1つの消費者金融のカードローン2枚持ちたいのです、可能ですか

私は彼と同棲しています。彼が消費者金融で借入することを最近セーブするようにとうるさく言い始めました。結婚もしてないのに本当にうっとおしいです。かといってまだ別れたいとは思わないので、私のカードローンのカードを管理している彼にばれないように、もう1枚同じカードがあればいいな~と思っています。同じ名義のカードを2枚発行してもらうことはできますか?

カードローンを同名義で2枚発行することはできません

カードローンは借金だよ?借金するためのカードが2枚あっちゃおかしいでしょ。だから無理なの。2枚ある時のトラブルを想像すればわかるよね、誰かに盗まれても1枚は保管用だったら、気づくのが遅れるとか。誰かに使われて限度額が来ると自分も当然使えなくなる。でも2枚希望したのは自分だったら、どこにも文句は言えない等ね。変なリスクは貸金業者も負わないの。それならいっそ別の消費者金融で新たに申し込む方が早いよね。

ただ、彼氏がどうして利用するなって言ってるのかも考えてみた方がいいんじゃない?よけいなお世話かもしれないけど。ちなみに、銀行のキャッシュカードで例外的に2枚作れるという方法はあって、一枚は自分のキャッシュカードで、もう一枚は代理人カードというのがあるの。それは本人のように自由に出し入れはできないけど、金額制限が掛けられて、代理人が持つことができるというものなの。

コレが必要な場合は、たとえば本人が長期入院中や介護が必要な人で自由に銀行に行けない人なんかの場合ね、信用できる代理人にキャッシュカードを預けるけど、全額は出せないよってヤツ。キャッシュカードは銀行だけの話だから関係ないと思うけど、キャッシュカードと同じカードでカードローンがついてるのもあるでしょ?貸越カードローンというの。自分の通帳で光熱費や家賃等の引き落としをしてて、残高不足になった時に貸越カードローンから借入できるから、引き落とし不能を回避できるというやつね。

その、貸越カードローンがキャッシュカードについてて、そのカードが代理人カードも作れるなら、代理人の方を彼が持ってて、本カードを自分が持ってると自由に使えるね。これ悪知恵か?でもこれには利用してる銀行に貸越カードローンが商品としてあるかどうかということ、それから、そのカードローン審査に通るかということ、さらに、代理人カードが作れるものか、取り扱ってる銀行か?というクリアすべき問題がたくさんあるね。

それから、クレジットカードを作って、あとから申し込んだらETCカードだけ別になってるというのもあるね。こっちはETC専用カードだから借入も買い物もできないけどね。とにかく同名義人でカードを2枚持つには乗り越えなきゃならないことが多すぎる!彼氏と話し合いましょう!

【参考ページ】
大手消費者金融で融資を断られた方向けのカードローンはこちら

カードローン2枚もつと安心した人生の保険になる

現在では、消費者金融を利用するのが一般的となってきました。スマートフォンの普及やインターネットの発達によって、手軽に消費者金融が利用できるようになったらです。特に、インターネットから申し込みを行えば、いつでもどこでも新規の契約をすることができます。小額の借入の場合には、確認書類も免許証などの本人確認書類だけで済む場合がほとんどです。収入証明書や保証人を必要としないケースが増えているのです。

しかし、それだと利用限度額は多くても50万円程度となってしまいます。生活に余裕が欲しいときや教育費でお金がいる場合には、申し少しだけお金があると便利です。そこで、カードローン2枚をつくる人が増えています。2枚あれば、1枚だけのときよりも借入の金額は大きくなります。注意が必要なのが、総量規制という法律ができてから年収の3分の1までしか借入ができなくなった点です。2枚のカードを合計して年収の3分の1を超えない金額は借入ができます。
(⇒銀行カードローンなら総量規制の対象外

1枚だけでは、借入の金額が少ない場合にもう1枚持っておくと生活の幅が広がります。カードローンを2枚もっていることで、万が一の時の保険として利用することができます。最初に審査を受けて、利用限度額が教えられます。使わなければなにも発生しないので、保険としてもっておくという選択もあるのです。自分が使いたいときに、コンビニのATMに出向いて気軽に現金を引き出せる状態が手に入るのです。消費者金融のキャッシングは、返済計画をしっかりと立てて利用をすれば怖いことはありません。私たちの生活を豊かにしてくれるサービスへとなってくれるのです。申し込みから返済まで、消費者のニーズに合わせたサービス展開を行っています。企業によっては、期間限定で無利息での借り入れができるので、短期間の借入の場合には利用してみましょう。お金を借りる人は、借りる前に返済計画を必ず立てるようにしましょう。借入の前の準備は大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.