カードローンについてですが遅延と延滞は違う?それとも同じ?

よくカードローンの返済の期日に間に合わなかったり、忘れたしたとき、遅延とか延滞とか言うようですが、遅延と延滞は違うのでしょうか。それとも同じことでしょうか。

返済は万が一遅れても滞らないことが前提なのです

遅延という言葉は、素直に期日に遅れることを意味しています。延滞も、期日に遅れることですがそこに「滞る」という意味がプラスされているので、遅れただけではなく返済されるメドが立たないことも含まれます。

とはいえ、現状、カードローンの返済期日を逃してしまったケースは、未返済、遅延、延滞など、さまざまな呼ばれ方をしています。とくに貸している企業側からすればあくまでも「なにかトラブルやミスがあって遅れているだけ」とみなして対応を開始します。お金を借りている人は、お客様なのですから、いきなり滞ることを前提に話をするのは失礼ですし、大半の利用者はわざと返済しない、わざと滞らせるような悪意はないと考えているからです。

このため、未返済、遅延のような「返済期日はズレているけど、返済する気持ちはある」と解釈して対応をしていきます。ただし、結果的に延滞になることもあるので、事後的には延滞を認めることもあるでしょう。

現在、カードローンの返済方法は主に2種類あります。1つは自動で銀行口座から引き落としになるもの。1つはATMなどから返済期日までに返済をするものです。前者で遅延になるのは、口座に残高がない場合です。後者で遅延になる場合は、返済期日を忘れてしまっている場合です。どちらも、ついうっかりしてしまうことは誰にでもあるもの。

各社ともに遅延損害金を設定しています。これはうっかりした人も含めて、支払期日を守れなかったことに対するいわばペナルティです。しかし多くの貸金業がそこで請求するのは年利で20%前後です。しかも日割りで計算するのですから、たとえ遅れても早期に返済すれば大きなペナルティを受けることはありません。

つまり、返済は万が一、遅れることはあるかもしれないけれども、返済されず滞ることは想定せずに対応していると言えます。だからといって滞った場合に、優しい対応をしてくれるわけではありません。法律の許す限り、督促し、借り換えやローンの見直しなどにも対応しつつ、返済してくれるまできちんと対応してきますので、くれぐれも悪意をもってお金を借りるのはやめておいた方がいいでしょう。

なお、たまたま1回ぐらいの遅延と思う人もいるかもしれませんが、わずかな金額であっても3か月遅延すると信用情報に記録される可能性がありますのでご注意ください。遅延に気づいたらできるだけ早く返済すること。そして、遅延を何度も繰り返さないことです。頻繁に遅延する場合も信用情報に反映される可能性が出てきます。

カードローンの利用における遅延と延滞は同じ?

素朴な疑問としてカードローンの利用における遅延と延滞は同じ?と思うことがあると思います。基本的にはカードローンの返済の遅れを説明するときに遅延や延滞という言葉を使うことが多いので、どちらの言葉を利用しても意味は通じます。しかし、少し細かく意味を説明すると遅延と延滞は同じではありません。

まず、遅延というのは返済日に返済することが出来ない行為を意味します。返済日に支払うことが出来なければそれは遅延行為であり、遅延行為をすることによって返済の延滞が発生します。延滞とは支払うべき金額を延期する、又は滞るという意味であり、返済額をすぐに支払わずに延期して支払うことを意味します。つまり、返済日を過ぎた返済額は延滞金と呼ぶことが出来ますし、遅延損害金も言わば延滞金です。カードローンにおいて遅延と延滞とはそれぞれの意味で覚える必要は特になく、しっかりと覚えておくべきことは返済が遅れることで遅延損害金がかかるということです。これは返済日を過ぎると返済額に対して適用される利率が遅延損害金の利率になります。通常の借入利率と遅延利率は全く内容が異なるので、この点をしっかりと覚えておく必要があります。

カードローン会社選びをするときは様々な会社の実質年率を比較して、少しでも金利が低い会社を探すものですが、この時に比較する実質年率とは借入利率です。これとは別に遅延利率が各社において設定されているので、できれば金利比較をするときに遅延利率もセットで比較しておくと良いです。一つの傾向として、ほとんどの金融会社は実質年率の上限利率は18%前後ですが、遅延利率に関しては20%になっていることが多いです。例えば、かなり低金利な会社だと上限利率が15%前後になっていることがありますが、こうした会社でも遅延利率については20%になっていることがあります。それだけ返済の遅れについては各社ともに厳しい対応をしているということです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.