便利で優良。カードローンはどこで決まるか

キャッシングベスト3

いざという時あると便利な優良カードローンはどこで決まりますか

今すぐ必要だというわけではないのですが、カードローンに申込むつもりです。職場で仲良くなった友人たちと遊びに行ったり、飲みにいったりということを考えるとその時々の予算もバカにならないと思うので、この際一枚くらいは用意しておいてもと考えました。そんないざという時あると便利な優良なカードローンはどこで決める事ができるでしょうか。

キャッシング利用の可能な時間と場所が多ければ優良です

現在のカードローンは銀行系、信販系、消費者金融系とそれぞれ特徴のあるカードローンとして提供されています。ですからそれぞれに利用するシチュエーションにも違いがあるようで、その意味では慎重に選ばないといざと言うときに役に立たないカードローンになってしまい、トホホということにもなりかねないでしょう。

かつての有名大手の消費者金融業者もそれぞれにカードローンを発行しており、各社独自のキャッシング端末によるサービス提供だけではなく、金融ネットワークを利用した日本全国で利用可能なキャッシングサービスを展開しています。主にコンビニエンスストアに設置されている端末を利用する形態が主流になったということもできるでしょう。

単に審査に通りやすいカードローンというだけでは、実際のキャッシングで利用できない時間が長かったり、あるいは近くにキャッシングできる端末がなかったりというリスクがないともいえず、お薦めできません。ですから利用の便利さを中心に選ぶことが一番大切かも知れません。

24時間365日利用できることを特徴とするカードローンはお薦めだということになります。しかもコンビニ、銀行等に設置されている提携ATMの手数料が無料になるようであれば、優良なカードローンであるということがいえるでしょう。

貸金業法4条が施行され、利用1回当たり1万円以下は108円、1万円を超える場合は216円がキャッシング利用の際にATM手数料として利用者が負担することになりました。このことは提携ATMに頼ったサービス拡張をしてきた業者にとっては大きなマイナスとなり、利用者にとっては大きな負担となっています。

他方、銀行は貸金業法の規制を受けません。ですからキャッシング利用の際のATM使用手数料に関しては業者毎に設定のばらつきが見られるようです。銀行系カードローンはATM使用手数料以外にも年収による貸付制限である総量規制も対象外になりますので、優良だといえるでしょう。

ATMの利用手数料は看過できるほど小さいファクターだとは決して言えませんので、この点ではコンビニエンスストアが経営参加している銀行系のカードローンが有利であるということができるのです。(こちらもご参考に→ATMが利用できるカードローンのメリット)この種の銀行系カードローンであれば、利用時間帯、曜日に関わらずキャッシングが可能になります。この場合でも銀行の普通口座を経由したキャッシングをしてしまうと手数料がかかりますので注意が必要でしょう。

現在利用可能なカードローンは法的な規制のおかげで、上限金利にほとんど差が出て来ません。この意味ではどのカードローンであれ利用しやすい優良なものになっています。しかし、業界再編の流れのなかで、利用できるネットワークや店舗数などに開きが生じており、これがカードローンの利用しやすさを決定しているということになります。

コンビニエンスストア系列以外にも、同様のネット系銀行が提供しているカードローンのキャッシングと返済についてATM利用手数料が無料になっているカードローンもあります。これらも含めて、インターネットを通じて利用できるATMの詳細について検索できますので、利用の便利さを比較検討する事ができます。

【参考ページはこちら】
カードローンはATM利用しない方がいいってどうして?

優良カードローンをするために必要な知識

お金を借りるときには、借入をする企業を自分で選ばなければいけません。大手から小さい企業まであわせると、多くの企業があります。そのなかで自分にあった企業を探すのは大変かもしれません。そこで、選ぶときのいくつかの基準を知っておくと優良カードローンの企業を選ぶことができるでしょう。
(⇒カードローンを選ぶなら銀行系?信販系?消費者金融?

まず、選ぶときの判断基準のひとつとなるのが知名度です。借入を行おうとする企業が、世の中の人にどれくらい知られているかを調べてみましょう。簡単な調べ方として、テレビコマーシャルをおこなっているかどうかがポイントです。テレビコマーシャルを行っている企業は、全国的に知名度が高く資金力があることを示しています。大手の企業ほど、無理な取立てをすることができないので、安心して借入をすることができます。次の判断基準として、金利がどれくらいあるかを調べてみましょう。法律で18%以下の金利とされていますが、企業によってこの金利のパーセンテージが異なります。数パーセントの違いであっても、借入をする時には意識をしましょう。借入が長期化したり、大きな金額になってくると、数パーセントの違いが大きな返済金額の違いになるからです。

借入をする時には、上記の二つのポイントに注意しましょう。そうするとこで、優良カードローンを扱っている企業を選ぶことができます。現在では、短期間の借入の場合には無利息で借入をしてくれる企業まで登場しました。次の給料日までのわずかな期間だけ、お金が必要な場合には無利息での借入を利用しましょう。実質無料で、借入をしたのと同じになるのです。インターネットの発達とスマートフォンの登場によって、新規申し込みから融資まで手軽に行う事ができるようになりました。融資も返済もコンビニのATMが利用できるので、仕事が忙しい人でも深夜や早朝にサービスを利用出来ます。インターネットでは自分の借入状況や返済の状況を確認することもできます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.