銀行と消費者金融、合わせてカードローン何社まで借りられる?

カードローンの話なんですが、銀行も消費者金融もカードローンという無担保・無保証人の借り入れ商品出してますよね、あれって全部で何枚まで作れるものなのですかね?というか、何社まで借りられるものなのですか?

審査に通るならカードローンは何社からも借りられますよ

カードローンは、その人に返済能力があると見込まれれば審査に通してくれるので、審査に通りさえすれば何社からでも借り入れ可能です。ですが、消費者金融の方は、総量規制があるので、年収の3分の1までしか借入はできません。銀行での借入は総量規制の対象外なので金額の制限はありませんけど、貸す側は、顧客に対しての貸付け制限をします。審査に通りさえすればとはいえ、借入のカードを何枚も持っている人はたいてい借金依存の人です。借り入れが増えていき、返済のための借り入れをするので、自転車操業になるのです。

そうなると信用情報機関は金銭にまつわる情報を全部共有してますから、何社分のカードを持っていたとしても、一度に貸付け不能になります。さっきまで借入ができたのに、次の瞬間全部が利用停止ということが多々あるのはそのためです。(こちらもオススメです→カードローン返済を延滞すると利用停止の解除はできない?)消費者金融にも銀行にも膨大な顧客の分析データがありますから、その人の行動や申し込み状況、返済状況、仕事等の情報でだいたいの人物像を絞り込んでいくので、わりと正確にその人を認識してますね。

それで最近はおまとめローンが人気なのです。何社もの借入を一社まとめて返済のストレスから解放されるという意味合いもあったり、一社で借入をまとめることで、金利が下がり、ひいては借入総額が減るということで消費者には人気みたいです。テレビの事件等でよくみるのは、ローンのためのカードが何十枚も出てきたとかあるように、借入社の数の制限は無いんです。どちらかというと、一社で大きな額を借り入れている方が信用度がアップするという風潮ですね。

クレジットとキャッシングの意義カードローン何社まで借りられる?

今回は、キャッシングについてご紹介致します。さて、現代社会においてクレジットカードは必要不可欠となってきましたね。
なぜ、クレジットカードは必要不可欠なのか?クレジットカードがあるとネットでの決済がスムーズに行うこともできます。また、ネットでの月額課金のサービスの支払い方法はクレジットカードのみとなっているところが多く、インターネットの有料サービスとクレジットカードはセットというくらい必要不可欠となっています。スーパーでのショッピングでは、レジ精算の際、手元に現金がない時にカード払いで利用できたりします。また、普段の買い物の際にもクレジットカードが一枚あれば、小銭の出し入れにかかる時間をカットでき、次のお客さんを待たせることなくスムーズに決済ができます。

さて、そんなクレジットカードと並んで必要不可欠なのが、キャッシングのカードです。ここで質問ですが、あなたは、会社での付き合いや急な出張などでお金に困ったことはありますでしょうか?また、お金に困った際、どういうふうに工面しますか?キャッシングを利用するメリットは、会社での付き合いなどで急な出費が必要となった時に手元に現金がないという事態を解決することができ、それがキャッシングの役目となっています。いわば現代社会をスマートに生きる潤滑油的な存在です。また、キャッシングカードを所有していれば、知人や親に金銭面で迷惑をかけずに済みます。

さて、キャッシングを利用するなら、楽天銀行のクレジット機能付きキャッシングカードが良いでしょう。楽天銀行の場合は、キャッシングカードにvisaなどのクレジット機能と、さらに電子マネーの機能まで付いているので、これ一枚で全ての決済ができると言っても過言ではありません。また、楽天カードは、利用するたびに楽天ポイントが貯まり、楽天市場でのお買い物や現金に交換できるので、各種決済の際には欠かせないカードとなります。さて、申し込みの際に、カードローン何社まで借りられる?という方は少なからずおられると思われます。カードローンの場合は、総量規制という法律があり、年収の3分の1を借り入れ限度とする制度があります。従って、年収が200万前後の方は、3社まで借り入れが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.