リボ払いはキャッシングよりも損するのか

キャッシングベスト3

リボ払いとキャッシング、どっちがお得な支払方法なんですか?

クレジットカードでの支払いをけっこう利用しています。

先日、友人と出掛けた際に買い物でリボ払いを利用したら、あとから「リボ払いって、返済で損するからやめたほうがいいよ。まだキャッシングのほうがマシだよ」といわれました。私としては、特に損をしている気もしないのですが、いわれると気になります。

リボ払いって、キャッシングよりも損しちゃったりしてるんでしょうか?

リボ払いのシステムを理解していないと損する可能性も!

まず、リボ払いのシステムから話していきましょう。

リボ払いというのは、正式には「リボルビング払い」といいます。クレジットカードには、大抵はこの機能が当然のようについています。

さて、このリボ払いがどういうものかといういうと、毎月カード会社に決まった一定の金額を支払います。これはカード会社から指定される場合もありますが、ほとんどは自分で決めることができるのが現状のようです。たとえば、毎月1万円コースと決めれば、実際の使用が1万円以上であろうと以下であろうと、毎月この1万円という金額を、カード会社に支払うのです。

この場合、利用が支払い金額を支払っていれば問題はありません。しかし、上回っている場合がちょっと気をつけなければいけないところです。

毎月支払いをしているので、利用残高を気にしないでいると、支払っているお金よりも利用している金額が大きくなり、知らないうちに利用残高が大きくなっていることがあるのです。

リボ払いの場合、利用残高が0になるまでそのお金に金利が発生しますから、キャッシングの金利より低い金利であっても、長期間利用残高を残すことにより、最終的な支払いは同額をキャッシングで利用した場合よりも、金利を多く支払っていることになるのです。

ただ、支払いの設定金額よりも下回る利用を心掛けていれば、利用しているカード会社によっては金利が発生しないこともありますし、ちょっとずつ貯蓄してプラスになっている状態なら、何か非常時に大きく利用した場合でも、このプラス分から割り当てられることによって乗り切れることもあります。

要するにリボ払いのシステムを理解して上手に使えば、必ずしもキャッシングに比べて大きく損をするというわけでもないんです。

まあ、数日ですぐに返済するできるようなケースなら、クレジット会社のリボ払いやキャッシングではなく、消費者金融のキャッシングを利用したほうが、金利が低かったり、キャンペーンなどで金利が発生しないなどということもあるので、そのへんを上手に利用してみてもいいでしょうね。

リボ払いとは?キャッシングとは?判っていそうで判っていない用語

クレジットカードの支払いなどでよく使われる「リボ払い」と、いろんな場面で広く使われる「キャッシング」。すでに単語として浸透しているので、「リボ払いはリボ払いでしょ」「キャッシングはキャッシングだよ」と意味を考えることはあまりなくなってはいないでしょうか。では、リボ払いやキャッシングの意味やしくみは本当に理解できているでしょうか。

・キャッシングは広義と狭義で使い分ける言葉である!
まず、キャッシングという単語についてみてみましょう。広い意味では「お金を引き出すこと」です。キャッシュカードの「キャッシュ」は現金という意味を持っていますが、キャッシングになると、現金を引き出すという意味になります。それはローンでも同じ意味を持っていますが、中には「キャッシングとは、返済が1回払い専用の借り入れ方法」とキャッシングの意味を独自に設定しているケースもあるので、広義と狭義の使い分けはケースバイケースで行なう必要があります。

・リボ払いは「分割払い」?
ややこしいのは「リボ払い」です。分割払いという意味はもちろん持っているのですが、それならばわざわざ「リボ払い」なんて言葉を使わずに「分割払い」で済むことですよね?分割払いという意味以外には、どんな意味を持っているのでしょうか。

「分割払い」は1つ1つの買い物代金をそれぞれに考えた支払額を設定します。一方でリボ払いは全ての代金をひとまとめにして、その合計額に対しての返済額を決めていきます。

例えば、TVを10万円で、冷蔵庫を6万円で買ったとしましょう。「分割払い」ではTVの10万円を何回で払うか決め、冷蔵庫の6万円も別に何回で払うか決めます。TVを10回、冷蔵庫を3回で払うとした場合、TV分1万円と冷蔵庫分2万円の3万円が月々の支払額になり、4ヶ月(回)目は冷蔵庫分はなくなっているので、支払額はTV分の1万円のみとなるしくみです。(単純な説明のため、利息は考えていません。)

一方、リボ払いでは、TVと冷蔵庫の合計16万円を何回で返済するか、または月々いくらで返済するかを決めることになります。TVは10回で、冷蔵庫は3回で、というような決め方はできなくなりますが、トータルで月にいくら返せばいいのかが明快なのがメリットでしょう。デメリットとしては、総額が多ければ多いほど、利息に充当される額が多くなるのでなかなか元金が減らないことや、回数設定で自由な返済額の調整ができないことが挙げられます。

借り入れの返済方法は一長一短が必ずありますので、どの方法が一番便利でお得かを見極められるようにしたいものですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.