個人事業主なのですがカードローンが通らない理由が分かりません

個人事業主をしている37歳です。事業主と言っても個人というだけあって細々とした隙間産業をしており、そこまで大きな利益が出ているわけではありません。まあ赤字というほどでも無いわけですが、今少し困っている事があります。

先日カードローンに申し込みを行ったのですが、その審査に落ちてしまいました。本当なら今頃はカードローンを手にしているはずなのに…と考えると、悔しさもより増してきます。落ちただけならまだしも、カードローン会社は落ちた理由については個別に回答していないのか、それも分からないのでまたどこかに申し込むにしても対処ができません。

何故カードローンに通らなかったのでしょうか?その理由に検討が付く方がいましたら、何卒教えて下さい。それか理由を見つける手段について教えていただけるだけでも構いませんので、よろしくお願いいたします。

仕事も少し関係しているかもしれません

カードローンの落ちた理由やその審査基準や内容については、基本的に銀行や消費者金融はまず答えてくれません。ある程度の審査に通過する目安を最初に記載してくれている業者も時々いますが、詳しい内容となるとまず答えてはくれません。私が昔尋ねてみた時も社外秘という事で、教えてはもらえませんでしたし。

でもネットでは審査に通過する大まかな基準というのが解明されており、それが絶対に当てはまるとは言えないまでも、かなり参考になります。で、そうした基準と質問者さんを照らし合わせた感じだと。落ちた理由というのは仕事内容にあるのかもしれない…と思います。仕事が全てというわけでは無いと思いますが…。

個人事業主って響きは悪くないし、内容によってはかなり良い仕事が出来ると思うのですけど、やっぱり会社に普通に通っている人と比べてしまうと、どうしても収入が保証されていない…つまり返済もできるかどうか分からないと判断されやすいんですよ。収入が十分にあったとしても、個人事業主だといつ仕事が無くなるか分かりませんよね?だから、安定が欲しい金融業者は個人事業主に対して厳しい目を向けてると言えるでしょう。

絶対にダメというわけでは無いですし、知り合いに個人事業主でカードローンを持っているという人も居ますが、持つには限度額を低めに希望したり、すでに融資を使って無事に返済している人じゃないと厳しいみたいですね。個人事業主だと不便も色々とあるかもしれませんが、頑張って下さい。

個人事業主カードローンが通らない場合について

最近では、多くの人が消費者金融や金融機関が運営するカードローンなどを活用して生活費や遊興費などに充てています。消費者金融は街中に無人ATMを作り、コンビニエンスストアにも専用のキャッシュコーナーを設けており、融資希望者がいつでもどこでもお金を借りられるようにしています。カードローンは一般的に銀行などが行っている融資とは異なり、融資決定までには時間が短く、融資希望者にとって助かるものになっています。銀行の融資は、特に担保や連帯保証人を必要とし、さらに融資決定までに多くの時間が必要になることから、社会的な認知度が高く、常時まとまったお金を保有している大企業とは異なり、個人事業主は社会的な認知度が低く、常時退勤を保有していないため、銀行の融資を受けるのは非常に困難と言われています。

そのため、日々の運用資金が多く、常時資金を保有する必要がある個人事業主にとって融資決定までの期間が短いことは事業運営上非常にメリットになっています。こうして、個人事業主にとって、カードローンの活用は事業を実施するうえで欠かせないものになっていますが、個人事業主カードローンが通らないケースが出る場合があります。一般的に、カードローンは銀行の融資と比較しても非常に短期間かつ借りやすいものになっていますが、個人事業主は社会的に認知度が低く、お金を借りる際に担保をもたないケースもあることから、申請したカードローンが通らないケースが出てきます。そのような場合は、個人事業主でも借りやすいカードローン会社や消費者金融を選択することが重要になります。カードローン会社や消費者金融の中には、個人事業主専用の融資制度を持つ会社があります。そうした会社は独自の融資基準や回収基準を持つことから、他のカードローン会社や消費者金融と比較して非常に借りやすくなっています。そのため、一度融資を断られた個人事業主はそうした消費者金融を選択することが重要です。

【参考ページはこちら】
自営業者・個人事業主におすすめのカードローン

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.