カードローンで延滞しただけで借りられなくわけではありません

カードローンを利用している者です。先日、うっかりして返済日を忘れそうになって慌てて返済をしました。近くのATMからでも返済できたので助かりました。そのとき、ふともし延滞したら、もう借りられなくなるのかと心配になりました。延滞したらどうなりますか?

滞納はマズイですが遅れてでも返済することです

自動引き落としで毎月、定額を返済するようにしておくと忘れなくてすむのですが、その手続きをしていない場合には、返済日までに毎月の最低返済額を返済しておかないと、いわゆる滞納とか延滞といった状況になります。

このとき、慌てずに気づいたらすぐに連絡を入れて返済をすることをおすすめします。というのも、延滞の場合は、金利が変わるのです。契約時に必ずご覧になっていると思うですが、「自分はそんなことはしない」と思っている人が大半ですので見逃していると思いますから、もう一度契約内容をチェックしてください。

延滞の場合、遅延損害金といった名称で、多くの場合20%程度に設定されていると思います。これは日割りで計算されますから、返済日から何日後に遅れて返済されたかによって、金額は変わります。つまり、早く返済したほうがいいのです。
(⇒遅延損害金についてももっと知りたい方はこちらへ

うっかり返済日そのものを忘れてしまい、何日も放っておくとハガキが来るはずです。いきなり電話などで催促されることはありません。ですから、こうしたハガキにも注意をしてください。ハガキが届いたときには数日たっていることが多いでしょうから、遅延損害金もそれだけ多くなります。

また、こうした一種の事故が起きたとき、いわゆる個人信用情報に記録されてしまい、以後の貸し出しに支障が出るのではないか、新たな借り入れが不可能になるのではないか、限度額が見直されてしまうのではないか、といった不安をお持ちになる人もいらっしゃると思います。

延滞については基本的に3か月以上の場合でなければ信用情報に記録されることはないと思ってください。それまでにハガキ、督促などをしていると思いますので、それにも応じないときは悪質な行為と見なされるのです。(こちらもご参考に→カードローンを延滞したら督促状が来るの?

つまり1度ぐらい、しかも、すぐに返済をする、遅延損害金を払うといった対応をしておくことで、信用情報に残るような問題にはならないと考えていいでしょう。

だからといって、約束をして借りているのですから、遅延、延滞は起こさないようにしたいものです。

できれば、自動で毎月最低返済額だけでも引き落としになるようにしておくと安心です。

カードローンの延滞はなぜ駄目なのか

最近では、さまざまな金融機関でカードローンというサービスを利用することができるようになりました。カードローンは、いざという時に簡単に現金を手にすることができる便利なサービスなのですが、延滞は絶対にしないように気をつけましょう。
延滞というのは返済が遅れてしまうということであり、返済日までに入金ができず、引き落としができなかった状態のことを言います。しかし、既に返済日が過ぎてしまっているとしても、そこまで悲観的になる必要はないということです。まず、何らかの事情で返済日までに入金ができなかった場合、すぐ金融機関の担当者に電話をする必要があります。返せないからといっていつまでも放っておくのは良くないため、できるだけ早く返済をすることが大切なのです。
(⇒カードローンは2日くらい返済が遅れただけなら大丈夫?

「返済できなかった」という記録自体が消えるわけではありませんが、早めに連絡をすることで印象が良くなるのです。ちなみに、返済している間はカードローンを利用することができません。返済が終了したら使える枠の分だけ再び借り入れできますが、延滞を繰り返していると借り入れができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。また、一度借り入れが不可能となったカードローンは、もう借りることができなくなってしまうということです。

もちろん少し返済が遅れたからといってすぐに利用停止になるわけではありませんし、1回の延滞情報がそのまま個人信用情報センターに登録されることはほとんどないのです。(こちらもご参考に→カードローンを延滞すると利用停止の解除はできない?)個人信用情報センターの登録には一定の基準が設けられており、数日返済が遅れた程度なら大丈夫ということです。しかし、その金融機関では延滞情報として数年間残ってしまうため、同じ会社でのローン申し込みはかなり不利な状態になるので注意が必要ですし、やはり返済は遅れない方が良いのです。カードローンを利用する時には返済の計画まで立てておくのが良く、返済日を守ってしっかりお金を返していきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.