銀行系、信販系、消費者金融、どこがいいか

キャッシングベスト3

銀行系、信販系、消費者金融なら、カードローンはどこがいいのか

銀行系、信販系、消費者金融系といくつかのグループにカードローンが分類されるそうですよね。これらのカードローンから一枚だけを持つなら、どこがいいのでしょうか。就業年数は今年で4年目で年収も大体平均レベルだと思います。

金利・限度額の銀行系、細やかな消費者金融系、総合力の信販系

おっしゃるように銀行系、信販系、消費者金融系と大別できるカードローンですが、銀行系にもさらに従来の銀行が業務拡大して発行しているカードローン、もともとは銀行以外の業務から銀行業務に算入した業者によるカードローン、さらに消費者金融が銀行の傘下に入って提供しているカードローンと多様な業界構造を見せるようになってきています。

貸金業法の制限を受ける消費者金融系カードローンでは年収による貸付上限があり、またカードローン利用者が定収入があることを条件にしなければなりません。そして銀行系カードローンよりも金利が高い傾向にあるといえるでしょう。これらの条件は銀行系カードローンの方が有利であることを示していると言えます。

銀行系カードローンは金利を低く抑えられていること、利用限度額が高く設定できることをメリットにあげることができますが、同時にカードローン申込みに際しての審査が他に比べて厳しいといわれています。当然他よりも好条件でのキャッシングが可能になるので、その分の信用状態の良好さを求めることになるのです。

ですから消費者金融系カードローンと銀行系カードローンとを比較すると、消費者金融系カードローンは金利の設定が若干高めで、利用限度額が低めだが、審査は通りやすい傾向にある。銀行系カードローンは金利の設定は低く、利用限度額は高いが審査は難しい傾向にあるといえることになります。これらは申込者の状況によって選ぶ事ができる指標となっているようです。
(⇒1つの消費者金融で2枚のカードローンを契約することはできる?

そして信販系カードローンはもともとはクレジットカードを発行していた会社が提供しているカードローンです。金利、利用限度額はほぼ銀行系、消費者金融系の中間に位置します。信販系のカードローンはその意味ではあまり特徴がありませんが、付加価値の部分で健闘していると言えそうです。場合によってはホテル、レンタカーなどのインフラ施設が割引で利用できたりするのも、もともとの来歴の影響だと思われます。

そこでどこのカードローンがいいのかということになりますが、いいか悪いかは利用者の状況に大きく依存した判断なのです。なにがなんでも金利・利用限度額が優先するということであれば、間違いなく銀行系カードローンから選ぶのが良いでしょうし、審査等のスピード感等が重要であれば消費者金融系カードローンに軍配があがるのです。

一見銀行系カードローンの低金利が消費者金融系のカードローンを圧倒しそうな気もするかも知れませんが、例えば少額短期のキャッシング利用が主な利用方法であれば、カードローンの金利差はあまり効果的な判断にはならないでしょう。金利の影響はキャッシングの金額が大きく、長期にわたる返済になった場合に大差となって表れるものだからです。

同時に銀行系、信販系、消費者金融系と分けている分類の意味そのものが失われつつあるということも知っておく必要があります。それぞれが垣根を越えて別系統のカードローンを提供している現状がそこにはあるのです。銀行系カードローンでありながら、内実はかつての消費者金融を引き継いだブランドもあります。

これらの現状でカードローンを選ぶのはある意味簡単な作業ではないかもしれません。ですが、金利・限度額で選ぶなら銀行系、細やかなサービスの消費者金融系、総合力で選ばれる信販系とひとまず理解して一つ一つを個々に比較して決定するのが宜しいのではないでしょうか。

【参考ページ】
少額借り入れを希望のみなさんにオススメのカードローンはこちら

カードローンはどこがいいかわからないときは

高校や大学などの学校を卒業して社会人になったのを機に、一人暮らしを始める方は多いですが、これまで親任せにしていたことをすべて自分一人で管理しなければならないので、ときには月末までお金が持たないことがあるかも知れませんね。家賃や駐車場代、光熱費、食費などの生活費を出来るだけ低く抑えたいと思っても、それには限界があるので大変ですし、20代ではまだまだ貰える給料やボーナスが少ないので、お金が足りなくてどうしようもなくなったら、早めにカードローンに申し込むことをおすすめします。親に泣き付いてお金を貸してもらうという方法もありますが、親には心配をかけたくないというときは、カードローンを利用するのが一番です。

とはいってもいざ申し込むとなると、消費者金融にするか、銀行にするかと、カードローンはどこがいいかと悩んでしまうこともあるでしょうね。下手に選ぶと、金利の高い会社から借りてしまい、余計な利息の支払いで大きく損をしてしまうこともありますから、そんな失敗をおかしたくない場合は、インターネットで人気カードローンのランキングサイトを探すようにしましょう。ランキング順位が高いところはほとんど低金利となっているため、初めて利用する方でも失敗することはないでしょう。

カードローンは正社員でなくても、派遣社員やパート、アルバイト、自営業などでも利用することが出来ます。ほとんどの方が何の問題もなく、審査に合格することが出来ますが、もしカードローンの審査に落ちるとすれば、定職を持たずに一定の収入がない方や、他社からの借り入れを滞納しているような場合になるでしょうね。(こちらも参考になります→カードローン審査に通らない一般的な理由)しかしそんな覚えがなければ何も心配する必要はありません。カードローンには保証人も担保も必要ありませんから、一人暮らしでお金に困るようなことがあったら、気軽に頼るようにしたいですね。インターネット申し込みなら24時間365日いつでも受け付けているので、好きな時間に利用することが出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.