少額キャッシングでオススメ会社といえば?

キャッシングベスト3

少額キャッシングが得意なカードローン。オススメ会社といえば?

大きなキャッシングをすることはイメージできないのですが、ちょくちょく小金が必要になり、その度に友人に借りて間に合わせているのです。もういい加減に友人に頼るパターンは卒業しないとヤバイとか思うのですが。そこでそんな少額のキャッシングが得意なカードローンってあれば是非申込みたいなと思うのですが、オススメ会社とかってありますか?

わずか1000円からのキャッシングに応じてくれる消費者金融も

カードローンにはそれぞれ利用限度額が設定されいます。利用限度額の上限をカードローンの比較に用いることが通常の方法だと思いますが、カードローンの利用規約の利用限度額の記載には最低金額も併記されています。実はこの最低金額が低いカードローンはいろいろな意味で有利なカードだという事ができるのです。

だいたいの銀行系カードローンの利用限度額の下限は10万円程度になっているようです。もちろん10万円の利用限度額が設定されたカードを使って4万円とか利用限度額以下のキャッシングをすることは可能ですが、少なくとも申込み審査の時点で10万円分の与信が申込者にあると看做される必要があることになります。

そもそも銀行は大口の金融を得意としてきた経緯があり、個人消費者向けの小口融資は得意ではありません。消費者金融では軒並み1万円以上の利用を対象としている利用限度額の設定になっているようですので、ここに銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの違いがはっきりと表されていると考えてよいでしょう。

低く抑えられた利用限度額の下限金額は実は審査の通りやすさをも意味しているのです。カードローンの申し込みに際して個人与信を審査しますが、その結果を利用限度額として判断することになるからです。従って最低10万円の与信が付与されない利用希望者であっても1万円の与信があれば、取り敢えず下限値が1万円の消費者金融のカードローンなら審査通過の可能性があるということになるのです。

このように見てくると小口のキャッシングでは消費者金融系のカードローンが圧倒的に有利な様子が明らかになって来ます。もちろん消費者金融系カードローンでも大口のキャッシングサービスを指向している業者もあります。その意味では一概に消費者金融系カードローンという言葉でひとくくりにすることは確かに難しいということになるでしょう。

それでも消費者金融系カードローンの中には最低利用金額の設定が1000円から用意されているものがあるのです。この消費者金融業者はネット上の口コミサイトでもユーザー満足度71%と極めて高評価を得ており全310社の比較中10位に位置しています。このような高評価には企業の積極的なキャッシングサービスへの態度が前提にあるようです。

この金融業者は実際に必要な金額を利用できる消費者金融として活躍の場を広げているようです。大口のキャッシングを優利な条件で提供しようとする業者が多いのにも関わらず、利用者に対して細かいサービスを提供していく態度が、本来の消費者金融の事業のあり方を堅持しているという意味で極めて貴重な消費者金融業者であるといえるでしょう。

本当に必要な金額をキャッシングして利用する。そして約定返済日にきっちりと支払いをするという利用が基本です。そしてそのような利用履歴を積み重ねることで良好なクレジットヒストリーを形成して行けば、設定金利の面で、また利用限度額の面でのメリットが付与されていくものなのです。小口のキャッシングに強みをもった消費者金融とはつまり利用者に優しい消費者金融だということになります。

カードローンのオススメ会社はどこか

カードローンを利用しますと、郵便局や銀行などでお金を借りる事が出来ます。これでしたら、急にお金が必要になりましても、すぐにお金を用意出来るのです。急な飲み会への参加、車の故障でお金が必要になった、冠婚葬祭などでお金が必要になった、こんな時にどうしても給料日前という事でお金が足りない事は多々あります。大学生、社会人となりますとその確率は高くなります。そんな時にカードローンがあれば大丈夫なのです。

しかし、このサービスはあくまでもお金を借りるという事なので、もちろん借りた後には返済が待っています。この返済する額は借りたお金に金利が加算されるという所に注目をしておきましょう。カードローンで借りたお金をそのまま返済すればいい、というわけではなく、その返済額に金利を足した額、これを返済しなければいけないのです。かかる金利は会社によって変わってきますので、金利が低い会社でしたら返済額を減らす事が出来るわけです。金利、これはカードローンを利用するオススメ会社のポイントとなります。なんと言っても金利が低いと返済額が安くなりますので、かなり重要な所と言えるのです。金利が高い場合、20万円借りたけど返済しきった時には25万円ほど返済していた計算になった、となるのです。金利は返済が遅れれば遅れるほど加算されていきますので、返済をするタイミングによって合計の返済額は変わりますが、低い方が払うお金が少なくて済みます。

だからこそ、カードローンを利用する際には契約する会社が重要になってくるのです。適当に選んでしまうと金利がかなり高い所と契約してしまい、利用しようにも、金利が気になって使いにくい状況になります。最近ではインターネットに金利が低い会社をまとめているサイトがありますし、会社のホームページに金利について載っていますので、これを参考にして低い所を見つけていきましょう。いつでもお金を借り入れ出来る便利なサービスとは言え、利用する会社選びをしないと後悔する事になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.