カードローンで新車の購入。トレンドになの

キャッシングベスト3

カードローンで新車の購入をするのが、トレンドになるのはナゼか

自分の車を買おうと思って父親にローンなどの買い方を相談すると販売店がローン会社と提携しているから心配するなということだったのですが、職場の同僚たちの話では販売店のローンは使わなかったというのです。彼らの話ではカードローンを使って買ったということなのですが、カードローンで新車を買うというトレンドはどういうことなのでしょうか。

カードローンにはディーラーローンを上回る利便性があるのです

各販売店やディーラーが取り扱っている自動車ローン。ディーラーと信販会社が提携したディーラーローンを使用する事でディーラーには信販会社からバックマージンが入るようになっています。なので当然販売店はディーラーローンを薦めてくるでしょう。時々、キャンペーン等を実施して他の金融業者よりも低い金利での取扱いになりますが、それ以外だと金利は高めに設定されているのです。

別にも少し注意する点があります。ディーラーローンの場合、所有者の名義は信販会社ですから、返済の途中で車を買いかえたいとなった時はローンの残債を全額精算する必要があり、所有権解除の手続きを踏まなければ車を処分できないことになっています。

自動車と言えども高額な買い物のひとつなのですから、少しでも安く買いたい。と思う方であれば、銀行などが提供しているマイカーローンがお薦めということになります。銀行のマイカーローンの魅力は何といっても金利が低く設定されていることではないでしょうか。支払い回数もディーラーローンと同等あるいはそれ以上の期間を選択できるので低金利なのはありがたいことなのです。

しかし、銀行のマイカーローンにも問題がなくはないのです。それは申込み審査が厳しいということにつきます。低い金利設定であるからこそ、審査が厳しいのが当たり前だということもできます。そして利用目的が限定されているマイカーローンだと、ローンを組む度に同じように申込みと審査とがついてまわることになって、これが以外と面倒だということにもなりかねません。

しかし、ディーラーローン以外のローンで購入できれば、車の所有者はすぐに自分の名義になりますので、いざ車を処分しようと考えたときでも安心です。ということは銀行のマイカーローンが面倒でもなんとかする方法はないかということになるのですね。そこでカードローンというトレンドが生まれる余地があるのです。

カードローンなら銀行やそれ以外の金融業者、ノンバンク系、消費者金融でも発行しているのです。それらの種類は自分のステータスに合わせて自由に選ぶ事ができます。しかも、カードローンのサイズ、最大限度額は新車を買うには充分。そして金融業界再編成や貸金業法の改正によってそれぞれの金利はそれほどの差が無くなって来ているのです。

ディーラーローンと比較してもそれほど高い金利設定になっていないカードローンを利用して新車を購入すれば、その後に急なキャッシングの必要が生じても安心。カードローンに設定された利用限度額内であれば、何度でも繰り返しキャッシングの利用が可能だからです。このように繰り返し利用できるということはマイカーローンなどの使途限定のローンよりもずっと便利なものだということですね。

カードローンにも様々な条件が用意されていますので、銀行系、そして消費者金融系と丹念に調べることで一番相応しい優利なカードローンを見つけることができるはずです。大まかな区別としては、審査に自信があれば、銀行系を。迅速さなら消費者金融系を。と一般的に説明されています。参考にしてみてください。

カードローン業界のトレンドについて

カードローン業界は、金融不安によって大きく業績が落ち込み、破綻したものもありますが、乗り越えたものは順調に回復してきています。破綻したものとしなかったものとの大きな違いは、救済してくれる銀行が現れたのかどうかです。過去に大手の消費者金融と言われていたもので現在生き残っているものは、すべて銀行の傘下となっています。資金繰りが悪化したときに銀行の資金を受け入れて子会社となったものが多くあるのです。

このようにして銀行が消費者金融を吸収する形になったため、銀行は積極的にカードローンのサービスを提供するようになってきました。かつては、カードローンというと消費者金融が提供しているものだったのですが、ここ最近のトレンドは銀行へと写りつつあると言えるでしょう。

銀行としてカードローンのサービスを提供するメリットはいくつかあります。その一つは規制がゆるいことです。(こちらも参考になります→銀行カードローンには見られない「総量規制」)消費者金融としてサービスを提供するためには貸金業者として登録をする事が必要ですし、貸金業法を守ることも必要となります。貸金業法には様々な規制が盛り込まれていますから、貸金業者として営業する方が不利なのです。

技術的なトレンドとしてはインターネットの利用が増えていることが挙げられます。以前はカードを使うサービスが主流でしたから、多くのATMをいろいろなところに設定することが行われていましたが、現在はインターネットを利用することによってカードを必要としないサービスが普及してきています。ネットキャッシングと言われるサービスで、これが最近の主流となってきているのです。

ですからカードを必要とするカードローンは、徐々に減少に転じると考えられます。その代わりにカードを用いないネットキャッシングが普及し、多くの人が利用するようになっていくと考えられます。これが業界内で予想されているトレンドで、すでにインターネットを使ったサービスに多くの金融機関が力を入れています。

【参考ページはこちら】
今は使わなくてもカードローンは持っておいた方がいい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.