今は不要でもある方が良いカードローン?

キャッシングベスト3

今は不要でも持っておく方が良いカードローン?どういうことなの

結婚後、まだ子供に恵まれていませんがそれなりに家庭も安定し、仕事にも恵まれて充実した毎日を送れています。なのでローンのことはあまり考えた事がないのですが、休日に妻との雑談中、カードローンの話に及びました。妻の言うには、今は不要でもカードローンは持っておく方が良いということですが、どういうことなのでしょうか。

カードローンはキャッシュを持ち歩く代わりに使用できるのです

カードローンとは銀行、消費者金融業者が発行しているローンの一種です。カードローンに申込むとキャッシングのようにお金が渡される代わりにカードが発行されることになります。そしてカードを使用して随時、必要に応じて利用限度額内のキャッシングが可能になるのです。

ですから、カードローンを持っているからといって金利の支払いが発生する事はありません。カードローンを取得する事そのものが借金をすることとは違うからです。一般的にキャッシングと呼んでいる行為はいわゆる借金なのですが、計画的に利用する限りそれは、個人的で正当な経済活動だと言われています。

だからこそ、カードローンに対する正しい知識と理解が必要とされているのです。仮にキャッシングが社会的に問題のある行為であるとするなら、企業の事業は原則的に問題のある行為だということになってしまうのです。経済性を追求することが経済的活動の正当な理由であってそれは現代の家庭であっても区別はないということになります。

現代の社会はかつての日本とは比べ物にならないほど交流範囲が広がりました。会社といわず家庭といわず多くの人たちと関わりながら生活しているのです。そしてそのような付き合いは幸運と不幸との両方の入口になりえるのです。そして予想外の出費の機会も増大しているということも事実としては考えなくてはなりません。生活空間での想定外の出費はまた金額が増大傾向にあると言います。

手持ちの金額を上回る出費の機会が差し迫ったとき、カードローンがあればキャッシングに困ることはないでしょう。そのような必要がなければ、使わないクレジットカードのひとつと同じように所持しているだけでよいのですから、お手軽なものでしょう。でも突然の出費という段になって、一番に頼れるのはカードローンであるということは頻繁に語られているのです。

カードローンには、小口の少額キャッシングが得意なものから高額のキャッシングが可能なものまで様々にあり、銀行や消費者金融がそれぞれに工夫して発行しています。中には数千円のキャッシングが可能なカードローンもありますし、また自動車一台は軽く買えてしまうほどのカードローンもあるのです。ということは現金を余分に持ち歩くより、圧倒的に安全であるということができるのです。

余分な現金を持ち歩くよりも、カードローンを財布に入れておけば、どうしても必要な出費には対応可能でありながら、無駄な出費を抑える効果があるということは知られた事実です。ということは、一枚のカードローンはいざと言うときのためであり、生活の余分な出費を抑える優れた方法だといえるのではないでしょうか。

このような用途のカードローンをということであれば、選択の幅は広くなります。つまり低金利・高額のカードローンである必要はなく、少額短期のキャッシングの用を足すことができればよいからです。それは少額短期のキャッシングの場合、期間コストである利息の高い低いによる違いが出にくいからです。少しでも提出書類が少ない、簡便な審査で手にする事ができるカードローンでも充分だという事になります。

良いカードローンはどんな特徴?

どうせ、契約をするならしっかりとした良質なサービスを受けることができるカードローンが良いですよね。では、良いカードローンとは一体どんな特徴を持っているのでしょう。まず、金利が安いというのは外せません。返済をする時は金利によって計算された利息付きで返済をしていくことになります。そうなりますと、返済総額を少なくするためなるべく低金利が良いという事は言うまでもないでしょう。

また、なるべくしっかりとした相談体制が整っている所が良いでしょうね。どうしても、返済が遅延するときってあると思います。そういったときは、あらかじめそのカードローン発行会社の担当窓口で相談をしておくとトラブルもなく安心して利用することができます。もちろん、なるべく返済が遅延しないよう努力すべきですが、万が一のためにも成るべく相談し安い所で申し込む方が良いでしょうね。(こちらも参考にどうぞ→カードローン返済を延滞しないための借り入れ条件をチェック!)また、信頼性の高いカードローンが望ましくなるでしょう。なるべく大手の消費者金融のカードローンを利用するのが良いかもしれません。中小の消費者金融でもしっかりとした所はあるのですが、やはりトラブルが怖いです。その点、大手の消費者金融は銀行と提携している事もあるので、消費者としてみては安心して利用することができるというものです。

このように、もしも良いカードローンを利用するのでしたら、以上の三つの特徴をおさえて見極めていきましょう。まず、金利が低いこと、そして相談体制がしっかりとしていること、さらに信頼性があるという点です。これを満たしていなければ、返済額がどんどん大きくなってしまったり、万が一のとき相談することができません。トラブルがあったために、信用情報に登録されてしまうというのはなるべく避けなければなりません。以上の三つの点を抑えたカードローンであれば、まず信用情報に登録されてしまうという事もありませんし、万が一のときには相談することもできます。カードローンも質を見て契約をしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.