銀行カードローンはどこまで使えるのか?

キャッシングベスト3

フリーローンより、銀行カードローンはどこまで使えるのか教えて

条件を見比べているとフリーローンとカードローンとはあまり違いがないように思います。少しまとまったお金が必要になったので、銀行ローンをと思っているのですが、このどちらを選べばよいのかわかりません。友人たちは銀行カードローンの方が使えると薦めますが、どこまで使えるのか教えて下さい。

カードローンなら、いつでも必要に応じてキャッシングが可能です

別名多目的ローンとも呼ばれるフリーローンとは、住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、リフォームローン、おまとめローンなど銀行が提供している使い道が特定されているローンの中で同じように提供されているローンのひとつですが、特に使い道が特定されていないローンのことをいいます。結婚資金、楽器の購入、旅行費、引っ越し費用などや最近では保険対象外の歯科治療に用いる例が挙げられています。

フリーローンは金利が低く、また基本的に無担保・無保証人といわれるとカードローンと同じ条件のように見えます。比べると金利はカードローンよりもむしろ低いようですので、こちらの方が有利なローンのように見えるのです。このように考えるとカードローンが必要な意味が、確かにわからない気がしてくるほどです。

このようなフリーローンの特徴を踏まえて、複数のローンをひとつにまとめて、低金利の適用で返済を一元化することができるため、フリーローンはまとめローンとして使われることも多いようです。ここにフリーローンの特徴が表されています。フリーローンは銀行カードローンの代用にはならないのです。

銀行カードローンでは一度申込んで発行されると、定められた利用限度額内であれば、いつでも何度でも利用することができます。つまり手元に銀行カードローンがあれば、即日必要なキャッシングを利用することができることを意味します。これに対してフリーローンの場合は、必要が出て来たとき毎にに申込みをして、審査を受けて契約する必要があります。ですから融資が実行されるまで数日かかることが普通なのです。

多少の金利優遇があったとしても、キャッシングできるまでに数日必要だということは決定的な違いが出てくるのです。キャッシングの必要がいつも事前に予測できるわけでなく、つまりどのような場合であれ計画的に準備できるということはありえないからです。

フリーローンでいざという出費に備えようとすると、最初にキャッシングをしておいて、手元に現金を置いておくことになります。そしてその現金に対して利息を支払い続けるという本末転倒なことになってしまうでしょう。銀行カードローンであればキャッシングしていなければカードを手元に置いておくだけなので、余分な利息を支払うことになるよう事はありません。

さらに利用限度額もカードローンの場合、利用期間が長くなればクレジットヒストリーに応じて見直されて、増額されるのが普通です。(こちらもご参考にどうぞ→カードローン利用限度額の増額案内)このようなシステムは当然フリーローンにはありません。そして現在、銀行カードローンも利息がかなり低くなっており、利用限度額の規模も大きくなって二つの差は少なくなってきていますのでフリーローンのメリットはほとんどないといえるかも知れません。

さらにカードローンの現状は銀行カードローンだけに限ったものではないのです。銀行系以外のカードローンにも同様の傾向が強く表れており、消費者金融系カードローンも同じように使えるカードを発行するようになってきているのです。カードローン申込みの手間などを勘案すれば、銀行系カードローンの方が便利などと単純な答えは出せません。消費者金融系カードローンも独自の視点からおい迫っているという状況だからです。

銀行カードローンはどこはてなのかをきかれました

銀行カードローンは多数サービスされています。ほとんどの銀行があらゆるカードローンを扱っていますし、消費者金融も含めると、自分に合わないカードローンを探すことが難しいほどです。たくさんのカードローンがありますが、たくさんありすぎて、銀行カードローンはどこはてなのか、どのカードローンがよいのか探せないと相談されることが多くなりました。銀行カードローンは車のローンと違い、現金を借りることになります。そのため、法律で収入の3分の1以上借りられないことを知らず、車のローンのように返済が可能と判断されれば収入の総額に近い金額でも借りられると勘違いしている方も少なくないようです。

このため、車のローンは購入する車を担保にしていることを知らない人も多いようです。車のローンを組むと車の車検証の所有者がローン会社になることが多いのです。ローンの契約者はローンが終わるまで車の所有者ではなく、使用者となります。車検や税金は使用者が支払いますので、車を手放すまで気づかないことも多いようです。ローンが残っているともちろん所有権はないので売却や廃車はできないことになります。カードローンは車のローンと違い、担保がありません。また、保証人も基本的に必要ないものが多いようです。
(⇒カードローンで新車の購入するのがトレンドってホント?

そのため、法律がない時は無制限に貸し出す悪徳業者も多く、サラ金疑獄という言葉もできたように、社会問題になりました。現在では法律で収入に対して現金の貸出金額が3分の1を越えてはならないと制限をされています。自分にあったカードローンを探すために重要なのは、現在の収入の総額と他からの借入状況です。収入が多くても、返済が多ければローンの審査は通らないことが多いようです。他からの借り入れについては、借入額と借りている件数を分けて考えることが重要です。審査では通常借入総額を審査されますが、借入総額が法律で制限されている額面よりも少なくとも、借入件数が多ければ審査に落ちることもあるようです。普段の生活を豊かにしてくれるカードローンですから、自分に合ったローンを探したいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.