銀行系カードローンのほうが審査が厳しい?

キャッシングベスト3

銀行系ATMのカードローンは低収入だと借りれないという誤解

消費者金融よりも銀行系カードローンのほうが便利かな、と思っています。イメージもいいですし。ただ、銀行なので審査が厳しいのではないかと不安です。たとえば収入でバシッと制限されてしまう、ということはないのでしょうか?

安定した収入があれば審査は通りやすいのです

銀行系カードローンの宣伝はとても目につくのでイメージも向上していますよね。だけど「銀行」だからと敷居が高いと感じてる人も多いようです。そんなことはありません。この銀行系カードローンの審査基準は、保証会社によって保証できる人であること。保証会社は銀行系列、あるいは提携先の消費者金融やノンバンクが多いことはあまり知られていないようです。そこが「この人なら保証できる」と思ったら、審査は通過します。

この点で、銀行とはいえ、カードローンは消費者金融とそれほど変わらない審査基準なのです。この点で、住宅ローンとは違います。

そのときに、審査に通りやすいのは、「安定した収入」があること。収入の金額ではなく「安定」が重視されます。これは、おわかりのように、「入るときはドーンといっぱい入るけど、入らないときはゼロ」といった生活の人だと、毎月の返済が困難になりやすいからです。

カードローンが望んでいるお客さんは、「毎月の返済をきちんと続けてくれる人」です。返済をちゃんとするためには、毎月、決まったお金が入る人が理想ですよね。給料を貰(もら)っている人はこの点、ほぼ来月も同じぐらいの収入があることがわかっていますから、なにかを節約するだけで返済は可能になるだろう、と見込めます。

みなさんが気にされている収入の額ですが、これは審査のときに限度額を決める目安になります。貸金業では総量規制として法律で、貸し出せる金額は年収の3分の1までと決められていますので、たとえば、年収600万の人なら、どれだけ信用がある人でも200万円が限度となります。一般的にはそれより少し低くなることも多いでしょう。職業、家族構成、持ち家か賃貸かなどによって、限度額は年収の3分の1よりも低くなることがあり得ます。

銀行系カードローンでは総量規制の対象ではないとしても、同様の考えをもっていると見ていいと思います。そのため、安定した収入でも、低収入の場合は限度額をかなり低く設定してスタートすることになると思います。

たとえば10万円前後の限度額からはじめて、利用の実績を見ながら、限度額を増やすことになるはずです。なお、限度額を増やすときは、あらためて申し込みが必要になり再審査を経て決まるので、利用実績、その後の年収の変化などが加味されます。(こちらもご参考に→カードローン審査では必ず収入証明をするの?)場合によっては収入の証明書類(源泉徴収票など)が必要になることもあるでしょう。

このように、安定した収入があればとりあえずは申し込んでみていいと思います。

ATMでカードローンの残高がなく借りれない状況

消費者金融会社でキャッシングの契約をしたい時にはカードローンを組むことで、お金を借りることができます。基本的にその金額は、最初の申し込み時点で、自分で申し込んだ金額が上限となりますが、申し込む際に担当者からいくらまでなら借り入れができますという説明があるので、その時に申し込み金額を変更することもできます。基本的に後からでも増額申請はできますが、その度に増額申請することは、手間がかかるため、初回契約時にMAXまで申し込みすると後々楽です。

上限が高くても、必要ない時にはそこまで使わなければ良いです。しかし、カードローンを使っていると、予定していた金額よりも使ってしまいがちなので、計画していた額よりもやや多めに申し込むことは必要です。カードローンの便利なところは、お金の引き出しから返済にかかるまでの手続きを全てATMで処理できるところにあります。そのATMとは、消費者金融会社専用のATMになります。また、提携している金融会社もたくさんあるので、その金融機関のATMでも処理できます。

提携している金融機関にもよりますが、基本的には手数料は無料となります。よって、近所のコンビニなどでも処理ができるために非常に使い勝手が良いところが特徴です。しかし、あまり調子に乗りすぎると、限度額に達してしまい、カードローンでお金を借りれない自体にならないように注意しなければなりません。毎月の確実な返済と、お金に余裕がある時にその都度ATMで返済することは大事です。

しかし、初回に契約した時期から数年経っている場合は、自分の年収も上がっている場合があるので、その場合は増額申請ができます。消費者金融会社では、年収の3分の1が借り入れることができる上限になるので、その額までは大丈夫です。金額が大きくなれば、所得を証明する書類も必要になってくるので、源泉徴収票などの書類はしっかりと保管していなければなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.