多重借入、おまとめローンのお勧め方法は?

キャッシングベスト3

多重借入、おまとめカードローンするならお勧めの方法とは?

私は多重に借入をしています。私はいわゆる多重債務者になるのでしょうか?滞納はしていません。ですが、消費者金融3社から融資を受けて生活しています。借り入れて、お給料日に返済してという生活です。もし私のような者のことを多重債務者というなら、多重債務者はおまとめローンは利用できますか?

滞納していないのなら多重債務者ではありません、おまとめも可!

多重債務者とは、複数社での借入があり、その返済が滞ったりする返済困難な状況にある人の事です。ですから、あなたは滞納をしていないのですから多重債務者ではありません。さらに、多重債務者もそうでない人も2社以上から借り入れのある人は、おまとめローンが利用できます。ただし、審査に通る必要があります。そして、今までの借入よりも金利が低いかどうかを確認する必要もあります。まとめても金利が高くなったのでは意味がありません。
(⇒二社以上で借り入れをしていると多重債務になる?

また、個人によっては任意整理や個人再生、自己破産が適切という場合もありますから、自分の状況はどのようになっているのかを冷静に考えることをお勧めします。たとえば、仕事も失って身体も仕事ができる状態ではないのに、借金をおまとめローンで一本化しても返済できる見込みが全くないのであれば自分に合った適切な処置が必要です。おまとめローンが流行っているからといって、また、知人に勧められたからといって、自分が自分事を考えることなく、任せきりにしてしまったり、他人の言いなりになることは危険です。

ですが、現在の状況なら、お仕事はできているようですので一本化して少しでも楽になる方がいいですね。借金をしている生活は日陰を歩いているような生活ではないですか?おまとめローンのお勧めは、現在給料日に返済をしてまた借りてという生活ですね。借金を一本化した場合、借入総額が減りますから、一本化した後の月々の返済額をみて、これならもう借入しなくても何とかなりそうだということになれば、『極度型』のカードローンをお勧めします。

極度型とは、返済のみをしていくローンで、借入はできないものです。消費者金融によっては極度型を”借入しながら返済できる”という説明をしているところもありますので、一本化の金融機関を選ぶ時に、自分できちんと把握してください。一つの言葉で二つの意味をなすことは世の中にたくさんあります。それに呑まれないようにすることも大切ですね。借入の一本化で元気にお日様のしたを元気に歩くような生活を取り戻してください。終わりは必ず来ますから大丈夫!

【参考ページ】
カードローンは何枚まで作れるのか気になっている方はこちらへ

おまとめカードローンするならまず調べてみて

いくつかの会社にお金を借りている人にとって一番厄介なのは、自分がどれだけ借金をしているか全体が見えないことです。ひとつの会社に全額を借りたいと思っていても、その会社の限度額が決まっている場合もありますし、いろいろな会社を利用したということも多いですよね。そんな方におすすめなのは、おまとめローンです。おまとめローンというのは、いくつかの会社の借金を一括にできるものです。一括にすることで一番良いメリットは、やはり自分がどれだけ借りているのかの全額が把握しやすいところです。1社の返済をすませたと思ったら別の会社の返済日がきた、なんていう溜息の出るようなことになったことはありませんか。そんな方には本当におすすめです。

おまとめカードローンするなら、まずおまとめ借入のできる銀行や会社を探しましょう。いろいろなところでやっているので、比較をしてみるのもいいでしょう。間違っても、他の借金を返すために普通の借入れの申込みをしてはいけません。複数の会社で借入れをしている場合、ひとつひとつの借入額が少なく感じても、全部を返そうと思うと結構大きな額になります。その額を通常の借入れで賄おうとしても、審査に落とされる場合があります。カードローン会社は、その人にどれだけの借金があるのかは審査のときにわかります。債務過多にならないようにする法律もあるため、それに引っかかると会社としても貸すことができないのです。

そんなときに良いのがおまとめカードローンなのです。法律はあるもののカードローン会社が「おまとめ」として受け入れる場合には債務過多になっていても借入れをすることができるのです。つまり、多重債務になることにより不利にならないようにするためならお金を借りることができる仕組みになっているのです。おまとめローンは一般的に金利も安くなっています。もし、このおまとめローンを利用できるのなら早めに利用したほうが有利なのです。いくつかの会社からお金を借りている方、おまとめローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.