ローン返済の賢い方法はあるのでしょうか?

キャッシングベスト3

カードローンで多くの人たちが陥る返済にまつわる大きな間違い

どうしても急な出費があったので、カードローンを申し込みました。その返済は終わっています。かなりの回数の返済になったのですが、よく考えてみると、金利で随分、損したような気がしています。ローン返済の賢い方法はあるのでしょうか?

繰り上げ返済をしてでも短期に返済することです

カードローンは便利なので使いはじめると、なかなか手放せないものです。毎月の返済額も1万円とか2万円程度なら、それほど気にならず、ずっと返済をしながら使い続けている方も多いのではないでしょうか。「毎月1万円でいいから」と考えてしまうのです。

ただし、カードローンも融資ですし、金利を払うことになります。この点から、とにかく短期に返済することで、金利を節約できます。住宅ローンなど一般的なローンでは繰り上げ返済する手続きが面倒なケースもありますが、カードローンは多くの場合、好きなときにいくらでも返済に充てることができます。このいつでも、いくらでも返済できる、という仕組みをあまり意識されていない人が多いようです。

どうしても借りることに神経がいってしまい、「いますぐ、いくら借りられるのか」と考えてしまうからでしょう。各カードローンには返済シミュレーションがあり、いくら借りたら、最低、毎月いくらの返済になるかがわかるようになっています。ですがこれはあくまでも「最低限、これだけは返済してください」ということに過ぎず、それ以上に返済してもまったく問題ないのです。

むしろできるだけ早く返済したほうが金利負担も減りますし、同時に限度額で決まっているローンの枠に余力ができますので、いざというときにまた借りることもできます。いずれにせよ、最低額での返済を延々と続けることは避けることです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの支払い遅れを繰り返してしまったら

ボーナスが出たときに、つい旅行やショッピングに充ててしまうかもしれません。でも、カードローンで借り入れがあるのなら、先に返済をしてしまったほうがお得です。これは意識してやらなければ、なかなかできないことなので、ぜひやってほしいことです。

たとえば人気の「バンクイック」では、一括返済も可能です。10万円借りて、翌月すべて一括返済、ということができます。金利は日割りで計算するので、もし返済が可能ならできるだけ早く返済したほうが得になります。

またりそな銀行のカードローンの例でみると、1万円を借りて、1週間後の給料日で返済したときの金利は約23円です。いろいろな手間を考えた時、金利以上に便利に使えるのがカードローンではないかと思います。

もちろん、便利だからといって借りすぎはNGです。必要最小限を借りる。そしてできるだけ短期に返済する。これを守ればさらに便利に利用できるのです。

カードローン多重債務に陥る人の特徴

カードローンで多重債務になる人には特徴があります。いい加減な人だから多重債務になるのだと思っている人も多いかもしれませんが、お金にルーズな人、いい加減な人だけが多重債務になるわけではないのです。給料が下がった人は今増えていますが、それによって生活費を借り入れている世帯も増えています。家計破綻の危険に進む可能性がある人はあわててお金を用意しているでしょう。いい加減だからあちこちからカードローンでお金を借りて返済できない状態に陥ったと思っている人は多いですが意外と、まじめで生活を何とか続けたいと思っている人ほど陥ることもあるのです。

借金をしていることというのは誰にもしられたくはない問題かもしれませんが、もし正直に誰かに打ち明けた場合には誰かが助けてくれることもあるかもしれません。多重債務は借金に借金を繰り返して自転車操業を繰り返している人のことですが、まじめな人が生活費を補填するために借金をしているケースも多いのです。給料が増えるとちょっと借金をしても楽に返済できると思っていた人、家計費を節約すれば返せると思っていた人、飲み代は出世するのに必要だと思っている人など、いい加減でだめな人だけが多重債務になるわけではありません。
(⇒多重借り入れをまとめる時にオススメのカードローンはこちら

まじめな人ほどむしろなりやすいといってもいいかもしれないのです。まじめな人は親や家族に心配をかけたくないと思って借金をしてしまうことがよくあります。給料が増えたら返済できるはずというような確実性がないのにもかかわらずにもっと借金を増やしてしまうケースが多いのです。迷惑をかけてはいけないと思っていると精神的に追い込まれた結果うつ病になってしまっている人、それが悪化して失踪へとつながる人ほどまじめな人に多い状況です。このような状態になったのはすべて借金をしてしまったことにあります。生活費が足りなくて借金をすることはよくあることですが返済できる範囲でしなければいけないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.