カードローン同時に審査したらダメと言われます、どうしてなの?

お金が必要になって、カードローンを利用しようとするとき、急いでたら何社も同時に申し込んだ方が、どこで審査に通してくれるかわからないからいっぺんにやってみた方が結果が早いと思うんですよ。だけど、知り合い二人に相談したところ、同時に何社も申込んではいけないと二人ともに言われました。その理由はなんですか?絶対合理的じゃないですよね。

カードローンは同時に申込むと、変に勘繰られて審査落ちになる

ローンの申し込みは、どのようなローンの場合でも同時に何社も申込むのは危険です。なぜなら、全部の審査に通ったとして、どれだけ大金が必要なのか?と疑問に思われます。そして、全部の審査が通ったとして、その人が全部から借入たら、返済はできるのか?という疑問も出てきます。無計画な今までの生活が、複数社の借入申込となったとも受け取れます。金融機関は、お金を消費者に貸して、着実に返済してくれる人かどうかが知りたいのです。

バタバタと融資を依頼するのは、どう考えても計画的とは言えませんよね。テレビのCMでも頻繁に「計画的に」と伝えるのは、計画性のない人が多くいるからです。さらに、自分が友人にお金を貸して!と言われたと考えてみてください。その友人は、私を含めて何人もの人に「貸して」「貸して」と言ってるとします。それがわかると、私じゃなくてもいいでしょ?他の人に借りれば?と思いませんか?それはいわゆる誠実さに欠ける行為です。

いくら消費者金融が商売とはいえ、誠実な人でなければ完済はしてくれないかもしれません。危険な人に貸す理由はどこにもないのですから、申込んだ金融機関全部がそんなあなたを審査に落とすでしょう。お友だちが言ってくれているのが正解です。複数の申し込みは、審査に落ちるというのが通説です。そして、別会社なのに、複数申し込みをしているのがわかるのは、共通した信用情報で情報交換しているからです。たとえば別の借入があるのに、他社での借入はありませんと新しい消費者金融に申込んでも、そんな嘘はすぐバレるということです。

他社でも借り入れがあるというリスクの上に、嘘もつく人というレッテルを貼られるということです。そのような人は絶対審査に通りません。借入をしたいと思う一社ずつ、申し込みをして審査を待ってください。落ちてしまったら、なぜ落ちたかも考えてください。冷静な態度が信頼も生むことになりますよね。

何社ものカードローン同時に審査したらどうなるのか

お金を借りる方法としてカードローンは比較的審査に通りやすいと言われていますが、利用を申込んだとしても必ずしも審査に通るといった保証はありません。カードローンを取り扱っている銀行は何社もありますし、審査基準も各銀行によってそれぞれ異なってくるため、A銀行で審査に通ったからといって、B銀行の審査に必ず通るとは限りません。どうしても現金が必要な場合、万が一、審査に通らなかったときのことを考えて保険として複数の銀行にカードローンを申込んでみようと思うのは当然なことですが、実際に何社かの銀行に対してカードローンの利用を申込んだとしたらどうなるのでしょうか?

カードローンの利用申込みの手続きをした場合、審査の過程で個人信用情報機関へ登録されている情報が照会されることになります。カードローン同時に審査したら、その事実は銀行の審査の担当者に即座に知られてしまうことになります。同時審査の事実は銀行側に対して決していい印象を与えることなく、審査の結果に影響することになります。同時審査の場合、カードローンを申込んだという事実は個人信用情報機関へ登録されていますが、契約したという事実は記録されていません。そのため、その記録を目にした銀行側の審査の担当者は、利用を申込んできた人物が他社からの借入れを断られたのではないかという印象を持ってしまうのです。そのため、そのような人物に対してお金を融資するのは危険であると判断してしまう可能性が高いのです。

また、複数の銀行に対してお金の借入れを希望しているという点から、その人物が資金繰りに困っているという印象を与えてしまいます。本当にその人物が資金繰りに困っているのであれば、銀行側としては貸し倒れのリスクが非常に高いものとなってしまうため、審査を通過させないという判断を下すことになります。ただし、これは一ヶ月に複数の銀行に対して申込をした場合であり、基本的には一ヶ月に2社程度の申し込みであれば問題はないといわれています。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査に複数申込みをしても大丈夫?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.