個人事業主の融資利息節約のテクニックとは

キャッシングベスト3

個人事業でカードローンを使う場合の利息節約方法を知りたいです

個人事業をしていると、事業者向けのカードローンというのが使えるようになりますよね?事業者となったからには利用出来るものはフル活用していきたいところですが、このカードローンについてヒントが欲しくて、今日は質問させてもらっています。まだ事業を始めて一年未満の初心者ですがお願いします。

個人事業主でカードローンを使う場合、この利息を節約する方法というのはありますか?個人事業だろうが何だろうが、お金を借りれば利息が発生しますよね?でも事業で融資を使うという場合、この利息を節約するという事はそのまま利益にも直結しているのですから、出来るだけ節約したいと願いのは事業者として当たり前ですよね?それで、利息の節約方法について知識をいただきたいのです。

単純に安い金利のカードローンにすれば良いという事かもしれませんが、それ以外でも何かテクニックがあれば教えて下さい。多少難しい事でも頑張りますのでお願いしますね。

事業主なら利息を経費にしてみましょう

経験が浅くても、例え個人でも事業者というのなら節約するのは大事な事ですね。普通のカードローンを使う場合でも利息節約のテクニックはそこかしこで公開されていますが、事業者向けとなると使っている人の絶対数ゆえか、なかなかお目にかかれないかもしれません。そこで、仕事柄金融にも触れる機会が多い私がお答えさせていただきます。

個人事業主ならではの利息節約テクニックとしては、『カードローン利用によって発生した利息を経費として計上する』事が挙げられるでしょう。個人事業主になると経費を扱う事ができるようになるのですが、この経費には利息も含める事ができます。利息は一日単位では大した事が無さそうですが、完済までの総額も考えれば、無視をするわけにもいきません。

事業者カードローンならどんどん経費に…といきたいところですが、あくまでも経費になるのは事業性の資金のみです。事業者カードローンは事業以外にも使える事が多いですが、事業以外の用途で借りても、原則として経費というわけにはいきません。利息を経費扱いできるのは、あくまで事業の為のお金である事を忘れないようにしてください。

事業資金の融資をカードローンで行い、利息を経費で算出していくようにすれば、何もしないよりかはかなり大きな差を生む事もあります。事業を積極的に展開していくなら融資は欠かせませんので、経費の管理はしっかりと行って下さいね。

個人事業向けカードローンの利息について

カードローンは会社員や定期定期に収入のある方だけが利用できると考える方が多いと思いますが、新しいカードローンはこれまで利用が難しいとされてきた、アルバイトやパート、主婦、学生、そして、個人事業主の方にも利用できるように変化してきています。アルバイト・パートの方は収入が安定しない事がこれまでのカードローンで審査を通らなかった理由の一つと考えられていますが、年収で審査を受けられるようになったため、以前と比べてローンが通りやすくなってきています。学生や主婦についても、親や旦那さんなど、家庭で働いている方がいれば保証人として入ってもらうことでカードローンが利用できる場合も増えています。

個人事業主用のカードローンについては、年収の他に、事業の決算を考慮して審査が行われているようです。個人事業主の場合、事業での出費でも利用でき、また、利用時の利息については経費として認められるようになっています。事業でローンが利用できると利点が多数あります。代表的な利点としては、限度額の範囲内で必要な金額を必要なだけ自由に借りられることがあります。銀行等の事業融資を受ける場合は、一度に資金を借りることになりますが、繰り上げ返済などを行っても、再度借りられる保証はなく、事業を継続する上で、安定した資金調達が悩みの一つである事業主が多いようです。事業がうまく行っていれば融資も問題ないと考える方も多いのですが、事業であるかぎり、うまく行くときもあれば、結果が悪い時もあります。個人事業主の場合、会社組織に比べて資金面で脆弱なことが多く、それを補うために、フットワークの軽さで勝負することも多いようです。事業をスピーディーに、変化にも柔軟に対応するために、柔軟に事業用資金を確保できることはとても大事なことです。個人事業主向けローンのように24時間いつでもコンビニのATMで資金を調達できることは事業を進める上で大変有利な武器となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.