遅延し督促状をもらった過去は問題になる?

キャッシングベスト3

カードローン審査で過去の返済遅延が問題になる人とならない人

数年前ですが、3回ほどカードローンの返済で遅延し督促状をもらったことがありました。完済後に退会しました。最近、収入がその頃より多くなっていますが、カードローンがあれば便利だなと思っています。以前の失敗はわかっていますのでもう遅延はしないつもりです。しかし、以前のことが問題になって、審査が通らない可能性はないでしょうか?

信用情報に記載されるほどの遅延か確認してください

審査で必ずチェックされるのが信用情報です。遅延から督促、というのはいわば当然の手続きなので、悪質な遅延もついうっかりの遅延もあまり区別なく、同じような対応をされると思います。ですが、完済もされているわけで、大きなトラブルにはなっていないようです。そうなると、遅延したことが、信用情報に載っているか、確認してみてはいかがでしょうか?
(⇒過去に延滞した経験があっても借り入れできるカードローン

信用情報は、3つの機関で扱っています。消費者金融などの貸金業、クレジット会社、ノンバンクなどが参加しているのは「JICC」(日本信用情報機関)です。またクレジット会社などが参加している「CIC」。銀行などによる「全国銀行個人信用情報センター」があります。

以前、カードローンを借りていたところがどこに属しているか調べてみて、該当する機関にご自身の情報を開示してもらいましょう。機関によってその手続き、費用は違いますので各機関のホームページなどをご参照になって手続きをしてください。

ちなみに、5年間保管が原則なので、完済後、解約されているようですが、5年前までの情報は残っています。また、悪質な場合に5年以上残っているケースがあります(記載すべき事項が当人が終わったと思っている時よりも、うしろにズレていることがあります)。

なお、カードローンの返済で、遅延したらすぐにこの信用情報に記載されるわけではありません。申し込み、限度額、借り入れ、返済の実績は記載されますが、事故情報についてはたとえば3か月以上の延滞など、ある程度問題がこじれたケースが記載されます。いわばローンの会社に損害が生じた場合、と言えます。

一般的に、数日の遅延程度なら、きちんと遅延損害金も含めて返済していけば、とくに貸した側に損害は与えていませんから記載されることはありません。その回数が何回かあったとしても、きちんと対応している限り、あとあとまで残るような問題にはなりません。

ただし悪質なケースは別です。悪質というのは、やはりなにかしらの損害を発生させていたり、信頼を損なうような行為をしていた場合です。無担保のお金の貸し借りは、信用によって成り立っているのですから、それを一方的に破った場合は悪質とみなされても仕方がないのです。

今後のご利用についても、この点はよくお考えになって、ムリのない借り入れと返済をこころがけてください。

カードローン審査遅延はどれくらいかかわる?

カードローンの審査に申し込んだのに通らないという人がいますが、そういった人の共通点、特徴としてカードローン審査遅延が影響していることもあります。ローン返済日に1日でも遅れた場合には個人信用情報機関に遅延しているという記録が残るのです。遅延してからは2-3日に中に返済をすれば記録として残らない金融機関もあるかも知れませんが、記録として残ってしまう場合にはカードローンのみならず金融機関の審査のマイナスになりますので注意が必要です。

返済遅延の記録、これは信用情報に半年くらいは残りますので、カードローン審査遅延情報が残っている間は審査に通らないかもしれないということを理解しておいたほうがいいかもしれません。最後に遅延してから半年の間はカードローンだけでなく、クレジットカードを新規に申し込むことなどもできなくなります。ローン、キャッシングをこれから利用したいと思っている人、現在も利用しているという人は支払いを遅れないように注意したほうがいいでしょう。

返済が遅れたことによる記録は信用情報機関に半年いよう残りますが、債務整理などの金融事故を起こしているという場合でもカードローンを作ることができません。この金融事故を起こしているかどうかの結果も、審査のときに信用情報機関に問い合わせればわかるのです。これらの金融事故の履歴は債務整理をしてかから5年から7年は残るとされていますから、その間カードローンを使うことができません。しかし5年から7年の期間が過ぎたら金融事故の履歴は消えるので、安定した仕事についている人は、カードローンをまた使えるようになります。

このときに注意したいのは申し込みブラックです。申し込みブラック、これは短い期間で何枚も野カードローンを申し込みすることをいいますが、申し込むだけでも情報機関に履歴として残るのです。1ヶ月に3件以上のローンに申し込みをすると、切羽詰っていてお金によほど困っているのだと勘違いされます。特に今はインターネットから手軽に申し込みをすることができるようになりましたので気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
返済を遅延していないのにカードローンの増額ができない場合

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.