カードローンをお得に利用するのは可能か

キャッシングベスト3

カードローンをお得に利用することができるという話しは本当か

たまたま帰りの居酒屋での話が気になったのですが、カードローンを上手く使ってお得に利用する事ができるということでした。カードローンを複数枚利用してキャッシングをしている身としては少しでもお得になるのであれば聞き捨てなりません。どういうことか教えて下さい。

カードローンをまとめるようにすると金利面でお得になる場合あり

カードローンには様々なものが用意されています。銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとに分けて考える事もできるのですが、事はそれほど単純ではなくなっているのが現状です。貸金業法の改訂を受けてそれぞれのカードローンはお互いの良い所を吸収し合って新たな枠組みのバリエーションを作り出しているからです。

従来の銀行系カードローンでは、一般消費者を対象にした個人向け無担保の小口融資に十分に対応するノウハウの蓄積が銀行に充分とは言えず、少なくない問題も生じてしまいました。この経験によって銀行はカードローンビジネスを展開するために消費者金融のノウハウが必要になったといえます。

他方、消費者金融では貸金業法での総量規制の枠組みによって、従来の通りにキャッシングをすることができなくなったのです。年収による上限貸付金額という規制で消費者金融は一人当たりの貸付額を伸ばせなくなり、収入などの規制が利用者に求められることで、顧客数を大きく減らすことになったのです。

最終的には一般利用者は生活資金を融通する方法がなくなってしまったことになります。これらの事態はさまざまな歪みを生み出したとも言われています。しかし、このような状況が背景として銀行と消費者金融業界との垣根を越えた協同が始まったとも言えるでしょう。

いずれにせよ、現状として異なった業種であった銀行と消費者金融とが様々な特徴を備えたカードローンを生み出したということには違いがありません。その結果、カードローンの一般利用者としてはその分、選択の幅が広がったのであり、いろいろと喜ばしいことが出て来たのです。

他のカードローンとの差別化が求められることは必然です。そのひとつとしてカードローンの大きさとしての貸付限度額も大型化することで、カードローンの使用用途が広がったということも指摘できるでしょう。今までは少額のキャッシングとして用いられる傾向が強かったカードローンですが、多少大きな必要にも応じることができるようになりました。

そして大きな利用限度額の付与は、設定される金利を低く抑える効果を生み出したということなのです。つまり、利用限度額が例えば500万円になれば、その設定金利には利用限度額が50万円よりも遥かに低いものが適用されることになります。そしてその設定利率はたとえそのカードで1万円のキャッシングをしたとしても同様に適用されるのです。

これはキャッシングの利用枠が高くなるほど、金利が低くなるという原則に基づいたことなのです。ですから、複数のカードローンをひとつにまとめてしまうことができれば、今までのキャッシングとは比較にならないほど低い金利で利用できるという可能性があるのです。

しかし、現在おもちのカードローンでのキャッシング可能金額の合計が、新規カードローンの申し込みの際には参照されることになりますので、必ずしも新しいカードローンで大型の利用限度額を取得する事は難しい事かも知れません。なのでカードローンを比較して優利な条件のものを選び、統合するように工夫しましょう。
(⇒カードローンの工夫した使い方が知りたい方はこちらへ

他のカードローンを整理しながら一枚に統合するように利用すると必然的に、一杯のカードローンの利用成績が良くなります。そして他のカードローンが完済解約していくと、ほとんどの場合、カードローン会社の方から増額の申し出があるはずなのです。

カードローンをお得に利用する方法とは?

カードローンをお得に利用する方法を知っていれば今以上に便利になります。借金、カードローンといえば従来はあまりいいイメージを持っていなかった人も多かったのではないでしょうか。そのためにあまりいいイメージではないことから敬遠している人もいたでしょう。しかし近頃は大手の銀行などもカードローンの取り扱いをしているので、以前とはイメージも一新されてクリーンなイメージがつき始めています。

依然とは状況が違ったこともあり利用する人も多くなりましたが、カードローンをお得に利用する方法がありますから、これを実践することでこれまで以上にお得にお金を借りて使うことができるようになりました。どのような使い方をするのがいいのでしょうか。例えばですが、週末に突然飲み会に誘われてしまったけれどお金を持ち合わせていなかった場合、大半の人は銀行のキャッシュカードを使ってお金を引き出します。営業時間外のATMの手数料だった場合には105円、または210円は必要になります。1度ならこの程度のお金を支払ってもいいかもしれませんがこれが何度も続けば、意外と大きな額になります。

その一方で2万円を金利が18パーセントのカードローンで金曜に借りた場合に次の月曜日にすぐに返済したと考えます。このときは利息は100円もしません。銀行のキャッシュカードで引き出すよりもカードローンを利用したほうが手数料が安くつくのでお得なのです。これは知らなかった人も多く驚きではないでしょうか。また、融資してから一定期間は金利がかからないところもありますので、2万円借りて2万円返済すればいい場合は銀行のキャッシュカードで引き出すよりも手数料が安くつくのです。お得に利用するためにはルールもあります。例えば必要な時期にだけお金を借り入れる、必要なだけ必要な期間借りる、これを守るようにしましょう。必要な額上を借り入れることがないように注意しましょう。このルールが守れなければお得に利用できません。

【参考ページはこちら】
お得なカードローンと損するカードローンが決まるポイント

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.