返済が滞れば家族の口座も引き出せない?

キャッシングベスト3

銀行のカードローンで延滞したせいで家族の口座にも影響が出るか

銀行系カードローンを利用しています。その銀行の口座は給与の振込先でもあるからか審査もスムーズに通りました。ただ、ある人から「あなたの情報が銀行に筒抜けになっているのだから、もし返済が滞ったら家族の口座も引き出せなくなるよ」と言われました。そんなこと、あるんでしょうか? なお、家族には内緒でカードローンを利用しています。

家族の情報と本人の情報を結びつけることはありません

その人の言うことは間違っています。あなたの情報がもし銀行に知られているからといって、もし家族の口座を凍結するようなことをすれば、銀行は訴えられてもしょうがないでしょう。

そんなことをするはずがないのです。なぜなら、カードローンは無担保、無保証人による借り入れであり、契約書にそのことははっきり書かれています。保証会社の保証の得られる人かどうかを審査するとあって、保証会社の審査によってあなたはカードローンを利用できることになったのです。ですから、返済が滞った場合にそれを保証するのは保証会社であり、家族はなんの関係もありません。

一般的に金銭の貸借のとき、期限の利益という考え方が契約書に盛り込まれているはずです。返済期限までは返済しなくていい、そのお金は借りた人が自由にしていいというのが期限の利益です。そして、この期限の利益が失われた時(つまり期限が来ても返済しないとき)には、差し押さえになるのです。契約書には、借りた人が信用を失うような重要なことをしたときに、通告や催告なく期限の利益は失われる、と記載されていると思います。この場合、もはや返済期限はないので、即刻返済してもらうことになります。

口座を凍結できるのは、こうした事態になっているときなので、1度の遅延でいきなり凍結されることはありません。その後、きちんと返済をしていれば問題はないでしょう。

たとえば、借りている人が他の債務で強制執行を受けたり保全を受けたとき、破産手続き、更正手続きに入ったとき、国税庁の差し押さえを受けたとき、申込時の住所から移転したのに届けず、連絡が取れないときなどは、即座に期限の利益は喪失するのです。

一方、返済が滞ったからといって、ただちに銀行口座を凍結するようなことはありません。まず督促をします。さらに本人の同意を得るためのさまざまな対応をしなければなりません。同意というのは「返済する意思があるないか」を確認した上で、どのように返済するのか、ということを決めていくための同意です。話し合いのテーブルにつきましょう、ということです。

こうしたアプローチをことごとく拒絶、または無視した場合、なにもできないので銀行の口座を凍結することになります。つまり、ほかに方法がないときです。

ただし債務に関係のない家族を巻き込むことはありません。契約書にもし家族を連帯保証人にしているような場合は違いますが、未成年者でもない限りカードローンでは家族を保証人にすることはありませんので、関係がないのです。

カードローン家族延滞場合は弁護士を交えて解決する

カードローンを組むことは一般的となってきました。自営業のひとにとっては、ビジネスの重要な資金源となったりもします。教育費や生活費や交際費といったいろいろな場面でお金は必要になってきます。そんなときに、即日融資ができる消費者金融はとても便利なサービスになります。新規申し込みはインターネットや無人契約機から簡単にすることができます。住所、氏名、職業、年収、他社からの借入を入力すればあとは企業が審査を行ってくれます。審査に通過することができれば、あとは融資をうけるだけです。融資を受けるときも返済をするときもインターネットから振込みをしてもらうことができるのでいつでもどこでもお金を借りることができます。仕事が忙しい人でも家事で家から出れない主婦でもお金を借りれる時代となったのです。

夫の収入だけでは、生活ができない場合にはこっそりとお金を借りる主婦がいます。また、妻に内緒で高額な買い物をするためにお金を借りる場合もありえます。このように、家族間であっても誰にも知られずにお金を借りることができることも一つの特徴です。しかし、借入の金額が大きくなってきて延滞を何度もしてしまうと家族や周囲にばれることも少なくありません。そのときにどのような対処をするかで、人生が決まってきます。お金の借入は、本人だけの問題だけでなく家族に関係する重要なことなので、ばれた場合にはきっちりと話し合ってから完済までの道のりを決めるといいでしょう。

カードローン家族延滞をしているときは話し合いを行いましょう。そのとき家族だけで意見がまとまらない場合は弁護士を交えると円滑に解決してくれます。弁護士の考えた方として、家族全員の借入を完済する考えかたがあるからです。何人か借入を行っている場合には、まとめて相談に乗ってもらうことでクリアな状態にもっていくことができるでしょう。第三者に参加してもらうことで、違う視点から現状をみることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.