カードローンで過去に1度でも延滞するとそれが記録に残ります

カードローンを利用しはじめました。少額を必要なときに借りて、すぐに返済しています。とても便利だと思います。ただ、返済日を忘れてはいけないので、そこだけは気を使います。返済に遅れたら、信用情報に記録されると聞いたのですが、1回でも遅れたらダメでしょうか?

遅れても返済すればともかく遅滞が続けば記録されます

遅延するか、遅滞するかの違いとでも言いましょうか。期日から遅れてもちゃんと連絡をして返済をすれば遅延損害金がプラスされるだけで、大きな問題にはなりません。だれにでもついうっかり、ということはあるので、それだけで信用情報に記載するようなことはないのです。

ただし1回でも遅れたままほったらかしにして、いわゆる遅滞、返済がとどこおる事態になると記録される可能性が出てきます。一般的には3か月以上の遅延から記録されるといわれいますが、1回だけでも返済しない、連絡も取れないといったことがあれば、記録される可能性が出てきます。

信用情報は、銀行など金融機関、貸金業、クレジットカード会社などが情報を共有し、審査に活用しています。そこにある情報によっては、審査に通らない、新たな貸し出しはしない、貸出枠の増額に応じない、といったことも起こり得ます。

つまり通常の遅延であれば、すぐに対処して返済することでこうした信用情報にまで残ることはありません。それが、遅滞、つまり遅れてしかも返済が滞り、連絡もうまく取れないような時には大きな問題になってしまいます。

この点からすれば、通常の利用をしているカードローンの利用者はそれほど、信用情報について気にすることはありません。うっかり遅れたら、謝って、すぐ返済。そしてまた毎月きちんと返済し、少しでも余裕があれば多く返済するなどしていくことが、信用を保つ方法のなのです。

ところで信用情報は、1度記載されると最低でも5年は消えないと言われています。遅滞のような長期にダメージの残るケースなら、5年以上、なんだかんだと記録が追加されていく可能性もありますので、ますます信用を失っていく可能性も出て来ます。

一方、みなさんが通常で借りて、返済している情報も信用情報には記載されています。こちらはきちんと返済していることを証明し、むしろ信用度を増していると言えます。同じ信用情報でも、プラスになるような記載を残していくことが将来にわたって、上手にお金と付き合うためにも大切なことです。

当然ですが住宅ローンの審査でもこの信用情報は活用されると思ってください。過去の返済トラブルはマイナスに響くことが多々あります。いい記録だけを残すように心がけることをお勧めします。
(⇒銀行のカードローンを利用していると住宅ローン審査に通らない?

カードローン延滞記録はいつまで残る?

カードローン延滞記録はいつまで残るのでしょうか。まずカードローンの延滞は絶対にしてはいけません。遅れたと言うことはこれからの人生に影響を与えるといってもいいほど重要なことなのです。約定日の返済が遅れることを言いますが、例えばうっかりその日にお金を入れることができなくて引き落とし日に間に合わなかったという状態でも遅れたことには違いがありませんので注意しましょう。

延滞をしてしまったら、そのままカード会社から連絡が入るのを待つのではなくて、とりあえず放置せずに連絡をしましょう。できるだけ返済を早くできるよう努力して返済前に連絡を入れておくだけでも違います。カード記録は消えることはないのですが、その時点できちんとした対応をしていれば、いい印象を与えることにつながりますし、それがうっかり入金し忘れた、毎回しているわけではないというのであればなおさらいい印象を与えておいたほうが今後の取引に支障を出すことがありません。

延滞している間は返済できるまでお金を引き出すことができなくなります。返済後は使える枠の分のみサイド借り入れ可能です。ですが何度も繰り返している、したまま次の返済をした分を遅れる、遅れた後に返済日が月末日を超えた場合の金融機関が決定した一定の条件で再度借り入れをすることができません。一度カードローンで差し止めされた場合には借りることができませんので、そのカードローンは返済専用となりますから気をつけなければいけません。延滞をしてしまったら借りることができなくなるのかといえばそうでもありません。

少々遅れてももカードが使用停止となることはありません。ローン審査によくある個人信用情報、これは1回のカードの情報がそのまま個人信用情報センターへの登録につながるとは限りません。登録をするに入っていの基準がありますが、これも数日間でしたら残らないでしょう。しかし残らないからといってもやらないに越したことはありません。

【参考ページはこちら】
カードローン審査で過去の延滞が問題なる場合とならない場合

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.