いろいろやってみたけどどうしてもカードローン払えない場合

いつの間にか毎月の返済額が5万円を超えて、返済が苦しくなってきました。このままでは遅延どころか、返済できなくなりそうです。早めに手を打つべきだとは思うのですが、いったいどうすればいいのかもわからず不安になっています。

最初に相談すべきはローンの会社です

借金のもっともよくない点は、不安が増大して日常の仕事や生活にまで影響を与えることでしょう。「返せないかもしれない」と考えてしまい、眠れなくなる人もいます。この結果、返済するためにも大切な収入源である仕事で失敗をしてしまう、重大な決断でミスをする、そして大切な家族とケンカをしてしまう、といったマイナス面が出てきやすくなります。

結果的に「もうだめだ」となって、極端な結論に飛びつく人もいます。それはたとえばギャンブルに投じてみる。またはこれだけのお金を借りているとわかっていても、さらに貸してくれるような悪質な業者に頼ってしまう。くれぐれも、こうした極端な方向には行かないようにしていただきたいものです。

お金の問題を解決できるのはお金だけです。これを別の観点から見れば、これはお金の問題なので、その部分だけで解決するように努力すべきです。人間性であるとか、家庭とかまで及ぶようなことのないように、処理をすることが重要です。

というのも、お金は取り戻すことが可能ですが、人間関係や失った信頼、家庭を取り戻すのはとても難しいことだからです。それが、借金を負ったときに気持ちの上ではそれがもっとも大きな負担に感じられてしまい、必要以上に思い悩んでしまうと間違いやすいので気をつけていただきたのです。

精神論ではありません。きわめてシンプルな手順の問題です。いま、返済できないかもしれないという不安がある。このとき、真っ先に相談するべきところは? そうです。借りた先の相談窓口です。多くの人がこれをせずに、自分だけで解決しようとして、問題をこじらせています。ローンは、貸した側と借りた側がそろってはじめて成立している契約であり、そこだけにフォーカスしてきちんと対応すれば、不安で眠れないこともたまにはあったとしても、家庭崩壊や極端な連想をして不安を増大させることはなくなります。

多くの会社が窓口として相談のための専用電話を設けていると思います。そこに電話をしてください。そして素直に、冷静に、状況を伝えてみましょう。

ローン先との対応ではどうにもならない場合、次の方法を考えます。貸金業など業界団体にも相談窓口がありますので、そこも試してみてください。

それでもうまく行きそうにない場合は、弁護士や司法書士に相談し、債務整理について聞いてみること。やはり専門家の意見も必要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの返済遅れを繰り返してしまった時はどうするべきか

カードローン払えない場合はどうなるの?

カードローン払えない場合も人によってはあるかもしれませんし、現時点では支払うことができるという人でも、何らかの事情によって突然払えなくなることもあるでしょう。その場合、そのまま払えないからといって放置しておくのではなくて、必ず相談した上で対策を考えたほうがいいでしょう。

一番よくありがちなのが、カードローン払えないからといって、ほかからまた借り入れをしてくるというケースです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローン返済を延滞している時は新たに契約をすることはできない?)ほかからの借り入れはもちろんできるのであればいいのですが、それを借りたところで何の解決にもなりません。これはいわゆる自転車操業という形になってしまいますので、これでは意味がないのです。ですから、自転車操業をしてもまたその新たに借り入れたところを返済しなければいけないときが必ずやって来て、それを返済することができないからといってまた別のところから借りてくるという何度も同じことを繰り返してしまうことになります。

そしてついには、新規でカードローンを作ることができなくなることもありますから、この方法は決していい方法とはいえないのです。ではどうすればいいのか、それは、まずはカードローンの会社に連絡をしたほうがいいでしょう。連絡をすれば相談に乗ってくれるはずですし、連絡なしで支払いの延滞をするよりは、連絡を入れているほうが心象もいいのです。連絡をせずにそのまま放置していれば滞納になり、新規でカードローンを組むことができない状態になってしまいますので一度は連絡を入れてどのようにすればいいのか検討してもらいましょう。

その中で人によっては再起不能と判断されれば自己破産などの、何らかの法的手続きによって対処しなければいけないこともありますが、それでも自転車操業を繰り返していくよりはいいでしょう。借りたものを返済することは当然のことで、それを遅れるというのはいいことではありませんが万が一そうなるのであれば連絡をすることが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.