較的審査に通りやすい傾向があります。職業がアルバイトやパートでも、毎月定期的に収入があれば、比較的審査は通ります。また、専業主婦の場合も、夫の稼ぎに余裕があれば審査が通ることもあります。さらに、他の金融機関からの借り入れについてですが、借り入れがあっても収入の3分の1を超えていない限りは、その範囲内でお金を貸してくれます。また、最近借金をしていて、現在返済中でもあまり問題はありません。さらに、完済したことが最近であっても、審査になんら影響はありません。さらに、保証人は必要ありません。このように、銀行と消費者金融会社では、審査基準に違いがあり、審査の通りやすさから言えば、消費者金融会社が有利です。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちた人にオススメの大手消費者金融

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.